care giver

夫はロンドンに1週間出張。普通は週末に旅行し無いようにしているのですが、4つほどミーティングが重なりそうだというので、やむなく週末を挟んで出張に。

でも、今回は彼のお母さんの誕生日が昨日だったので、週末ドイツに飛び、一緒にお祝いできるそうなので、タイミングが良かったです♪

私は5月からナニーさんに来てもらう日を増やしたので、夫が1週間いなくても週末さえ乗り切ればなんとかなりそうです。

さて、しばらく前から書いているずっと来てもらっているナニーさんのトラブル。

Care giverとは、ナニーさんやベビーシッターさんまた大人の介護ををする人たちのことですね。

現在のメインのナニーさんは娘が4ヶ月の時から来てもらっています。彼女自身、セラピーを必要とする子供との経験があったり、今もイーストベイで収入の少ない若い両親とその若い両親をサポートするDoulaの育成、コネクション、ネットワークを作るNPOを立ち上げるような人で、始まった当初からとっても頼りにしていました。頼んだ家事もいつも完璧で、何よりも当たり前のことですが、とても大切だったのは、決してドタキャンしない、遅刻しない人なのです。

なので、つい最近、、、5月に私が仕事を増やすまでは、全くLive cameraでモニターをしたこともなかったし、何の心配もしていませんでした。

問題が発覚したのは、私が仕事を増やしたことがきっかけ。

娘のCrib – 日本でいうベビーベッドの上には、Live cameraが取り付けられていて、部屋に入らなくても彼女がどんな状態で寝ているか見ることができるようになっています。

このカメラは彼女を一人部屋に移した時からずっとついています。というのも夜彼女が泣いても、私たちのベッドルームからiPhoneを使ってみることができるので、あやしに行ったほうがいいか?など部屋に入らず判断できるからなんです。

それは勿論ナニーさんも知っていて、彼女もこのAppをお昼寝時に使っていました。

それまでは週2日、時には3日だけ仕事をしていた私ですが、5月から仕事時間を増やし、週4日にしたんですよね。で、ちょっと寂しく、娘のお昼寝中の姿をモニターで見ようと思ったのがきっかけでした。

一番最初は、ナニーさんが、娘をベッドに入れ、ミルク瓶をもたせ、さっさと部屋を出て行ってしまい、寝かしつけるそぶりはなし。そして、そのあとも娘は眠りにつけないまま、1時間近くベッドの中で一人遊び。時には、「マ、マ、」と誰かを立ち上がって呼んでも彼女は娘の部屋に入ってきませんでした。

これは何か変だ、と思って、次の日は、リビングルームにもちょっとカメラをつけて、時々チェックすることに。

そして、次の日は、彼女がお昼寝から起きて泣いているにもかかわらず、45分間部屋に迎えに来ず、、、、、この時は、モニターするのではなく私が家に帰って娘を抱き上げたあげたかったのですが、ナニーさんのやり方をしっかり把握したかったのでモニターすることに。。。。

そしてその後も真ニターを続けてみていると、なんと彼女はダイニングテーブルで四六時中、ラップトップを開けて仕事中。。。。娘がランチを隣で食べている時もずっとコンピューターで仕事中。娘が呼びかけても首を動かすそぶりもなし。20分に一回ぐらいちょっと面白いことをして娘の気を和ませるといるといった感じでした。その後娘は家の中をひとりであそびまわり、娘があんなに無口だったことは見たことがありません、、、、きっとこういう状況がずっとつづいていたため、娘はナニーさんといる時はコミュニケーションできないと悟ったのだろうな。。。

他の日は、携帯で電話で友達と話すこと45分。その後もまた30分電話でおしゃべり。娘は一人で遊びまわり、時には高いところに登ってかなり危なそうな場面も。。。。

実は、ここ3ヶ月ぐらい娘がリモコンやそれぐらいの大きさのものを持って「Hello ??」「ah ha, bye bye」など電話をする真似をするので私たちは笑っていたのですが、よくよく考えてみたら私も夫も彼女の前で携帯で電話をすることはないのです。

ということは、真似ができるほど、ナニーさんは娘の前で頻繁に電話していたということだと、はたと気がついた私たち。

これがすべて1週間以内に起きたことです。

モニターし続けたのは、最初に見たのが1日限りの「たまたま」のことだったら、目くじら立てるようなことではないと思ったから。が、残念なことに、どうやら、これが私たちの目の届かないところでのスタンダードだったようで。。。。

女友達にも相談したところ、まあ考えの違いもあるし、人によっては事細かく「こうして欲しい」のディティールを伝えなくては無理」というアドバイスでした。

夫も私も、娘の一番大切な時にこの状況は続けることはできないと思い、夫が、モニターしてたことは言わずにナニーさんに話してみることに。「私たちのリクエスト」を伝えました。

娘の前で電話、コンピューターは緊急以外使わないこと
娘がベッド寝ないている時は、必要以上に泣かせないこと
泣いていなくても、誰かを呼んでいたら、誰かが彼女のためにいるということを知らせること

などでした。
問題なく、彼女は、わかりました、と言ってくれたのですが、、、、

その後も時間は減ったものの、携帯でテキストやコンピューターを開けることが頻繁にありました。

そしてその1週間後、彼女の方から「実は今立ち上げているNPOが忙しくなったので、急ではないが辞めなくてはならない」と。。。

このNPOの為に辞めなくてはいけないのは、初めてもらった当初からわかっていたことなので、私たちとしても彼女のプロジェクトが忙しくなったことにはとても嬉しく思いました。

でも、もし私たちが、いろいろリクエストしなかったら、娘の面倒を見る傍、自分の仕事もできる、と思っていたのではないかと思います。が、私たちが細かくリクエストしたことで続けられないと思ったのでしょうね。。。。

その決断には正直言って嬉しく思いました。もし彼女が辞めると言ってくれなかったら、こちらから理由を言って辞めてもらわなくてはいけなかったので。。。。

と、まあ、こんな感じです。

現在、友人から紹介してもらった人を一人面接していて、インド出身のシベット人の方で、Referenceの方々の話を聞くともうこの人で決まりだというぐらい良さそうな方です。時間やその他の条件を調整して、この人で決まるといいな、と思っています。

仕事とのバランス

妊娠して子供が生まれる前に夫と相談した事は、「ベビーシッターに$$$を払うのだったら、その分私の仕事を手伝ってくれる人を雇って、子供が幼稚園に入るくらいまでは、娘ができるだけ私たちと一緒にいる時間を多くしたい」と話していたのですが、、、

問題は私の仕事=ウェブデザインやデベロップメント系の仕事は、ベイエリアでまさに売り手市場で、良い人を、ちょっと前で言う妥当なお給料で見つける事は今不可能に近いのです。

話を掻い摘んで説明すると、Facebookをはじめとする大手企業、様々なオンラインビジネスのスタートアップがひしめくこのベイアリアは、学校卒業したてでもsix figure(年収1千万ぐらい?)のお給料も決して夢じゃない状況です。

大手の会社は、才能のある人に在学中の学校の学費よりも多いお給料を提示する事もありで、学生は学校も一時休校して就職してしまうわけ。なので、知り合いの、CCAやAcademyの先生たちに聞いても優秀な生徒が辞めていくという、ちょっと異様な状況もあるとか。。。

そういう事で、私のような個人企業は、スキル=レートと思っているので、経験値の少ない人に大手企業と同じお給料を払って対抗できるわけないわけです。

ここ1年半、ず〜〜っと面接などしてきましたが未だに見つからず><、、、です。

ここまで、週2日、時に3日 (1日6時間) のナニーさんで頑張ってきましたが、もうどうやってもやらなきゃいけない仕事に追いつけない今日この頃。

だって、6時間来てもらっているからといって、6時間仕事ができるわけじゃないですから。。。そしてその週にクライアントさんのミーティングなどが入ると、実際コーディングなどに使える時間って一週間に数時間? 10件以上のクライアントさんと円滑に管理できる状況じゃないですね。。。汗

ここまでは、クライアントさんたちが私の子供ができた事で、かなり気を使ってもらった事でなんとかなってきたものの、このままでは新規のクライアントさんを開拓する事も不可能。もうどうやっても、プロジェクトを潤滑に勧められないし、さらにここ3ヶ月ぐらい週末も必ず仕事する私。

夫とも相談して、ナニーさんを週4日に増やす事にしました。

娘との時間が減るのは少し寂しいけど、ここらで私の仕事もビシッとしておかないと。

私も含め働くお母さんは、いろいろバランスを考えて悩む事も多いと思いますが、今私の年齢で、周りもいろいろ見て言える事ですが、自分でこのバランスの答えは出すしかないと思う。

他の誰かや、社会的ないい悪いでは決められないし。もし比べたり、人の意見を聞いていたら、絶対にいつもバランスで悩む事になると思う。

私の周りには年齢的に経済的に豊かなカップルも周りに多いわけですが、そうなってくると、働いていないからって子供といつも一緒にいるわけじゃない。仕事をしていなくってもナニーさんがいる事もあるし、、、仕事をする事だけが子供との時間を晴らす事になるわけじゃないわけです。

自分と子供がきちんと向き合って、そこでその時間のバランスをアクセプトできていれば結果的にはいいと思うんですよね。子供にとっても辛い事もあったり、一緒にいたくても入れない母親にしても辛い事もあるけど、でも、その経験がお互いあとでポジティブにつながるように私の決めた事が娘の肥やしになるように、仕事も頑張っていこうと思います。