久しぶりのヒット

子供が生まれてから、レストランの新規開拓も全くできていない状況ですが、月1位でなんとかデートナイトとは作っている我が家。

段取りがしっかりしているうっとですが、さすがにここのところ仕事がかなり忙しかったのと、娘がますます手のかかる月例に入ったので、全く計画を立てないままデートナイトの日に(爆

予約なしで、どこ行くの???それも金曜日

まあ、でも子育てにちょっと追われている私たちは、最悪行きつけの気軽なレストランに行って映画でもいいね?なんて言っていたのですが、ちょっと目をつけていたレストランに予約なしで行ってみる事に。

夫一応電話してみたいですが、この新しいレストラン、3週間先まで予約はいっぱい。でも、6時半位までにくればWalk-inでもテーブルもしくはカウンターに空きがあるかも?と言われて行ってみました。

フレンチ レストランだったので、そこはフレンチをちょっと話せて&話したい夫。マネージャーがフレンチの人だったので、意気投合して、「この席8時半から予約が入っているからそれまでなら」と10分ほどで席に着けました。

こういう押しの強さと言うか、Negotiationのテクニックは夫に見習うもの有り。

Monsieur Benjamin
http://www.monsieurbenjamin.com/
場所は今サンフランシスコで一番家賃が高いと言われるホットなHayes Valley.

外にテーブルも有るので、暖かい日は外でも。。

外にテーブルも有るので、暖かい日は外でも。。


.
ロゴが可愛い

ロゴが可愛い

ミシェランスターを持つBenuのシェフCorey Leeの2号店です。トーマス・ケラーのBouchonのように、彼のお料理をカジュアルで気軽に楽しめるお店という感じかな。

ちなみに私はメインに大好きなQuailをオーダーしましたが、かなり満足。メニューは全体的に王道のものがしっかり組み込まれていて、さらにスターター、スモールディッシュが充実しているので、グループで行って色々シェアしながら飲むにもよさそう。

ちなみにこの日は数年前のデート期に戻ったように、2人でぺろりとワイン2本をあけてしまいました。その後映画に行ったのですが、見ながら寝なかっただけ関心(笑

最近、また行きたいレストランというのに出会えなかったので、また新しく通いたいお店ができ嬉しかったです。

* グルテンフリーのダイエットについても、サーバの方がしっかりシェフに聞きにいってくれてとても細やかに対応してくれました

ランチ デート

月一でSan Mateoのクライアントさんとミーティングがあります。家から車で40分弱。

ちょうどお昼前にサンフランシスコに帰ってくる事ができたので、Cotognaに駆け込みランチ。このレストランはお昼の11時半からディナーまでずっと開いているので、観光でディナーで予約を取れない時などはランチか、午後早めのディナーかアフタヌーンスナックで立ち寄るのにもおすすめです。ちなみに外にもテーブルがあり南向きのロケーションなので日中暖かい日も外の席でランチと言うてもあり。

駄目元で夫に電話したら15分で来れるというので、久しぶりのランチデート。子供が生まれてから2裏きりで食事するのはこれで3回目。

ピザ専用の釜も

ピザ専用の釜も


.
カウンターに座れば、目の前でピザが出来上がっていくのも見る事ができます。

私は今は注文できませんが、こちらのピザは美味しいです♪ シリアックと診断される前には何回もピザは好んで注文していました。トマトソースにアンチョビのものが美味しかったのを覚えています。

ちなみにグルテンフリーなどにもきちんと対応してくれるし、(ピザとパスタ以外の)メニューの大半はnaturally gluten freeの事が多いので、自分だけ制限があるようにも感じません。

New Spanish Restaurant

テレビでクッキングShow等も持っているCelebrity Chef、Michael Chiarelloさん

ナパにも彼のイタリアンレストランがあるので、ベイエリアの方には比較的なじみのあるシェフかもしれません。 NAPAのBottegaはとっても美味しいイタリアンレストランなので、ナパに行く事がある方には是非お勧めします。

彼のオリジナルのオリーブオイルとか、レストランの隣にあるお店で買えますが、これもなかなか美味しい!渋さに3段階あり、我が家では一番濃厚な風味のものをいつもナパに行く度に購入しています。

このスターシェフの新しいレストランが2週間ほど前にサンフランシスコにオープン。

Coqueta

イタリアンではなく、スパニッシュです。

早速トライしてきましたが、かなりの満足度。

場所はフェリービルディングから2、3分。湾に面していて、外にデザインされているBARエリアでは、桟橋が見渡せ、なかなかの景色。バーの内装はとってもカジュアルで、友人とちょっとお喋りしたい時に、ちょこちょことつまみながらの時間にはぴったりハマりそう。

実はこの箱、若いシェフが2年ほど間にオープンして、なかなか流行らずにしまっちゃった場所なんですよね。私達も一回行った事がありましたが、味は悪くなかったもののその後立ち寄る事がありませんでした。その理由には悪い訳じゃないんだけど、いまいちさえない店内?また行きたい〜と感じさせるつぼにちょっと遠いというか、、やっぱりデザインが洗礼されていなかったのでしょう。

Michael Chiarelloに変わり、どんな風に変わったのかな?とデザインに興味のある私達は興味津々だったのですが、レイアウトは前店とほぼ同じ。でも、とっても洗礼されている感じになっていました。やはりディティールに拘っているからでしょうか?ダイニングエリアは、モダンな感じで、私達が行った日は本当に満席でした。

お料理もグルテンフリーの私も半分以上オーダーできるものがあり、更にお店の方もとても細かくキッチンとチェックしてくれたので、とても安心して頂く事ができました。グルテンフリーダイエットをしている方にもお勧めできます

photo 1

photo 2

個人的にヒットだったのが、Arroz cremosa。トマトベースで煮込んだリゾット系の一品でしたが、ソースの味のプロファイルがすごく好みでした。夫に「そっちのお皿食べていいから、私にこの残りちょうだい!」と独り占め(苦笑

あと、今回はオーダーしなかったのですが、隣のテーブルがオーダーしていて丸ごと「dungeness crab」は本当に美味しそうだったので、是非次回!

夫とブランチ・デート

ここ数週間、毎週のように出張が入っていた夫、月曜日にミーティングが入ると日曜に飛ぶ事も結構あったり、、、更に毎週のように続く出張で、帰ってくるRechargeするのが第一で、なかなかあれもこれもと計画する事ができないままでした。

先週末は、久しぶりに2人でゆっくり

女友達とディナーに行ったAQ
久々に行ったのですが、オープン当時よりも更にメニューがpolishされた感じで、更にはきめ細かなサービスに大満足。特に私が頂いたShort Ribsのメインディッシュはここ数年食べたShort Ribの中で一番美味しかったです。

暫く前からブランチも始めた、という事なので、早速2人夫を誘っていってきました。

Sunchokeとシトラスのサラダ。sunchokeヲフレッシュで頂いたのは初めてでしたが、極薄にスライスしてあり味もバランスが良かったです

Sunchokeとシトラスのサラダ。sunchokeをフレッシュで頂いたのは初めてでしたが、極薄にスライスしてあり味のバランスが良かったです。今度家でまねしてみるつもり

夫の頼んだ豚バラのHush。王道のHushの作り方は違うけど、豚大好きの夫が絶賛していたので味は間違い無し

夫の頼んだ豚バラのHush。王道のHushの作り方とは違うけど、豚大好きの夫が絶賛していたので味は間違い無し

Glutenが食べられない私は、バーガーをパン無しで頼みます(笑

Glutenが食べられない私は、バーガーをパン無しで頼みます(笑

このレストランの辺り、夜は特に車無しで歩いていける場所ではないので、いつも駐車する場所が見つからないと面倒だな〜と足が遠のいていたのですが、木曜日にディナーで行った時も日曜日のブランチも、同じブロックに車を停める事ができ、案外穴場だという事を発見。

ブランチは2時までオーダーを受け付けています。お子様連れも結構いたので、週末に家族で行かれるのも良いかもしれません。

私はグルテンフリー、ディナーに一緒に行った女友達はグルテンフリー+乳製品フリーのダイエットをしているのですが、とっても知識のあるサーバーさんが対応してくれて、安心して頂けました。

メニューは、奇をてらったというものばかりではありませんが、基本的には旬のもの、マーケットから届いたものが中心で、食感、季節感、食材の温度、意外な組み合わせ、など、他のレストランではなかなかお目にかかれない5感を楽しめ、いつもちょっとWowをくれる楽しいメニューです。

AQは四季、季節が変わるごとにデコレーションとメニューが変わる事もあり、足を何度運んでも飽きる事なく、ロマンティックにカップルで行くにも良し、友人と数人で行くにも良し、一人でカウンターで気軽に食事をする事もでき、まだ行った事がない人には是非トライしてもらいたいお店です♪

あ、少し前にお約束していた夫がバレンタインにくれたギフトについて、今週中にアップします!

お気に入りレストラン

先週は4日連続の外食
なんとか生き延びました〜
でもやっぱり年を感じる(爆
休憩したいというか、連続はきつくなってきたというか、、、

特に3日目がきつかったです、
と言うのも、2日目にかなり飲んだ上に家に帰って飲み直ししてしまったから(><)
お酒を飲まなければいいのですが、
ついついワインを飲み出すと止まらない、、、(ワインだけじゃないか?)

ところで、我が家はいつも幹事というかレストランを決める係になりがちです
別に食通という訳ではありませんが、夫も私も食べる事大好き
だから、新しい所は大概チェックしているし、
外食率も多いのでお馴染みさんいなっているレストランも多いのです
だから無理が利くというか、融通が利くというか、
うちを幹事にしておけば何処か満足のいくレストランでテーブルが取れる事は間違い無し(笑

そういう訳で、今週予約した我が家のお気に入りレストランを紹介します
サンフランシスコ界隈の方、サンフランシスコ観光にいらっしゃる方、機会があれば是非

 
 

Leopolds http://www.leopoldssf.com/
オーストリア&ドイツ料理
ビールが好きな方にはおすすめです
家庭的なオーストリーとドイツ料理が混ざった感じ
メニューはそんなに変わりませんが、
自家製のサラミ・プレート等、クオリティーは高いのにボリュームがあり、
更にお値段はお手頃
だから若い20〜30代のグループも多いですね

予約は受け付けていませんが、早めにいってリストに名前を載せるという事ができます
(入り口でホストに伝えましょう)
4人以上だったら木のベンチでできたブースがお薦め

かなり小さいですが、ビールだけのみにバーに立ち寄るのもありです
(バーはいつもごった返していますね〜)

 
 
 
 
 

Cotogna http://www.cotognasf.com/

木漏れ日が入り込む店内はん日中から夕方にかけても良い感じ


私が選ぶ中で一番頻度の多いレストランかな?
特にどんな人を連れて行っても、対応できるメニューのスタイルと、
旬の素材を使ったメニューはほぼ毎日といって良いほど変わり、
程よくカリフォルニアン・スタイルで、ゆっくり時間を楽しむ事のできるレストランだと思います

こちらはサンフランシスコではかなり有名にQUINCEの姉妹店
隣のQUINCEはかなりアップスケールでちょっとクラッシックなデザインという事もあり、
気軽に足を運べないという雰囲気あり
なので、QUICNEファンがカジュアルスタイルでオープンしたcotognaに殺到(?)
平日でもピークの時間は予約を取るのはかなり難しいかもしれません

ちょっと店舗が小さいというのもあるのですが、
もう一つcotognaのビジネスモデルの成功した理由は
ワインボトルとグラスでのワインが全てフラットという所にあるはず
ボトルは全て$40、グラスは$10

だから、グループでも気軽に飲めるし、
どのワインも値段を気にせず気軽にトライできる楽しみもあります

私は頂けませんが、こちらはピザとパスタもかなりお薦めです♪

私が好きなのはランチタイム
そこそこビジネスの方も居ますが、
お昼から夜の部までノンストップで空いているという事もあり、
ちょっと時間をずらせばとてもゆったり食事が楽しめます
その上ガラスウィンドウなので午後の日差しが気持ちいい

もう一つの勧めは、Sunday night supper
日曜の夜はチーズコースのオプションもついたFixed menu
なので、何も考えずに美味しいものが頂けるという気軽さ♪
勿論、メニューはノンミート、ビジタリアン、グルテンフリー等きちんと対応してくれるので
メニューを見て諦める必要はありません

 
 
 
 
 

Spruce http://www.sprucesf.com/

Spruce

デートでロマンティックに、もしくは記念日等でにお薦め
そしてサンフランシスコでは、ドレスアップしていく場所が無いと思っている方もこちら
Chicで、スタッフのサービスも行き届いていて、
しっかりハイヒールを履いて、デートに行ける場所
昨日は女友達といったのですが、
予約の名前を見たホストの方が夫と2人で来るのかと思い、
ベンチでとなり通しにすわれるように席を用意してくれていました
そんな心遣いが行き届くお店です
お料理はカリフォルニア&アメリカン
でも、シーフードも繊細にお料理されているものが多くお薦めできます

 
 
 
 
 
Park Tavernhttp://www.parktavernsf.com/

女友達とのevening drinkに頻繁に活躍中


アメリカン&カリフォルニアン スタイル
観光客向けでなく更にイタリアンではない私達の世代向けのレストランが
ほぼ皆無と言っても良かったノースビーチ

バーも大きくて、ワシントンSQパークに面しているという美しい立地から、
夕方から既にバーが一杯という事も多いです

このレストランの良い所はTypicalなメニューが少ないという所
旬の素材を使っているというのも嬉しいですが、
シェフ・ジェニファーのツイストの効いたユニークなメニューが多い所が魅力だと思います
そして、ビジネスパートナーであるアナが取り仕切るチームは
サービスがいつでもWelcomeで行き届いている

ディナーも勿論ですが、私がお勧めするのは週末ブランチ
色々な種類のブラッディーマリーや
他には無いようなユニークなブレックファースとメニューがあるからです
そして、天気がよければワシントンSQパークに面した外の席で食事を楽しむ事もできます

 
 
 
ーーーーーーー

前のブログで書いた事もあるのですが、
私と夫、何処のレストランに行っても優遇される事多し、、
というか、スタッフと仲良くなる事が普通??
次回はそんな事、アメリカのfine diningでの立ち回り方等ちょっと書きたいと思います

追記
これらのレストランはきちんと伝えればグルテンフリーに対応してくれますよ!

焼き鳥

今日はジャパンタウンで映画みてきました!

その前にはNOJOという美味しい焼き鳥屋さん(?)にてディナー
こちらのシェフは独立前に、ナパで名高いChef Soneの所でお仕事をしていた方です

焼き鳥って、塩!って頼むとまずグルテンフリーの私がオーダーしやすい事と、
何が嬉しいかって、その他の小皿もできる範囲で
ドレッシングやソースを変えてグルテンフリーにしてくれます

今日の美味しかった一品

海苔のクラッカーが本当にぱりっとして美味しかった!

こじんまりしたお店で6人以下の予約は受け付けていませんが、
電話をすれば名前をwaiting-listに乗せてくれますよ

今度はこのお店があれば早々日本に帰れなくても、、、と思ってしまうような、
日本人の友達が皆で絶賛するバークレーの小料理屋さんについてアップします

nojo
http://nojosf.com/
231 franklin street
between linden and hayes,
san franciso
415-896-4587 | info@nojosf.com

happy monday!

夫は朝4時起きで6時の便でユタへ、、、
ユタで一仕事すませた後、クライアントさんの自家用機でテキサスへ行くそうな
ここの所毎週2〜4日はビジネストリップに出ているので少しかわいそうな感じがする

私は、月曜日はお掃除の日という事もあり、
友人やクライアントさんとランチに出る事が多い

今日は、cotognaにて女友達とランチ
cotognaはディナーに行くよりもランチに行く方が好き
ガラス張りの小さな店内は明るく、
小さなアパタイザーを始め友達と気軽にシェアしやすいお料理が多い
残念ながらピザもパスタも頂けない私
今日は友人がピザをシャアしたかったらしくちょっと悪い事をした気分
でも、スペシャルのラム・チョップはとても美味しかったですよ

cotognaも、サーバーの方、そしてキッチンがとても事細かく気を使ってくれるので、
cross contamination等を気にせずに安心してグルテン・フリーを頼めるレストランの一軒です

パスタやピザは頼めませんが、
カリフォルニアン・スタイルのauthenticなイタリアンは
実はグルテン・フリーに優しい事が多い
と言うのも、美味しい素材をできるだけシンプルな味付けでお料理してあるからだと思う

デザートはイチゴのアイスクリーム
昔ながらのヨーロッパスタイルの器が可愛い
イチゴは赤ワインでさらっと煮てあったのだと思います