San Francisco International Airport

今回のドイツ旅行、娘の時差ぼけで私も夫も結構へたへたですが、それでも夫の家族と娘がいっぱい時間を一緒に過ごせてよかった!

おじいちゃん、おばあちゃんともっとしょっちゅう会えるといいのですが、それは海外在住の辛いところです。

さて、今回は私と娘にとっては半年ぶりのInternational tripですが、SFOはちょっと使い心地が良くなっていました。それはUNITEDのGlobal serviceの専用チェックインカウンターができたことと、アメックスのCenturion loungeがオープンしたこと。

チェックインする際に「娘さんは搭乗データに名前がありませんね?」などと言われて、少し時間がかかったのですが、”Global serviceのチェックインカウンターだとラウンジのように広いので娘がいてもゆっくり対処できました。ちなみにこちらのカウンターは国内線のチェックインにあるので、国際線を使うときは少し歩かなくてはなりませんが、通常のチェックインカウンターで並ぶことや混み合っていることを考えても、まだプラスです。

Global serviceのチェックインカウンター

Global serviceのチェックインカウンター


.
アメックスのCenturion loungeは、思っていたよりもずっとモダンでよくデザインでされていました。広さもゆったり、国際緯のゲートまで歩かなくてはいけなくっても、UNITEDのビジネスラウンジでで時間を潰すよりはず〜〜とよかったです。ティスティングできるワインの数も豊富。今回はそんなに時間がなかったので使いませんでしたが、キッズルームもあるのでフライトが遅れたときなどもきっと重宝しそうです。

アメックスのPlatinumメンバーである必要がありますが、年に数回もしくは頻繁に旅行する人であれば、年会費を払ってでも価値があるのではないかと思ったサービスです。

ちなみに現在アメリカ国内でCenturion loungeあるのが、ベガス、ニューヨーク(LAGUARDIA)、ダラス、サンフランシスコだけです。

Centurion loungeのバッフェエリア

Centurion loungeのバッフェエリア


.
Centurion loungeのKids Room

Centurion loungeのKids Room

ようやくイースターも終わり

今日は夫の名前と同じ名を持つレストランでファミリー・ブランチでした。こちらのレストランではグルテンフリーのメニューがあり、私も安心して食べられる。そんな理由で家族で食事のときはお義母さんがここを選んでくれます。

イースターが終わり、ようやくちょっとゆったりできたところ。
今日までは連日家族や親戚などがたくさん周りにいて娘もちょっと落ち着かなかったのか、初めて便秘に。。。便秘じゃないかもしれませんが、、出ていません(苦笑

左は義母が私のために焼いてくれたグルテンフリーのチーズケーキ

右は義母が私のために焼いてくれたグルテンフリーのチーズケーキ


.
今が季節のライラック。彼の実家のお庭にも、そして散歩に出れば至る所で咲いています

今が季節のライラック。彼の実家のお庭にも、そして散歩に出れば至る所で咲いています


.
今週はヨーロッパ全体がよい天気みたいです。エストニアにいるプログラマーのところでも日中22度ぐらいまであがったみたい。

今から6月の中旬までしか食べる事のできないホワイト・アスパラガス

今から6月の中旬までしか食べる事のできないホワイト・アスパラガス


.
ドイツではホワイト・アスパラガスは特に季節ものとしてみんなに親しまれていますが、夫の実家のあるあたりはその産地でもあります。なので、この時期にかえってくると、毎日のようにホワイト・アスパラガスが食卓に乗ります。

ちなみに、日本で私たちが知っている缶詰のホワイト・アスパラガスなんかと一緒に思っていたら大間違い。味が違う!今日夫に聞いたところ、ドイツで食べるホワイト・アスパラガスはヨーロッパの他の国で食べるものとまた品種が違うようです。

そして、収穫はホワイト・アスパラガスが地面から本当にちょっと芽を出した日に夜明け前に土をかき分け丁寧に掘り出さなくてはならないのだそう。少しでも日に当たると色が変わってしまい、この辺りでは売り物にもならないそうです。上の写真みたいに白くても頭が完全に出てしまったものはもう駄目なんですね。さらに上の写真後ろに緑にアスパラガスが生えていますが、もちろん売り物にはならないので彼らはこのまま放置されて畑の肥やしとなるそうな。。。ドイツではか、この辺りではか、わかりませんが、この辺りで緑のアスパラガスを食べる人は殆どいない、、、少なくとも彼の家族は食べない!

ちなみに食べ方はいろいろ。ゆでてバターソースにチャイブだけとか、今日レストランでいただいたのはホワイト・アスパラガスのクリームスープだったり。ゆでたものをシンプルにドレッシングに混ぜたり。

今では私もこの季節にドイツに来るのが楽しみな一人。

wiesbaden

ドイツに来ています

今はwiesbadenという街に滞在中
夫があるデザイン・サミットにてスピーカーの一人として参加しています

冬のドイツ
寒い〜
でもカリフォルニアでは味わう事の無いこのピリっとした冬の空気
嫌いではありません

古い建物や教会、そして街によっては古いお城等もあり、
ドイツの街を歩くのは一人でも1〜2時間平気で時間をつぶせてしまいます

久しぶりのヨーロッパ

昨年は仕事が忙しく、更に色々プライベートで思う所ありで海外に旅行はせず、でしたが、今年になって、外に出たい!と思っていたら健康問題が浮上、、、、2週間ほど前にようやく最後の検査結果で安心できる事ものだったのでホッとしている所。そして、仕事もいくつかプロジェクトは抱えているものの、デッドラインで毎週死にそうな状態ではないので、久しぶりに夫の仕事についてヨーロッパに来ています。

今回はドイツとロンドン。2年位前までは1週間以上の旅行はほとんど全て彼にくっついて一緒に旅行していたので、こうしてまた一緒に旅行できるようになって嬉しい♪ これも、Self employedで時間&プロジェクトの管理が自分でできる事のbenefit。フィナンシャルな事とか、仕事を自分で取ってこないといけないとか、お客様の管理とか、就職するのに比べてストレスになる事が多いのは勿論ですが、やはりこの「時間」に関する自由を得てしまうと、お勤めには戻れない。。。。

Pfalz

今は夫の故郷、ドイツはPfalzの辺りにいます。週末は夫の家族と2年ぶりに時間を過ごし、朝から晩までおいしいお料理とPfalzで有名なRiesling wine(甘い方ではなくドライなrieslingですよ!)をこれでもかと食し飲んでいます。彼のお母さんを始め全ての家族の方が私のグルテンフリーに気を使ってくれて、今の所、問題無し!あ、でも、やはり飛行機の中は限られてしまうかな?と思い、念のため、おにぎり作って持っていきました(笑

夫は仕事で朝6時半に出て行き夜8時位に帰ってくる予定。私は彼のお父さん(お医者様)に朝から鍼をうってもらって、爽やかな空気の中でお母さんが丹誠込めてお手入れしている庭を見ながら仕事しています。

明日はロンドンに向かう予定