アメリカでのFundraisers

後40分ほどで誕生日なのに、なんだか全然他人事のような気がします。なんでだろう?

最近、今来てくれているナニーさんが辞める事になったり、仕事も忙しくなったり、気がざわざわしているせいでしょうか?

先週末は私たちがサポートしているcollege trackのannual fundraiserに行ってきました。今年は、PIxarから新しい映画が出るため、場所はPixar Animation Studiosでパーティーの後は公開前のInside Outを試写。

ピクサーのおなじみのデスクライトくん。IMG_0431

メインディナーが始まる前にはコートヤードでカクテルとフィンガーフードが。こちらはなんとアイロンでホットプレス・サンドを作るというちょっと面白いプレゼンテーション。
IMG_0452

こちらはメインビルディング。一階はカフェテリアとギフトショップ。写真を撮る事はできませんが、2回の回廊下には毎回新しい映画のコンセプトボード、スケッチ、粘土で作ったフィギャーなどレアなものがすべて見学できます。IMG_0430

IMG_0429

IMG_0433

Inside outは、子供がいると、親の立場からも感情移入ができるストーリーで、もちろん内容は大人が見ても楽しめる素敵なお話でした。お子様連れでも、大人だけでも楽しめると思うので機会があったら是非。アメリカでは明日公開ですね。

こちらはメインビルディングのカフェテリアのエリアに作られたディナー会場。カラフルでとても楽しいデザイン。IMG_0428

College trackについてはほぼ毎年ブログに書いているので、詳細については是非過去記事などを探してみてください♪

College trackはベイエリアで発足した団体で、そのfunderの一人ががSteve Jobs氏の奥様だという事もあり、ある意味、かなりパワフルなNPOです。強力なサポーターがいることで、スタートしてから20年ですが、その間に成し遂げた目標、功績は実際こちらのページを見ていただければわかると思います。

毎回サポーターの中にはPixarのFunderや様々な著名人もちらほら、今回は、AppleのCEO、Tim Cook氏にもご挨拶する機会があったりと、ベイエリアならではの顔ぶれとなるFundraiserです。

それゆえに、寄付のために行われるオークションでは、今回$900K(一億)近いBidsがあったわけですが、次回はこのオークションについて、そして、なんとなく心に引っかかっていたアメリカではより身近にあるSupport, Donation, つまりは寄付について少し書いてみようと思います。

待ってて良かった!

1photo

本日のWWDCより。
毎年、会場にいる夫がリアルタイムで写真を送ってくれます(^^)

LaptopとDesk top両方を使っている私。デスクトップの方はかなり古くって、ディスプレイも古いシネマ・ディスプレイの30インチ。メモリーを16GBつけているのとHDも1TB搭載しているので、仕事には支障がないのと言えば無いのですが、やっぱり新しいprocessorとか、新しいディスプレイのクオリティーを見ると「新しいのが欲しい〜」と内心思っていたこの2年。

mac proのリニューは何時かな〜と待っていたこの期間は長かったです!

それにしてもデスクトップのタワーを一新させるデザイン。そして、その機能的な躍進を体験できるのが待ちきれません!

興味のある方はこちらのリンクより〜

http://www.apple.com/mac-pro/

Apple product launch

スティーブが去ってから、アップルの秘密は秘密でない時代になってしまったような、、
やっぱり威厳と、神聖さと、怖さ、の全てを兼ね備えた彼だったから、
下も、メディアも何処かで従っていたのでしょう、、、
今となっては何処で情報が漏れても、既に当たり前になってきているような、、、

iPad mini – iPad Babyとか呼んだら可愛いのに!

この大きさの可能性って、私みたいにコンピューター依存度が高い人には分かり辛いけど、
旅行をする際や、電子書籍等を読みたい時等、
小さな日常の中に入り込める可能性が、オリジナルiPadより更に大きいです
益々、コンピュータが日常から遠い人達のライフスタイルが変わるのではないかと思います

う〜ん、今は欲しいかどうか分からないけど、今回は新しいiMacの方に引かれます。
古い30インチのシネマディスプレイを使っているけど、
やっぱりモニターの美しさからそろそろ変えたい気持ちにもなってきました、、、
でも、やっぱりHD内蔵には抵抗あるのだよね、、、