オフィス完成

今年ももう2月突入!

皆さんの年初めの1ヶ月はいかがでしたか?

私は、、、、、実はかなりのんびり気味、です。

メインのクライアントさんが5週間旅行でいない事と、新しいプロジェクトの話は3〜4件あるのですが、どのクライアントさんも何となく、キックオフの日が決まらない感じです。という事で、毎日、既存のクライアントさんの小さなリクエストと月極のサービスを提供するだけなので、朝もゆっくり、夕方も早めに切り上げ、、、週末もしっかり休みを取れている感じ。去年の忙しかった時期を考えると、天と地ほどの違い。でも、これもきっと、Pendingの案件がどたばた〜っと同時に入ってきてCrazyな仕事に戻るような予感。。。ま、その辺は自分でコントロールできないので仕方ないですね。

ようやくmeetingようのテーブルが届きました!

ようやくmeetingようのテーブルが届きました!

.

カスタムオーダーしていた最後の家具がオフィスに届きました。私のデザイン発案、夫がデザイン起こして、彼の仲良しのおじちゃんが作ってくれました。実はしかけがちょっとあって、見る人見る人からかなりお褒めの言葉を頂いている機能的なテーブルです。

そして、オフィスをシェアする事になっている友人も年明けてテーブルその他持ち運んでくれたので、一人でぽつねんと仕事をしている変な感じもなくなり、オフィスに息が入った感じ。

次はいよいよ、アシスタントさん探しです。気長にいい人を捜すつもりですが、目標は、夏の初めまでに見つけて、11月の終わりまでには1/3位の仕事は任せられるようにする事。

そして来年には2人位安定して仕事を任せられる人ができたら良いな、、、と。そうなると口コミ以外の仕事も積極的に取りに行ける気がします。いつでも夢と目標は大きく!その過程にかかる時間は、大概期待しているより長くかかると思いますが、それを諦めず、こつこつと達成して行く事が、何よりもビジネスを継続していく為のバネになり基盤になるのだな、と、この10年+で実感。

ずる、short cutをしないで、継続、継続!

meeting tableが届いた所で、お祝いにと夫が大好きな白の蘭の鉢をオフィスのお祝いにプレゼントしてくれました

meeting tableが届いた所で、お祝いにと夫が大好きな白の蘭の鉢をオフィスのお祝いにプレゼントしてくれました。オフィスのエントランスに飾っているので、毎日オフィスに行く度にニッコリ。

着々と、、、♪

近所に見つけたオフィス・スペース
着々と改装中!
と、言っても私が直接できる事が本当に少ないので、
夫にかなり負担かけている感じですが、彼もかなり楽しそうなので良しという事で

カーペットだったスペースの半分を、ウッドフロアーに

素材はドイツ産のオーク

かなり明るめの色なので、グレーのカーペットだった時と比べて
ぐっと室内が明るくなる感じになると思います

あとはドイツから帰ってきた後で、私も手伝いペンキ塗り
そして、シンク周りとキャビネット等デザインを二人でして、
彼の仲良しのおじさんに作ってもらう予定
(おじさんと言ってもアッ●ル社のデザインStudioの家具等全部作っている人です)

こう書き出すとまだ結構やる事ありますね、、、

でも、私の場合は机とインターネットさえそろえば仕事始められてしまうので、
細かいところはのんびり揃えていこうかなと、算段中

ちなみにこの改装にかかるところは自分持ち
ウッドフロアー等は出て行く際にはそのまま残していく事になるので、
大家さんは取りあえず一ヶ月分の家賃をただにしてくれました

小さなお城

ここ1年近くずっと探していたオフィスペース
漸く身の丈にあった場所が見つかりました

何と言っても家から歩いて2ブロック!
そして大き過ぎず=家賃が高過ぎず、
南西の角で窓も大きいので一日中日が差し込み明るいスペースです

夫、早速張り切ってレイアウト諸々アイデアを出してくれて、彼も楽しんでいる様子
彼の本職ですから、ここは思いっきり頑張ってもらおうと思っています(笑

11月いっぱいリフォームして、11月末か12月頭にはオフィスに通える事になりそう!
プレッシャーはと〜〜っても大きいですが、やはり感無量

ますます、仕事を頑張ってとっていかなくては!!

小さいながらも、ちょっと段差があるのでユニークな趣があります

契約前ですが、、、

ついに、mini miniですが、理想に近いオフィススペースを見つけました!

今週末か、来週頭に契約する予定

miniビジネスを始めてかれこれ11年+

たとえ小さくっても、オフィスを借りるのってかなり勇気がいりますが、
これが次の10年のステップになりますように、、、、

オフィスを構えるか、否か?

ここ半年位、ずっと近所でオフィススペースを探しています

というのも、自宅で仕事をするとなると、
私がシングルだったら良いのですが、
夫はかなりプライベートを重視する人なので、
気軽にインターンの人やコントラクター(契約で仕事してくれる人)に来てもらえない

昔雇っていた人達は、そんな事もあり皆友達の奥さんとか、
信頼できる人ばかりだったので良かったのですが、
そうなると能力より人柄、、、みたいな感じになってしまうんです

そして我が家の回り、グラフィックとインダストリアルのデザイナーは多いけど、
ウェブ系の友達はほぼ皆無
なので、人づてに人を捜すのも既に限界状態

そしてもう一つの理由は、我が家のスペースはできない油絵を
オフィスの片隅で再会したい為

去年の誕生日に夫がくれた油絵のセット
手つかずで飾ってあるのを見ると心が寂しくなる

月ベースの経費を増やすのは勇気がいるけれど、かなり悩み抜いて、
そろそろ仕事も第2成長期と考える事にし、
次の5年でじわじわと仕事の規模を大きくしていけたらな、と思い、
オフィスのスペースを探し始めたのが半年前

実はうちを出てすぐの角にあるレンガ造りの素敵なビルに空きがでたのですが、
その空きがでたと同時期に私の健康問題が浮上
将来がどうなるか分からなかったその時点で、泣く泣くその空き部屋を見逃す事に
、、、あの時はけっこう精神的にダブルパンチだったな

漸く、健康問題にも一息ついたので、また探し始めた所に、
前からなんとなく「オフィスをシェアしない??」と持ちかけていた大好きな友達から
「私も急にオフィスが必要になりそう!!」と連絡が!
何となくオフィスを持つべく回り出したような感じです
彼女とオフィスが一緒に持てたら夢のように楽しくなりそう

次の1ヶ月で2人でシェアできるようなオフィススペースを見つけるなんて
幸運を祈るしか無いけど、
何とかなると思ってきた事はいつもなって来たので、
今回も何となく良い物件が見つかるような気がします(笑

ビジネスパートナーを見つける決め手

ここ1年半仕事をさせて頂いているクライアントさん

50代前半
女性起業家
スモール・ビジネス・オーナー(年商2.5億円位?)

とても尊敬しています
そして、尊敬とまではいかないかもしれないけれど、
彼女からも「貴方の仕事をrespectしているわよ」という、
なんというのでしょうか、、、
お客様から大切、かつ、重みのある存在として扱って頂いています、、

このバランスを保つ為にも、精進精進、、、、なのですが、、、

このクライアント様と先日5時間のミーティングの合間の30分ランチで会話

2人とも仕事大好きなので、ついつい、話は仕事の話へ、、、
(他にもリレーションシップについて等chatしたけど、、)

私達に共通している事は、
規模さえ違えども、「スモール・ビジネス」という事

私達にとっては、、、例えば、カスタマーケアに5人雇う事はできません
カスタマーケアなら一人、、、
デザイナーなら一人、、
というように、、、その分野に一人いれば十分なビジネスのサイズ

これがけっこうネックになるよねという話になった訳です

というのも、5人雇う事ができれば、
その内の誰か一人に「motivation」があり「leadership」を取ってくれれば仕事は回りますが、
もし私達が、一人しか雇えないとなると、
その一人は、「motivation」と「excellent skill」を持っていないといけない訳です

つまり、スモールビジネスの極意は少数精鋭という事

で、その「excellent skill」というのは、
お金さえだせば見つからない事は無い訳ですよね、、、、、、
例えば、時給$100出せれば、その仕事の分野で文句無くこなせる人は見つかるはず

でも、「motivation」という所が難しい

文句の無い「excellent skill」を持っていて、
言われなくても自分から湧き出てくる「motivation」と、
仕事=お金ではなく、仕事=パッションと言えるような人を雇おうとすると、
きっと時給に換算すると最低でも時給で$200は貰っている人たちではないかと思います

私も彼女も自分で起業して、
自分でどうやったら「better」になるかを試行錯誤して、
日々やって来たのですが、、、
つまり、、、つきる事の無い「motivation」を持って毎日生きている訳です

でも、これを、雇う人の中に普通に期待する事はできない訳です、、、

例え私の会社で仕事をする事を楽しいと言ってくれる人でも、
その仕事環境に120%、
つまり、「何ができるか?」=「プラスα」を常時考え続ける事のできる人は、
そうそういない、、、と言っても過言ではないです
そしてこのランチをしたクライアントさんも同じように言っていました
彼女の場合は、ビジネスの途中から旦那様というパートナーも加わったのですが、
やはり、パートナーとしての旦那様を見ると「motivation」レベルでは物足りなさを感じるとう事、、、

まあ、逆をつくと、そういう人=「motivation」が実に高い人は自分で何かやっているかも、、、

彼女との短いランチの結論では、
適材適所の人を見つける事ができるか?
そして、「motivation」を持たない人達を如何に上手くガイドして仕事をしていく事ができるか?
と言うのが私達のチャレンジなのだな〜という所に落ち着いたのですが、、、
なかなか、、、、

私の場合は、既に10年以上タッグを組んでいるプログラマーが最高の例です
彼も私も、「motivation」に関しては尽きる事がありません
なので、つねに、彼が私がが期待する以上に仕事していると分かっているので、
安心というよりも、このフォーミュラを終わらせる事はできないという責任感さえ感じます
(、、、一応、私がオーナーなので続けていくかどうかは私次第、、、)

ここ2、3年、
プログラマーの彼に加えてもう一人チームが欲しい私なのですが、
この「motivation」を持った少数精鋭に加わってくれる人を捜すのは勿論楽ではありません、、、
私にも人を雇うbudgetあるというのも、簡単に見つからない理由ではありますが、
エストニアに住むプログラマーとの縁を見つけた私
もう一人、何処かで素晴らしいチームメイトとなってくれる人がいる事を疑いませんし、
諦めません

このクライアントさんの彼女に限らず、様々なビジネスオーナーから経験談を聞いてきましたが、
もしパートナーかチームを探すのであれば、
やはり自分と同等、もしくは「適わないかも」と思える位パワフルな「motivation」を持った人と
タッグを組む
事は間違いなく必要な事だと思います