一目惚れしたクリスタル グラス

友人の結婚祝いを買いにMARCHに行ってきました。

このお店はセンスの良さではぴか一。

あのMartha Stewartが彼女の店舗の一つのデザインをする時に、インスピレーションとしてはこんな感じにしたい!と参考にしたこともあるお店です。

特にキッチン&ダイニングの品物は、シンプルかつクオリティーの高い職人の技が生きたものがセレクトされてうっている為、夫も私も、ついつい一目惚れしてお財布にダメージを与えて帰ってくる事しばしば。。。。夫等ここで何本ナイフを買った事やら、、
でも、ギフトを探す時には断然おすすめできます。

今回は、このピンクのクリスタル・グラスに私が一目惚れしてしまいました。

LOBMEYR - Trinkservice Alpha

LOBMEYR – Trinkservice Alpha


.
家では既にリーデルのグラスを使っているのでカラフとグラスをオフィス用に購入。他にもブルー、スモーキーグレー、ブラック、グリーンなどがありましたが、ピンクに一目惚れ。ピンクを始め色物は滅多に欲しいと思わないのですが、このガラスのエッジににじみ出る色が何ともいえずVividかつSleekで一目惚れ、、、白を基調としたオフィスのアクセントに。

コップは、まるでプラスティックではないか、と思わせるほど薄く軽い作りです。手に持った時にほぼ重さを感じない軽さと、薄いガラスが唇にあたる感じが何ともいえず心地が良い!

MARCH
3075 SACRAMENTO STREET
SAN FRANCISCO, CA 94115
415 931-7433

LOBMEYR
http://www.lobmeyr.at/

初Louboutin

超久しぶりに買い物ネタです。

春先は何かとGala等のイベントが多く出かける事が多いので、久しぶりにそんなイベントにしか履いていく事ができないようなハイヒールを調達。

christianlouboutin-diptic-1130338_cm47_1_1200x1200 (1)

.
ニューヨークやLAに行く時には重宝しそうだけど、サンフランシスコではこんなハイヒールが活躍する場所はちょっと限られているかな〜?

いままで、靴底のRedが「いかにも〜」という感じで、手が伸びなかったのですが、今回夫が「これは?」と見立ててくれたのをきっかけに履いてみると、ものすごく足なじみが良い!

デザインだけではなくって、靴としての素材と機能が良いのだな〜とはいてみて実感。

あ、それと、昔、特に日本にいた頃は、ジャストサイズの靴ばかり買っていたのですが(母から足は小さく見えた方が良い、というような事を聞いていたのが脳裏に残っていた為?)、最近は1サイズ、もしくは1.5サイズ大きめのを買うようになりました。と、言うか、昔が小さいサイズをあっていないのに買っていたのかも!アメリカに来た当初は、36もしくは36.5を買っていましたが、最近は37、今回のLouboutinは38でぴったりです。これも40過ぎてからの発見(爆

お肉屋さん in hayes valley

今日は、夕方まで夫も私も仕事、、でした

彼もかなり大きなproposalを仕上げなくてはならず、
私も今週半ばに約束していた企画書をようやく仕上げた次第です

夕方5時位になってようやくちょっと外に、今日はhayes valley辺りをちょっとフラフラ

まずはお気に入りのお花屋さんに立ち寄りました
行ってみるとCLOSEの札がかかっていたのですが、でも中にいたオーナーが私達の顔を見て開けてくれパワー・ショッピング
「これから娘のプロムに行かなくっちゃいけないから、5分だけね!」
母の日のせいか素敵なお花が沢山、、、
牡丹、ライタック、黄色とオレンジのシンビジューム系の花、とっても香りの良い見かけは牡丹のような薔薇等、、

そして、Gimme Shoesが2号店をオープンしてからまだ一回も顔を出していなかったので、こちらにも立ち寄りました
Acneのとっても好みのショートブーツを発見
ちなみにこういう良いな〜と思うものは夫が先に発見してくれます、、
だから彼と買い物に行くの大好き

そのあと、2、3ヶ月前にできたという新しいセレクトショップにもふらりと2人で私が入ってしまい、私の好きなブランドに好みのデザインを沢山発見

その後、前々から、お友達のMACのオーナーから聞いていたお肉屋さんにも足を運んできました
お肉屋さん!という感じで夫も私もお肉屋さんの中で興奮気味

アメリカのお肉屋さんでは特に豚などは限られた部分しか売られていないのですが、
こちらでは、豚の豚足をはじめ、ポークベリー、ボーンマロー、クエイル、鴨まるまる等、、
そして、パンチェッタもベーコンも固まりで買えます

ヨーロッパではこうしたお肉屋さんが当たり前だけど、アメリカではやっぱり少ないですから、、
サンフランシスコでさえも、ポークベリーなどは店頭に並んでいない事が殆ど、、
なので、夫は特に嬉しそう
オハイオから来ているというプロシュート以外は、パテなど全てhouse made
できるだけ中間業者のいないところで買い物をしようと努力している我が家にとってはその点も気に入りました

最近、本当に家でよく料理するので、これから重宝しそうです
ちなみに、スライスしてもらったポークロースとなどでサンドイッチなどのオーダーもできます
その他にソーセージ作りのクラスなどもあるみたいですが、夫がチェックしたところ8月までSold Out、残念!



Fatted Calf Charcuterie

http://fattedcalf.com/

320 Fell Street
San Francisco, CA, 94102
Open Daily 10am to 8pm
415.400.5614