引き寄せとか、、、色々

色々な啓発本等が多いこのごろです

勿論アメリカにも多いですが、
たまに日本に帰って本屋さんに行ったり、こちらの紀伊国屋書店等を覗くと、
「貴方もなれる!」「こうしたら生き抜ける」「会社で失敗しない生き方」
などなどなど、、、本当に多い、、、、

それは、やっぱり野生というか、己の中にある生き抜く力を感じられないから、
誰かに生き方を教えて欲しい、と言うのがあるのではないでしょうか?
不安なのですよね、きっと
だから何かを見つけたくなる、すがりたくなる

この辺は裏付けも無くかなり自己流な言い方ですが、
この先50年は、個人個人の生き抜く力がますます必要になってくる時代だと思います
隣の人が平気だから自分も平気
というような時代はもう既に終わりかけていて、
それは日本という国やアメリカに住んでいれば平気という幻想が終わる時でもあると思います

子供にも、学校や社会で上手くやって行く事を教えるよりも、
何処に行っても、
どんな環境に置かれても、
自分で考えて、自分で行動して、自分で生き抜いていけるような、
感性と野生の感を磨いてあげる事の方が大切だと、個人的に思います

引き寄せ、、今でもか分かりませんが、ちょっと前まで良く聞いた言葉
私が小さな個人ビジネスをやっているせいか、
親切な友達は、「こういう本きっと役に立つよ」とわざわざそんな本をいただいた事も、、、

勿論、他者の考え方や生き方を読んでみて面白いと思う事もありますが、
それでも、おおおお、説得力がある!と思う本に最近巡り会った事はほとんどないです
、、まあ、私が偏った好みを持っているのもあると思うのですが、、、

確かに、運気とか、UP&DOWNスパイラルみたいなものは人生の中にはありますが、
でも舵を取っていくのは自分です
だから舵を取りきれるよう、自然を読む力と、どんな時のも持ちこたえられる精神力と、
そして最終的には、その現状を自分で舵を切って乗り切るようなテクニックを磨くしか無いですよね
そのテクニックはやっぱり本の中では学びきれる訳ではないし、
簡単に教えてもらえるものでもない
本を読んだりそして、教えてもらった知識を使って体当たりして、
自分で経験をして身にして初めてものになる訳で、、、

側にいて幸せな気持ちにさせてくれる人の近くにいる事は大切ですが、
人生の方向転換をしたい時、自分を変えたいと思う時は
引き寄せてもらったり、諭してもらうよりも、最終的には自分で舵を取れるかだと思います

色々本を読んで、変わりたいという自分はどんな自分なのでしょう?
引き寄せてもらって手に入れたいものは何か?
自分の願望を現実的に見つめてみるのも、舵をとるヒントになるかもしれません

フォーミュラ

今日はちょっと正直に

前に書いた事がありますが、
こうして日本を離れていても日本が嫌いになった訳ではないです

でも、日本に帰国したい!と思う動機は
家族、友達、食べ物、文化

日本に帰って暮らしたいとは思わない、というのは正直な気持ちです

今日、last minでお誘いを受け、ちょっと年配のカップルとディナーに行ってきました

夫は最近彼らの長年提案しているアートプロジェクトを実現する為に大抜擢され
奥様とプロジェクトについて話が込み入っていたので、
私は70代の旦那様とお喋りを楽しみました

こちらの旦那様、今で言うベンチャーキャピタリスとの先駆けとなった方
Macromediaを始め、シリコンバレーの礎となったビジネスに投資をしてきた
まさに今の時代を作り上げた会社達をサポートしてきた投資会社のトップにいる方です

Financial Statusで言えば、想像を超える程のSuper richな方
働く必要は無いのかもしれないけど、
このシリコンバレーで発見できるテクノロジーへのワクワク感が大好きと、
今でもかなりお忙しそう

とってもdown to earthな方で
世代も違い英語もたどたどしい私との会話も楽しそうに時間を過ごしてくれます

そこで、中部北西部出身の旦那様と話に花が咲いたのが
如何に私達がサンフランシスコを大好きで、素晴らしい街だと思っているか?という事

彼曰く、彼のように特権階級と言われる位Super richになっても
自然な生活感を残しながら普通に暮らし、
必要なもの(ビジネス)が周りにある街は他に無いのだそう

それは他の街と比べ如何に素晴らしいか?という意味ではなくって
彼と私にとって如何に素晴らしく感じるか?
どうやってサンフランシスコを好きになったか?
どうしてサンフランシスコを世界で一番の場所と思えるのか?

など、それぞれが感じるサンフランシスコへの気持ちをシェアして照らし合って
お互いに確認しながらサンフランシスコの事を話して楽しんだ感じ

住めば都

そんな場所は誰にでもあるのです

それが私にとってはサンフランシスコだった訳

そして、私にとって東京は住めば都とならなかったのです

全てが、何をやっても、上手く行かなかった

渡米する前の時間は全て疑問というか霧の中だったように感じます

ボワーーーとしていた

輪郭が無いというか、、、

そしてこうして10年アメリカに住んで自分という輪郭がようやく自覚できるようになっても
日本に帰ったり、日本のしがらみとちょっと繋がったりすると、
神経を逆撫でされるようなすごく変な感じ

正直に言えば、生まれ育った街を自分が住みたい、恋しいと思えない事に
悲しみや、処理できない不快感を自分自身に味わった事もあります

formula

つまり、成り立つ数式、化学が私と東京の間には無かった訳です

幸運なのは、偶々日本を出てたどり着いたサンフランシスコでその数式を発見できた事

以前は東京と近くなる度に
その違和感を意識してしまって、「なぜここで自然に生きていけないのだろう?」と
ストレスに感じたんだけど、
最近はそういうのも無くなって来たので、
答えのでない数式、上手く行かない化学反応もあるのだというのを
自分でacceptできるようになって拒否反応も無くなりました

今の時代、我慢とか、仕方ないからと言って現状に依存する事があるけど、
やっぱり短い人生の中で「違うな〜」と思う場所に依存する必要は無いと思います

自分に答えを出してくれるfomulaを探してみて下さい

依存は楽かもしれないけど、決して自分に答えを見つけてくれる数式にはなりません