娘のちょっと笑った今日の一コマ

毎日のように色々な言葉が言えるようになっている娘です。

今のところ、英語97%、ドイツ語2%、日本語1%、といった感じで、もっぱら出てくる言葉は英語です。

が、日本語はちゃんと理解していて、私が日本語で話しかけてお願いなどをするとちゃんとわかっています。

今日の可愛かった一コマは勿論英語で、なのですが、公園に行ったときのことです。

公園には小学校高学年ぐらいの子供が4人ほど遊んでいて、彼らのワイルドな遊びをじっと観察している娘。

面白いのは、今のところ、年齢に関係なく全ての子供のことを「Baby」と総称で呼んでいます。

そして公園から帰るとき、その小学生ぐらいのこともたちの方を振り返り、「Bye bye Babies!」と手を振る彼女(爆

かなり離れているところからなので、小学生たちは全く気が付きませんが、、手を振ってバイバイしているのが可愛く。。。。そして、「Baby」とお兄さんお姉さんたちを呼ぶ可愛さに大笑いしてしまった私。

ちゃんと、Babiesと複数形になっていたところにもちょっと感心した私。

しばらく嫌なことがあっても、このことを思い出すと元気になれそうなネタでした。

care giver

夫はロンドンに1週間出張。普通は週末に旅行し無いようにしているのですが、4つほどミーティングが重なりそうだというので、やむなく週末を挟んで出張に。

でも、今回は彼のお母さんの誕生日が昨日だったので、週末ドイツに飛び、一緒にお祝いできるそうなので、タイミングが良かったです♪

私は5月からナニーさんに来てもらう日を増やしたので、夫が1週間いなくても週末さえ乗り切ればなんとかなりそうです。

さて、しばらく前から書いているずっと来てもらっているナニーさんのトラブル。

Care giverとは、ナニーさんやベビーシッターさんまた大人の介護ををする人たちのことですね。

現在のメインのナニーさんは娘が4ヶ月の時から来てもらっています。彼女自身、セラピーを必要とする子供との経験があったり、今もイーストベイで収入の少ない若い両親とその若い両親をサポートするDoulaの育成、コネクション、ネットワークを作るNPOを立ち上げるような人で、始まった当初からとっても頼りにしていました。頼んだ家事もいつも完璧で、何よりも当たり前のことですが、とても大切だったのは、決してドタキャンしない、遅刻しない人なのです。

なので、つい最近、、、5月に私が仕事を増やすまでは、全くLive cameraでモニターをしたこともなかったし、何の心配もしていませんでした。

問題が発覚したのは、私が仕事を増やしたことがきっかけ。

娘のCrib – 日本でいうベビーベッドの上には、Live cameraが取り付けられていて、部屋に入らなくても彼女がどんな状態で寝ているか見ることができるようになっています。

このカメラは彼女を一人部屋に移した時からずっとついています。というのも夜彼女が泣いても、私たちのベッドルームからiPhoneを使ってみることができるので、あやしに行ったほうがいいか?など部屋に入らず判断できるからなんです。

それは勿論ナニーさんも知っていて、彼女もこのAppをお昼寝時に使っていました。

それまでは週2日、時には3日だけ仕事をしていた私ですが、5月から仕事時間を増やし、週4日にしたんですよね。で、ちょっと寂しく、娘のお昼寝中の姿をモニターで見ようと思ったのがきっかけでした。

一番最初は、ナニーさんが、娘をベッドに入れ、ミルク瓶をもたせ、さっさと部屋を出て行ってしまい、寝かしつけるそぶりはなし。そして、そのあとも娘は眠りにつけないまま、1時間近くベッドの中で一人遊び。時には、「マ、マ、」と誰かを立ち上がって呼んでも彼女は娘の部屋に入ってきませんでした。

これは何か変だ、と思って、次の日は、リビングルームにもちょっとカメラをつけて、時々チェックすることに。

そして、次の日は、彼女がお昼寝から起きて泣いているにもかかわらず、45分間部屋に迎えに来ず、、、、、この時は、モニターするのではなく私が家に帰って娘を抱き上げたあげたかったのですが、ナニーさんのやり方をしっかり把握したかったのでモニターすることに。。。。

そしてその後も真ニターを続けてみていると、なんと彼女はダイニングテーブルで四六時中、ラップトップを開けて仕事中。。。。娘がランチを隣で食べている時もずっとコンピューターで仕事中。娘が呼びかけても首を動かすそぶりもなし。20分に一回ぐらいちょっと面白いことをして娘の気を和ませるといるといった感じでした。その後娘は家の中をひとりであそびまわり、娘があんなに無口だったことは見たことがありません、、、、きっとこういう状況がずっとつづいていたため、娘はナニーさんといる時はコミュニケーションできないと悟ったのだろうな。。。

他の日は、携帯で電話で友達と話すこと45分。その後もまた30分電話でおしゃべり。娘は一人で遊びまわり、時には高いところに登ってかなり危なそうな場面も。。。。

実は、ここ3ヶ月ぐらい娘がリモコンやそれぐらいの大きさのものを持って「Hello ??」「ah ha, bye bye」など電話をする真似をするので私たちは笑っていたのですが、よくよく考えてみたら私も夫も彼女の前で携帯で電話をすることはないのです。

ということは、真似ができるほど、ナニーさんは娘の前で頻繁に電話していたということだと、はたと気がついた私たち。

これがすべて1週間以内に起きたことです。

モニターし続けたのは、最初に見たのが1日限りの「たまたま」のことだったら、目くじら立てるようなことではないと思ったから。が、残念なことに、どうやら、これが私たちの目の届かないところでのスタンダードだったようで。。。。

女友達にも相談したところ、まあ考えの違いもあるし、人によっては事細かく「こうして欲しい」のディティールを伝えなくては無理」というアドバイスでした。

夫も私も、娘の一番大切な時にこの状況は続けることはできないと思い、夫が、モニターしてたことは言わずにナニーさんに話してみることに。「私たちのリクエスト」を伝えました。

娘の前で電話、コンピューターは緊急以外使わないこと
娘がベッド寝ないている時は、必要以上に泣かせないこと
泣いていなくても、誰かを呼んでいたら、誰かが彼女のためにいるということを知らせること

などでした。
問題なく、彼女は、わかりました、と言ってくれたのですが、、、、

その後も時間は減ったものの、携帯でテキストやコンピューターを開けることが頻繁にありました。

そしてその1週間後、彼女の方から「実は今立ち上げているNPOが忙しくなったので、急ではないが辞めなくてはならない」と。。。

このNPOの為に辞めなくてはいけないのは、初めてもらった当初からわかっていたことなので、私たちとしても彼女のプロジェクトが忙しくなったことにはとても嬉しく思いました。

でも、もし私たちが、いろいろリクエストしなかったら、娘の面倒を見る傍、自分の仕事もできる、と思っていたのではないかと思います。が、私たちが細かくリクエストしたことで続けられないと思ったのでしょうね。。。。

その決断には正直言って嬉しく思いました。もし彼女が辞めると言ってくれなかったら、こちらから理由を言って辞めてもらわなくてはいけなかったので。。。。

と、まあ、こんな感じです。

現在、友人から紹介してもらった人を一人面接していて、インド出身のシベット人の方で、Referenceの方々の話を聞くともうこの人で決まりだというぐらい良さそうな方です。時間やその他の条件を調整して、この人で決まるといいな、と思っています。

娘の最近

もう直ぐ1歳半になる娘

体格は、同じ歳ぐらいのこに比べて1.2倍ぐらいでしょうか?今の所背がかなり高めで、今日も3歳の息子君がいる友人とちょこっとあったのですが、彼女の息子君は小柄な方なので、1歳半違うのに見た目はほぼ同じサイズ。

洋服がどんどん小さくなって、買い物ばかりしている気がします。最近は2歳児用の服を買っています。

ナニーさんの件では色々問題というか、ちょとゴタゴタしている時期ですが、これも一新する時期なんだな〜と自然に思えて、すでに2、3人面接してチベット出身の人で良い人がいたので、条件が合えばいいな〜と調整中。

最近、車を見ると「ブンブン!」と興奮する娘。どうやら夫が内緒で(?)と車庫に行くたびに夫が彼女を運転席に乗せて遊ばせているらし(汗 お隣さんの子供のおもちゃの車を横取りしようとするので、良い時期かな〜と思い彼女にこちらを購入。お父さんと一緒の4Sです。色は黒がなかったので赤!
normal

私と娘のアクティビティーといえば、シュタイナー教育の親参加型の週1クラス、そして子供のヨガクラス、近所で音楽クラス(クラス等よりプレイクラスみたい?)
ヨガクラスはかれこれ3ヶ月ぐらい続けているのですが、今日は先生がTree poseというと、ひょいっと片足を上げてポーズしていました。子供ってちゃんと見ているんですよね。ある日自然と体を動かすことにピンときて見ていたことを表現できるようになる。
ヨガは彼女と続けていきたいな〜と思うアクティビティーの一つです。

夫は娘と週一でスイミングクラスに通っています。お父さんと娘のデートタイムとしても楽しそう。でも、このクラスに通い始めてから、お風呂で髪の毛を洗おうとすると泣き出すように。。。。(苦笑
クラスは30分なのですが、夫と娘が家を出てから約2時間ちょっと。束の間の私の時間です♪ 何かできる、というほどの時間ではないけど、この2時間って、きっと子育てで時間に追われていて自分の時間が無い親にとっては「す〜っと息を吐いて無になりたい」時間かも。

言葉は、、、我が家はドイツ語、日本語、英語の、3ヶ国語ですが、日本語をわかってくれていることは100%確かなのですが、出てくる言葉は英語。。。たまにドイツ語。日本語は???

ママ友付き合いとか超苦手な私ですが、これは日系のプレイグループとか探さないとダメかな〜とちょっと最近考え中。

とりあえず、1歳半まで風邪などはらはらする病気をすることなくきてくれたことが一番ありがたいです。

仕事とのバランス

妊娠して子供が生まれる前に夫と相談した事は、「ベビーシッターに$$$を払うのだったら、その分私の仕事を手伝ってくれる人を雇って、子供が幼稚園に入るくらいまでは、娘ができるだけ私たちと一緒にいる時間を多くしたい」と話していたのですが、、、

問題は私の仕事=ウェブデザインやデベロップメント系の仕事は、ベイエリアでまさに売り手市場で、良い人を、ちょっと前で言う妥当なお給料で見つける事は今不可能に近いのです。

話を掻い摘んで説明すると、Facebookをはじめとする大手企業、様々なオンラインビジネスのスタートアップがひしめくこのベイアリアは、学校卒業したてでもsix figure(年収1千万ぐらい?)のお給料も決して夢じゃない状況です。

大手の会社は、才能のある人に在学中の学校の学費よりも多いお給料を提示する事もありで、学生は学校も一時休校して就職してしまうわけ。なので、知り合いの、CCAやAcademyの先生たちに聞いても優秀な生徒が辞めていくという、ちょっと異様な状況もあるとか。。。

そういう事で、私のような個人企業は、スキル=レートと思っているので、経験値の少ない人に大手企業と同じお給料を払って対抗できるわけないわけです。

ここ1年半、ず〜〜っと面接などしてきましたが未だに見つからず><、、、です。

ここまで、週2日、時に3日 (1日6時間) のナニーさんで頑張ってきましたが、もうどうやってもやらなきゃいけない仕事に追いつけない今日この頃。

だって、6時間来てもらっているからといって、6時間仕事ができるわけじゃないですから。。。そしてその週にクライアントさんのミーティングなどが入ると、実際コーディングなどに使える時間って一週間に数時間? 10件以上のクライアントさんと円滑に管理できる状況じゃないですね。。。汗

ここまでは、クライアントさんたちが私の子供ができた事で、かなり気を使ってもらった事でなんとかなってきたものの、このままでは新規のクライアントさんを開拓する事も不可能。もうどうやっても、プロジェクトを潤滑に勧められないし、さらにここ3ヶ月ぐらい週末も必ず仕事する私。

夫とも相談して、ナニーさんを週4日に増やす事にしました。

娘との時間が減るのは少し寂しいけど、ここらで私の仕事もビシッとしておかないと。

私も含め働くお母さんは、いろいろバランスを考えて悩む事も多いと思いますが、今私の年齢で、周りもいろいろ見て言える事ですが、自分でこのバランスの答えは出すしかないと思う。

他の誰かや、社会的ないい悪いでは決められないし。もし比べたり、人の意見を聞いていたら、絶対にいつもバランスで悩む事になると思う。

私の周りには年齢的に経済的に豊かなカップルも周りに多いわけですが、そうなってくると、働いていないからって子供といつも一緒にいるわけじゃない。仕事をしていなくってもナニーさんがいる事もあるし、、、仕事をする事だけが子供との時間を晴らす事になるわけじゃないわけです。

自分と子供がきちんと向き合って、そこでその時間のバランスをアクセプトできていれば結果的にはいいと思うんですよね。子供にとっても辛い事もあったり、一緒にいたくても入れない母親にしても辛い事もあるけど、でも、その経験がお互いあとでポジティブにつながるように私の決めた事が娘の肥やしになるように、仕事も頑張っていこうと思います。

子育て&時間のやりくり

ニューヨークに新しいクライアントさんが一つできたので、夫ここのところ東海岸にビジネストリップが多いです。

今週、そして再来週と、2泊づつなのですが、娘がかなり歩くのが早くなってきたので、2ヶ月前に私一人4〜5日留守番するのが楽だったのとはちょっと訳が違います。体力使います!

まず2ヶ月前は、朝起きて授乳した後、Cribに入れてシャワーとか浴びる余裕があったのですが、今は朝からパワー全開だし(今日は朝5時半に起きだったし)、歩くのがかなり早くって1、2分でも目が離せません。今日も彼女が最初のお昼寝に行くまでシャワー浴びれませんでした。

あと、自己主張もかなりでてきて、やりたい事ができないと怒ってるし(笑

それにしても、前よりももっと自分の時間がないので、以前にも増して、30分、1時間の時間の貴重さを身にしみています。

我が家なんて、夫も料理ができるし(してくれるし)、食料の買い出しもGoodeggs.comと夫が仕事帰りにしてくれる事、彼も私もビジネスオーナーなので、仕事の時間にかなり融通を利かせる事などが有り、かなりなんとかなっていますが、旦那さんがお料理できないご家庭や、9時5時でお休みなんかもとりづらいお仕事をしている人なんて本当に大変だろうな〜と思います。

例えば、今も夫は朝9時半まではできるだけいるようにしてくれるます。朝6時に起きる娘に私が授乳した後は、朝ご飯を食べさせて出かけるまでの間面倒を見てくれるので、私は朝授乳後の体力回復する時間もあるし、30分から1時間位仕事をしようと思えばできるし、夜は私が授乳して寝かしつける間に、残りの夕飯の準備をしてくれたりと、お互い時間を巧く使ってチームワーク。

なので、大変大変と言ってもかなり楽をしている方だと思います。

人と比べても仕方ないのですが、私の友人で、5歳と2歳の子供がいるシングルマザーがいるのですが、彼女は2人目が生まれた時に旦那さんが浮気していると発覚。そして離婚する流れになりいまは、子育ては彼女一人で。そして一人目の子供は3歳の時に1型糖尿病だと診断されました。

お母さんである彼女は、診断されてからずっと3時間ごとに子供の血糖値をチェックしています。つまり、3時間以上眠った事が無いし、これからもずっと子供自身が自分で血糖値が取れるようになるまで、そうした生活がずっと続きます。

そして彼女自身も私と同じようにシリアックを持っている事、子供も卵アレルギー等があるので、食事はほぼすべて手作り。

彼女のパワフルかつ、ポジティブなエナジーにいつも脱帽し心の底より尊敬する私です。彼女の毎日のコミットメントに比べたら、私の「疲れた」なんて微々たるものだと本当に思う。

こうして自分で経験してみて、乳児を日中一人で見てお買い物、掃除、お料理、火事、全部やっているお母さんは本当に大変だと分かりました。お父さんや周りの人がそのこのところ分かってくれないときつい!

だから、そんなお母さんがあっぷあっぷしていたら、30分でもいいから、お母さんが一人になれる時間を作ってあげるのを手伝ってあげてほしいです。

もうすぐ一才

クリスマス・イブ生まれの娘
もうすぐ一才になります

12月は夫の誕生日、数人の射手座の男達の誕生日がドドッ通し寄せ、ホリデーパーティーの数々に、バケーション。その上クリスマスと、結婚記念日。ここにさらに娘の誕生日。もうなんだか、こなしている間にあっという間に時間が過ぎてしまう忙しさ。

毎年の事ながら、何にもできないで終わってしまうな〜この一月

そして、何処か暖かいところでバケーションを、、、とか夢見ていたのですが、完全に乗り遅れたバケーション探し、チケットもホテルも残り物は異様に高く、あほらしくなってきたので、今年はローカルでのんびりする事に。その分スパ等にゆっくり時間をかけようと思います♪

さて子育てもなんとか1年

ずっと母乳だけで頑張りたかったのですが、10月の日本の旅行を境に、ぐっと母乳の出が悪くなり(旅行のちょっと前から粉ミルクを始めたのでそのせいですが、、、)、この1ヶ月で更にどんどん出が悪くなり、母乳サポートのクッキーを食べても、お茶を飲んでも、殆ど出なくなってきました。自然の流れなのかな〜>< 

今では、授乳ごとに彼女がすわせろとねだるので母乳もあげますが、メインは粉ミルクです。あんまり母乳が入ってないと、娘は私の胸をパチパチとはたきます。出ないのが気に食わないらしい、、、叩いても出ないよ。。。と言いたい。

2、3日前から、2、3歩、数歩とちょこちょこ歩き出しました。

まだ歩ける事に本人あまり感動(?)を覚えていないようで、基本はまだハイハイ。その他引き出しが開けられるようになったり、とか、ますます目が離せません。

御陰さまで、この約1年、旅行中の便秘以外は一切病気という病気をしないでくれた娘に感謝です。健康で会ってくれれば、本当にそれだけでありがたいです。

ちなみに誕生日パーティーは無し!
家族3人でささやかにお祝いする事に決定。
というのも本人に記憶はないと思えるので、その為に親満足とゲストの為にするパーティーに使う体力が今月は無い、というのが現実

Keep going…

子育てネタです

娘ももうすぐ8ヶ月

赤ちゃんと過ごす毎日はあっという間に過ぎていきます

2ヶ月前に離乳食を始めましたが、残りは未だに母乳で頑張っている私。でも、ここのところ、授乳するのは平気なのですが、ナニーさんの為に搾乳するのが大変になってきました。つまり毎日の中で授乳するのは問題ないのですが、バックアップのミルクを搾乳するのがきつい!おっぱいの出方が変わってきたのも有るんですよね。おっぱいがパンパンに張らなくなったのはいいけど、その分余計に絞り出すのがきつくなってきたという感じです。

その上娘の飲む量はぐんぐん増え、2、3日前から、1日2回だった離乳食を3回に増やしてみました。が、それでも飲む量はあまり変わらず、、増え続けている感じ(汗 どこまで母乳だけで頑張れるかちょっと不安になってきた今日この頃です。

まあしかし、できる事は何でもやろうとがんばり中。下記、母乳作りの為にやっている事リストです。他にもおすすめが有ったら是非教えてください。

毎朝、大きめのボールにヨーグルトとシリアルで始める。内容は、、、
★ 普通のヨーグルト&グリークヨーグルトを50/50でミックスしたもの
★ ニューシーランドのハヌカの蜂蜜を大さじ1
★ チア・シード大さじ1
★ 2〜3種類のフルーツ
★ グルテンフリーのシリアル

カップ1の手作りチキン・ストック

カップ2の母乳をサポートしてくれるハーブティー

母乳をサポートしてくれるfenugreekを使ったグルテンフリークッキー(Natural resourceにて購入)

食事をしっかりとり、プロテインをたくさん食べる

心がけてたくさん水分補給

日本で同じようなサービスが有るか分かりませんが、こちらではプラセンタを粉末状にしてカプセルを作ってくれる人が居ます。産後冷凍しておけば6ヶ月まで大丈夫なのですが、そのカプセルは本当にBoostになりました。。。もうなくなっちゃったけど。
これから出産、そしてもし近くでカプセルを作ってくれるサービスが有ったら是非おすすめです。私のカプセルを作ってくれたのは、出産を手伝ってくれたDoulaのShannon。興味の有る方は下記のウェブサイトまで。

EMPOWERED MAMA DOULA SERVICES

近々時間ができた時は、Doulaのサービスについても書きたいと思います。