A big step for gluten free labeling in USA

シリアック病である私。
グルテンを食べなくなってかれこれ2年半以上が経過しています。

ちなみにシリアック病とは、グルテンを体内に取り込むとグルテンを体に悪いものと勘違いして小腸の中でグルテンを攻撃してしまう「自己免疫疾患の病気」。つまりグルテンを食べる事で、自分の体を攻撃してしまうのです。今のところ、治療法は無いのですが、グルテン摂取を止める事で健康体を維持できます。

始めの半年はまずダイエットにチャレンジする事で大変な事もありましたが、今では「グルテン・フリー ダイエット」としてはかなりプロ? 日常のダイエットにすっかり慣れほとんど不自由さは感じません。

もともと、ケーキなどの甘いものも食べないし、パンも嫌いじゃなかったけど、ドイツ人のようにパンが無かったら悲しいというほどでもなかったのが幸いしたのかもしれません。それを考えると、この病気が夫に起こらなくて良かった!と心の底から思います。

が、Gluten Freeのダイエットで一番悲しいのは、外食の場合。特に日本食を始めアジア系の料理の外食が一番ハードルが高いことです。そして日本&アジアの食品系を買う場合もグルテンを避けようとすると買えるものがすごく少ないという現実です。

昨年日本に2年ぶりに帰国した時も、本当に痛感しました。

まずアレルギーに対する飲食店での対応がほとんどないので、オーダーできるのはサラダにドレッシング無し、とかお刺身に持参のグルテンフリーのお醤油を使って食べるとか、、、そう選んでいるうちは良いのですが、泊まっていたホテルで「Gluten Freeのパンもご用意しています」と言われて食べたら30分後にはものすごく具合が悪くなってしまったり、、、あんなに具合が悪くなったのはこの2年であれ以外に無かった。ちなみに、InternationalでもTop classのホテルだっただけに残念でなりません。そしてまだまだ店頭で買う食品(缶その他も含め)、日本のFood labelingの中では小麦しか表示義務が課せられていないので、アメリカの様にグルテンを表示をする会社が少ない日本では、グルテン全体が摂取できない私には危険が多過ぎて買う事ができない、、、小麦(wheat)フリーはグルテンフリーとは限られていないので、初心者の方は気をつけて下さいね

今思い出してもあの10日間は本当にぼろぼろの体調だったので、実は日本に帰る事が私にとってfancyでは無くなってしまった訳です。勿論実家に帰って自分で何でも料理すれば問題ないと思いますが、やはり日本に帰ったら美味しいもの食べにいきたい!と思うじゃないですか?(笑

話は、アメリカでのGluten Free環境について。

私が住んでいるサンフランシスコ、ベイエリアではほぼGluten Freeのダイエットをする事に何も不便さを感じません。fast foodや小さなcafe レストランでは無理かもしれませんが、一応サーバーさんのいるレストランであれば、アレルギーに関しては大概のレストランで対応してくれます。

そして、Real Foodsなどのお店では、商品の棚にNon GMOと並び、Gluten Freeも表示されているので、Gluten Freeの商品を探すのも楽。

それに加え、2年前に比べて、商品に「Gluten Free」のプリントが入っている確率が多くなり、購入する際に確認するのがすごく楽になりました。Gluten Freeの表示がまだ今ほどポピュラーでなかった2年前は、その会社のウェブサイトにいって、FAQを読んだり、サポートにメールして確認してから買っていました。

この事を考えても、シリアック病の人だけでなく、健康ダイエットの為にGluten Freeをしている人口がこの1、2年でものすごく増えているのだと思います。つまり、それだけGluten Freeを表示する事で売り上げに直結する訳。テレビの食品の広告でもGluten Freeを耳にする事も珍しくない今日この頃です。

そして、更に、特に私のようにシリアック病で少しの量のグルテンも食べれない人間とっては大きなニュースがありました。

詳しくはsan francisco chronicleの記事(「FDA standard for gluten-free label spells relief for some」by Kristen V. Brown )で読んで頂きたいのですが、「Gluten Free」の表示のガイドラインがが2014年よりFDAによって義務づけられる事に。

Gluten freeと表示するには、その商品に『20 parts per million of gluten』以下のものだけとなります。

2004年からFDAによって、調査とガイドラインの設定が始まってから10年目の事です。でも、私達にとっては大きな一歩。

が、嬉しい反面、個人的には少し不安も。グルテンフリーの商品を作っている会社の中には100% Commitmentしていて、グルテンが製造過程にも、成分にも一切入っていないものを作る事に徹底している会社も多いのです。でも、新しいFDAの規定にのると、20 parts per million of gluten以下であれば、例えグルテンが入っていてもグルテンフリーと表示できてしまう訳です。この辺り、工場の中でのcross contaminationの事など考えると、とってもセンシティブに反応が出る私としては不安でもあります。

まあ、とにかく、今の所グルテン・フリーの定義自体が曖昧で、グルテンは成分に入っていなくても、工場内でのcross contaminationや、品質管理の為に使われているグルテンが入っていたりしてに、グルテンフリーとして売られている商品も信用できない私としては、この一歩が次の大きな一歩に繋がる為に必要なんだと思いたいです。

日本で、私は俗にいうアトピーせいの皮膚疾患でした。原因ははっきりしないけど、ぐじゅぐじゅとタダレ、皮が鱗のようにぽろぽろむける事を繰り返し、時にはとっても痛い水泡が沢山できたり、、、色々な皮膚科にかかっても診断は似たり寄ったりで、高い水を薬の代わりに買い飲んでいた事もあるし、漢方にも頼ったし、神頼みにも近い思いでお医者様を渡り歩いていた事もあります。でも結局は最後にステロイドの強い薬を塗る事しか状況を乗り切る事はできなくって、、、10代、20代、女性として綺麗でいたい時には絶望的な思いで過ごした事も沢山ありました。

でも、私の「アトピーだと思っていた皮膚疾患」も実はシリアック病の症状でした。グルテンを食べる事を止めて瞬く間に肌はすっかり綺麗になってしまいました。

シリアック病はアジア圏では発祥が少ない、という文献を多く見ますが、それは医療機関がシリアック病の症状自体をこうしたアレルギー反応の可能性として検査をしていないからだと思います。現に、あれだけ酷かった私の皮膚疾患に「シリアック病」を可能性としてとり上げた先生は一人といませんでした。

シリアック病の症状は皮膚疾患だけではなく様々。早く日本の医療機関哉お医者様の間でも、これらの症状の可能性としてシリアック病を考え、積極的に検査をできるところが増えたら良いな、と思います。

そして、もう一つ大切な事。それは日本でも早くこうしたグルテンを始めとする食品アレルギーの表示義務とガイドラインを設置してもらいたい事です。特に、薬局で買える薬やサプリメントなどは食品より更に早く対応して欲しいです。なぜなら健康を改善する為の薬やサプリメントが日々体にダメージを与える可能性もあるからです。

こうしたシリアスな食品アレルギーに対して、日本でも早く、個人レベル、そして社会レベルで意識が根付くと良いなと心から願っています。

New Spanish Restaurant

テレビでクッキングShow等も持っているCelebrity Chef、Michael Chiarelloさん

ナパにも彼のイタリアンレストランがあるので、ベイエリアの方には比較的なじみのあるシェフかもしれません。 NAPAのBottegaはとっても美味しいイタリアンレストランなので、ナパに行く事がある方には是非お勧めします。

彼のオリジナルのオリーブオイルとか、レストランの隣にあるお店で買えますが、これもなかなか美味しい!渋さに3段階あり、我が家では一番濃厚な風味のものをいつもナパに行く度に購入しています。

このスターシェフの新しいレストランが2週間ほど前にサンフランシスコにオープン。

Coqueta

イタリアンではなく、スパニッシュです。

早速トライしてきましたが、かなりの満足度。

場所はフェリービルディングから2、3分。湾に面していて、外にデザインされているBARエリアでは、桟橋が見渡せ、なかなかの景色。バーの内装はとってもカジュアルで、友人とちょっとお喋りしたい時に、ちょこちょことつまみながらの時間にはぴったりハマりそう。

実はこの箱、若いシェフが2年ほど間にオープンして、なかなか流行らずにしまっちゃった場所なんですよね。私達も一回行った事がありましたが、味は悪くなかったもののその後立ち寄る事がありませんでした。その理由には悪い訳じゃないんだけど、いまいちさえない店内?また行きたい〜と感じさせるつぼにちょっと遠いというか、、やっぱりデザインが洗礼されていなかったのでしょう。

Michael Chiarelloに変わり、どんな風に変わったのかな?とデザインに興味のある私達は興味津々だったのですが、レイアウトは前店とほぼ同じ。でも、とっても洗礼されている感じになっていました。やはりディティールに拘っているからでしょうか?ダイニングエリアは、モダンな感じで、私達が行った日は本当に満席でした。

お料理もグルテンフリーの私も半分以上オーダーできるものがあり、更にお店の方もとても細かくキッチンとチェックしてくれたので、とても安心して頂く事ができました。グルテンフリーダイエットをしている方にもお勧めできます

photo 1

photo 2

個人的にヒットだったのが、Arroz cremosa。トマトベースで煮込んだリゾット系の一品でしたが、ソースの味のプロファイルがすごく好みでした。夫に「そっちのお皿食べていいから、私にこの残りちょうだい!」と独り占め(苦笑

あと、今回はオーダーしなかったのですが、隣のテーブルがオーダーしていて丸ごと「dungeness crab」は本当に美味しそうだったので、是非次回!

gluten free party!

私がシリアック病だと診断されたのが2010年の12月

かれこれ2年ちょっとグルテン・フリーのダイエットをしている事になります。

シリアック病とグルテン・フリー・ダイエット。
この件に関しては別サイトを準備中なので、このブログではあまり細かく触れていくつもりはないのですが、正直言って1年半ほどダイエットをした所から、体が本当に変化した!と感じられるようになりました。その前は、、、正直言って自分の体を信頼できなかったんですよね。何処でどうのようにグルテンに影響を受けるか分からないので、いつ何処で具合が悪くなるか分からず、色々な事が計画できなかったり、、、日常の中で体調に対する不安がすごく多かった。でも、この半年位、すごく自分の体が強くなり、そして正常に戻っている事を感じる事ができて、毎日の中ですごくポジティブに色々な事に対処できるのです。単純にいえば、以前は体調が私の毎日を支配していたのですが、今は私が自分の体を管理していると感じられる。

こうして健康な体を取り返してみて、体の何処かがいつも正常に機能していなかった三十数年の事を思うと、体調のせいでできなかった事、また、私の可能性が制限されていた事を、取り返せるものなら取り返したいと思う事も在りますが、その思いは今こうして元気に健康になった事で帳消しにして、私の経験をシェアする事で、過去の私のように、体の何処かの異常に苦しんでいる人、もしくはその体の何処かが悪いと気づかずに、毎日の中で知らずにダメーヒ&ストレスを当たり前のように受け入れていて過ごしている人達のヒントになれるようになれたら思います。

さてさて、ここベイエリアは健康志向&Healthy eatingが全米の中でも一際進んでいる地域ではないかと思いますが、私のようにシリアック病でない人も、グルテンフリー、乳製品フリー、ベジタリアン、ビーガン等など様々なダイエットを取り得ている人達が沢山います。

そして、同じ世代の女友達の中で子供が欲しい人達は、東洋医学(特に鍼や漢方など)に通う人も多く、そうした先生はかなり厳しいダイエットも推奨するので、ホームパーティーの時などは、ゲストの皆さんが一通り食べる事ができるものを用意するのもホストの努めです。

そんなカルチャーが自然にいきている場所なので、私がグルテンを食べれないといっても、ホームディナーに招待してくれる友人達もみんないやな顔せずにものすごく気を使ってお料理を用意してくれるます。その度に、本当に有り難いな〜と感謝の気持ちで一杯に、、、

当然、我が家で友人を招待する時にもゲストには一通り特別なダイエットをしている人がいるか、特に嫌いなもの宗教上で食べれないものがないか?などのチェックをします。これはやはりアメリカのホームパーティーやイベントなどをホストする時にはチェックした方がいいかな?せっかく遊びに来てくれた友人が何にも箸を付けられず、、、では悲しくなってしまうと思うから。そして、そういう質問には日本流の「遠慮」はせずにしっかり、自分の好みやダイエットを伝える事も大切。

グルテンフリーの料理が普通の我が家では、糖尿病を患っている友人以外のリクエストは比較的楽かな?乳製品フリー、ベジタリアンなどは、出来合のものでなく家で作ったものであればハードルの高いダイエットではないと思うし、そう考えてみるとシリアック病にか持っている人のグルテンフリーが一番めんどくさいかもしれません。と言うのも、Cross Contamination、つまり台所や加工食品を造っている工場の中でグルテン製品を取り扱っていると混ざってしまう事が在るからです。分かりやすくいうと、グルテンフリーのパンを普通のパンをトーストしたタースターの中で焼いただけで、普通のパンのかすなどがついてしまって、かなりの可能性でグルテンが口に入る事に、、、我が家でも、たまに夫は普通のパンをトーストしていますが、彼は使った後にトースターの網を綺麗に水洗いしてくれます。ちなみに、グルテンは熱で壊れないので、普通の小麦粉を使った天ぷらを揚げた油でグルテンフリーのものを揚げても意味が在りません。この辺は分かっていないレストランなどで平気でミックスしているので、必ずサーバーの人にチェックしてもらう必要があります。まあ、そういう事情もあり、我が家ではチーズなど以外はほぼ99%自家製。缶もの瓶ものなどの商品を買う事もほとんどないです。出来合のものになればなるほど、工場や作られている環境がグルテンフリーになっているかどうか分からないからです。

さて、先週末は夫の大の仲良しの女性がNYCから遊びに来たので我が家にディナーをホストしました。彼女はMSを煩っていて、やはり、グルテンを食べない方が調子は良いそうです。その他にも2人、グルテンフリーの方が調子がいいという事で食べないカップル、一人が乳製品フリーのダイエット。。。我が家的に結構難しいのが、乳製品フリーかも知れません、ミルク、生クリーム、チーズって、こってり派の我が家はレシピの中で使っている事が多いので、、、

という事で、グルテンフリーのご家庭のインスピレーションいなれば、と思い、ディナーのメニューをご紹介します

ベジタリアンにはなりませんが、ベルペッパーのプロシュート巻きに3種のdipping source - レシピは下記参照

ベジタリアンにはなりませんが、ベルペッパーのプロシュート巻きに3種のdipping source – レシピは下記参照

自家製グルテンフリーのパフに2種類のfillings - レシピ下記参照

自家製グルテンフリーのパフに2種類のfillings – レシピ下記参照

marmars' marketで仕入れたルッコラと人参のサラダ。人参をものすごく細かい千切りにする事で甘さが何倍にも、、、

marmars’ marketで仕入れたルッコラと人参のサラダ。人参をものすごく細かい千切りにする事で甘さが何倍にも、、、

.

Sunday Supper menu

自家製グルテンフリー・パフ 2種類のFilling

  • Avocado Mousse
  • Anchovy & Garlic & Quark cream
  • Puffはトーマス・ケラー氏のグルテンフリーのFlourを使っています。レシピはこちら

ベルペッパーのプロシュート巻き 3種類のディッピングソース

  • green herbとオリーブオイル – これが一番人気があったかな?
  • パルメジャンとブルーチーズ風味の自家製マヨ
  • ハンガリアン Sweet paprikaとオリーブオイル

シュリンプ・シビーチェ

アルグラと人参のビネガレッテサラダ

骨付きリブアイのロースト with
– red wine source
– 自家製herb butter

スイートコーンと舞茸

Cipollini onionの蜂蜜とバルサミックの煮付け

弟が送ってくれたお米をだし昆布+トマト+poblano pepperと炊き込んで、、、

JAPAN :)

久日ぶりに日本行きの話が浮上

2010年の夏の終わりにいったきりなので、まるまる2年帰国していません

まだ80%で、確定していないのですが、
丁度帰る頃には両親はネパールに行っていないらしい

もう10年以上離れていると、
友人も少ないし、「何しようかな?」と思っても、
家族や親友との時間を過ごす以外は、
特に東京で何をしていいか、さして思い浮かばず
(かといって日本国内で旅行するにはちょっと時間が足りない、、、)

そんな事を夫に言ったら、ちょっと白い目で見られてしまった(苦笑

やっぱり美味しいものを、、と思っても、
私の場合「グルテン」の問題があるんですよね
日本のレストラン、そして売っている食品等、どのくらい対応しているのだろう??
まあ、最悪はしゃぶしゃぶと
グルテンフリーのお醤油だけ持っていって、お寿司屋さんを渡り歩こうかと思っています

次回もまた行きたいロンドンのレストラン

サンフランシスコはLabor Dayのこの週末大変よい天気です〜♪
海からの風邪さえ無かったら文句の無い天気。
明日はもっと気温が上がるようなので、ローカルの方はこの天気を楽しんで下さいね!

さて、お約束したロンドンでのGluten Freeオプションもある素敵なレストランをご紹介します。

NOPI
http://www.nopi-restaurant.com/

ロンドンはローカルではないので、シェフの方の事等詳しくは知れませんが、
お料理は自信を持ってお勧めできます♪

ホテルのコンセルジュにオフィスのあるGolden SQ辺りで良いレストランが無いか?と聞いたら、ここをお勧めしてくれたそう。そして、その日のお昼にオフィスのディレクターが偶々夫をランチに連れて行ってくれたのもこのお店だったそう。オーダーしたどのお料理も美味しく感動したので、夜には私を連れて行きたかったのだそうです。

実は朝からずっと前日に摂取してしまったらしいグルテンで具合が悪かった私、もう体力的にも精神的にもげっそりだったので、夕飯はスキップしたい所だったのですが、行って良かった!の一言です。

面白いのは、コリアンダー等のベイエリアではあまりメインとしては使われないようなスパイスがかなり強烈に効いているお料理が多かったのですが、バランスが良く、そして塩加減も絶妙で、素材の味とバランスがとても良く取れていて、季節の野菜等を多く使ったメニューの数々に感動。本当に具合が悪くなければ端から全て食べたかったです。

サンフランシスコで食にスポイルされてしまうと、味にはかなりうるさくなってしまいます。と言うのもシェフの腕云々と共に、このベイエリアで作られたオーガニックを中心とする美味しい素材を当たり前のように食べる事ができてしまうので、お肉にしても野菜にしても、その素材自身の味にうるさくなってしまうというか。。。でも、こちらのレストラン、夫から一口貰ったラムも、他の野菜を中心としたお料理も差財自身が美味しく、さらに様々な素材の味の折り合わせたメニューもちょっと変わった取り合わせで面白かったし、美味しかったです。

例えば、
Roasted aubergine, feta, coriander, pomegranate 茄子とコリアンダー、更にザクロの実という組み合わせとか、私が特に好きだったのは、珍しくはないかもしれませんが、Sweet potato, figs, goat’s cheeseという一品。

席に着くなり、まずは私のダイエットの事をサーバーの人に話すのが習慣となっていますが、話し手すぐに「グルテンフリーのメニューだけを載せたプリントがあるので待っていて下さい」と持って来てくれました。

この不思議なデザインのゴールドの照明が白と木目を貴重としたシンプルな店内のデザインと微妙にエッジーな雰囲気をだしているのが素敵

地下にはオープンキッチンと大きなコミューニュ・テーブルが二つ 

レストランによっては、グルテンフリーにできるのは2、3品だけという所もたまにありますが、、、このレストランでは、グルテンフリーの特別メニューがある訳ではなく、通常のメニューのどれにグルテンが入っていないか、と分けてあるだけです。多分70%以上の通常メニューがグルテンフリーのプリントに載っていたはず。だから、すごく限られてる!という思いもしないし普通に他の人と行っても選べる余裕があります。

お料理がおいしかっただけではなく、個人的にインテリアも大好き。友人等でわいわい地下のコミューニュ・テーブルを借り切るのも良いですね。そうそう、、お手洗いはかなり必見。あんなトイレが家にあっても良いかも(笑

Gluten free flour

カリフォルニアはナパの三ツ星シェフ
トーマス・ケラー氏自らが作り出したグルテン・フリーのflour

cup 4 cup

何処でも売り切れだったのですが、
なんとGilt Tasteで送料5セントで売っている事を発見!

私は甘い物好きではないので、グルテンフリーのダイエットを始めてからも
そんなに苦には感じなかったんですよね

ケーキが食べたいとか、パンが食べたいとか、
そういう願望がもともと湧いてこない方なので、、、

でもやっぱり、1年半位食べていないとちょっと、カップっとやってみたくなる、、、(笑

なので、このFlowerを使って、自分でいくつかトライしてみようと思います

あと、これでお好み焼きは作れるのか、、、ちょっと挑戦
グルテンフリーにしてから唯一涙が出るほど食べたいのがお好み焼きです(><)

結果報告しますね

グルテン・フリー in NYC

2月に行ったNYCでは行った時、前々から調べていて行きたかった
イタリアンレストランに行ってきました

masayosan、リクエストありがとうございます
ずっと書こうと思っていてそのままになっていました

さて、レストラン、ウェブサイトが何ともシンプルで(汗)、
行ってみるまではどんな場所なのか定かではなかったのですが
偶々夫と2人でランチに時間があったので、
ユニオンスクエアの彼のオフィスからタクシーに乗り、早めのランチにをトライする事に

ウェブサイトを見る限りはレストランとしてだけではなく、
自家製の様々なグルテンフリーのパン等も通信で購入できるようになっているようだったのと、
更にはグルテンフリーのコンサルティングみたいな事もしているようで、
すごく興味があったんです

行ってみると小さくって本当に可愛いイタリアンレストラン
運良く早めに着いたので座れましたが、
きっと15分遅かったら入れなかったかも、、、

なので、行かれる際には予約をお勧めします

テーブルについて、サーバーの人にちょこっとグルテンフリーについて聞いてみると
こちらのレストランでは、cross contamination についてもとっても繊細
サンドイッチ等を作る際も、
カッティングボードで他の素材と交わらないように等細かく配慮しているとの事

フォカッチャ等のサンドイッチメニューも沢山あり、
久しくサンドイッチも、ピザも、食べていない私は、
本当にオプションの沢山あるメニューで迷ってしまったのですが
ピザにしました

ピザ生地も本当のグルテンの生地に比べたらモチッと感はありませんが、
時にあるグルテン特有の変な味もしなくってパリッとしていて美味しかった!
そしてイタリアンレストランだけにトマトソースが美味しい

写真を撮り忘れたので、食べかけの写真で失礼します

そして久々のミートボール♪
(ミートボールって基本的にブレットクラムが入っているのでレストランでは食べれない)

周りを見渡すとリゾットをオーダーしている人が多くて、
ふと思ったのですがレストランの名前から察するに、
きっとリゾットでも有名な場所なのだと思います、、、
私は頭の中が「グリテンフリー」でいっぱいだったのですが、、、(笑

カップケーキはさすがにメールオーダーできないそうですが、
このお店の自家製のパン屋ベーグル等は
アメリカ国内でなら多くのグルテンフリーの商品をメールオーダーできるそうです

我が家では今まで見た事の無かったパスタを売っていたので、
いくつか買いだめしてサンフランシスコまで郵送
どちらかというとライスパスタという感じであっさり系
味は美味しい事は美味しかったけど、ちょっと腰が足りない感じのものでした

滅多に甘い物を食べない私ですが
たまにはと、カップケーキとエクレアを買って帰りかなり上機嫌

Risotteria
270 Bleecker Street,
between 6th / 7th aves. NYC.
212.924.6664.
http://www.risotteria.com/