ハンバーガーが食べたい!!!

グルテンフリーのダイエットを始めてから、個人的に食べれないものができてストレスにはなっていないのですが、やはり、たまに、「食べたい!」と思うものはもちろんあります(苦笑

挙げだしたらきりがないけど、

かりっとした薄生地のピザ
美味しいレストランでのホームメイド・パスタ
お好み焼き
おうどん
おそば
パン
ケーキ

もともと甘いものは食べない方なので、ケーキとかクッキーとかは全然恋しくならないのと、まあこうしたものが食べれないお陰で、無駄な体重増加が無いという特典もあります。でも、たま〜〜に味が恋しくなるときはやはり寂しい。

基本的にはおうどん、おそば以外は、グルテンフリーのものを買うか、自宅で料理すれば、結構いけるものが作れるのですが、やっぱりレストランでプロに作ってもらったものが食べたいという時が寂しくなる瞬間です。

ちなみに、人からは、「そんなに食べたかったら具合が悪くなるの覚悟で食べちゃえば?」と言われるのですが、具合が悪かった頃の事はトラウマになるほど辛く嫌な経験だったので、今はもうそこまでして食べたいという願望は無いんですよね。何よりも、グルテンを止めてからの健康な体&精神を味わってから、それを害したくないというのが一番の理由です。

アメリカでのグルテンフリーの認知度(?)、どのくらいレストランなどで対応しているか?という事の例を一つ。。。

つい最近、バーガーが食べたい!と思っていたところ、友人からIn and outではパン無しできちんと対応してくれるよ」、という情報を。そして、色々なウェブサイトをみてもそんな事が書かれていたので、いってきました。

ちなみにIn and outは、冷凍の材料はなどは一切使っていないフレッシュなバーガーとフライを作る事で有名な人気ハンバーガーの有名なお店です。我が家の近くのフィッシャーマンズ・
ワーフにも一軒。

その場で全てを作っているので、グルテンについてもコントロールがしやすいというか、マネージメントさえしっかりしていれば、私達のようにセンシティブな人も食べれるはず。。。

お店に行って注文カウンターでシリアックである事を伝えると、「じゃあ、Protain Styleですね」と、オーダーを取ってくれた人もきちんと対応してくれました。フレンチフライの揚げ油にはポテト以外は何も入っていないという事も再確認。

パンの代わりにレタスがたっぷり

パンの代わりにレタスがたっぷり


.
と、グリルド・オニオン、チーズ、サウザンアイランドソース、トマトのトッピングも全てADDして出てきたのがこれ。パンの代わりにレタスがたっぷり。パン無しなので、王道のバーガーとは言えませんが、ファーストフード店でオーダーができる事を考えると文句は言えません。

久しぶりのジャンクフードの味。。。。正直言って楽しんでしまった。

が、2時間ほど後にちょっとリアクションが。。。リアクションと言っても顔&首の辺りがちょっと痒くなる程度の軽いものだったのですが、この日は他に何もリアクションが出るものは食べていなかったので、原因はIn and outで食べたものとしか言えない。。。

更にオンラインでリサーチしたところ、可能性としたは、1)グリルド・オニオンはパンをグリルする場所でグリルされている可能性が強いのと、パンをつかむ調理用具がオニオンとシェアされているらしいという事。2)サウザンアイランドソースが怪しい

という事で、次回はオニオン、サウザンアイランドソース無しでトライしてみたいと思います。

ちなみに私はすごくセンシティブに反応が出る方なので、こうしたCross contaminationもかなり気をつけなくてはいけませんが、もしグルテンに少しアレルギーがある程度の方だったら気になるほどのものでもないかもしれませんね。

塩麹&ハーブマリネ チキン

先月友人カップル達を招いてのディナーで作った塩麹&ハーブマリネのチキン。ゲストの2人はプロのシェフだったのですが、とても気に入ってくれて、旦那様の方は、「もう一つ♪」といくつも食べる位好評のレシピだったのでシェアします。

と、言っても、レシピというほど難しくはありません。

材料 for 4~6 people

  • whole chicken – 2
  • タラゴン – 4~6 stems
  • オレガノ- 2 stems
  • パセリ – 3~4 stems
  • ガーリック – 1 cloves, roughly crushed
  • 塩麹 – about 2 table spoons – see note
  • レモン・ゼスト – レモン1つ分の皮のゼスト
  • 胡椒 – to taste
  • オリーブオイル – 1 cup

photo-11

作り方

      1. チキンは、ドラムスティック、手羽、ももの部分、胸の部分に分けます。勿論骨付きのままで、、、残った骨はチキンストックに使いましょう
      2. タラゴン、オレガノ、パセリは荒めのみじん切りにします。今回のKey ingredientはタラゴンなので、タラゴンはたっぷり使ってみて下さい。ガーリックはスライスでも大丈夫ですが、風味が回るように私は荒めのみじん切りに。
      3. 2のハーブとガーリック、塩麹、レモン・ゼスト、胡椒とオリーブオイルをミックスします。上の分量に忠実ではなくて良いので、このハーブのマリネ液をチキン全体に馴染ませる料を作ります。写真位の混ざり具合、、なので、ハーブが少ないな、と思ったら足して下さいね。味に関しては、今回は塩味は全て塩麹でだすので、このハーブのマリネ液を混ぜて、「ちょっぴりしょっぱいかな?」位に調整します。
      4. チキンをボールに入れ、マリネ液をまわしかけます。よく手でミックスしてから、ジップロックに移し、最低でも12時間は冷蔵庫でつけ込みます。この時、ジップロックから空気はできるだけ出すように、、
      5. 翌日ディナーの2時間前位にジップロックを冷蔵庫から出し、室温に馴染ませます。
      6. オーブンは350 Fahrenheitに
      7. チキンをクッキングシートに並べオーブンに入れます。だいたい、ローストする時間は40〜50分位だと思うのですが、途中、色が少し良いきつね色になりだしたら裏表を返します。こげない程度に焼き色をつけた方が美味しいと思うので、これはそれぞれのご家庭のオーブンの調整次第という事で。

.

ちなみに、今回味が絶品だったのは、購入した鶏自身が美味しかったというのも大きな理由。我が家はHayes ValleyにあるFatted Calfでいつも購入しています。前もって頼んでおけば、頭と足もとって置いてくれるので、必ず残った骨と頭と足からチキンストックをつくります。その内我が家のストックリシピも乗せますね。ア、ちなみに、自分で鶏はさばけない、という方も、Fatted Calfでは、前もってどんな風にさばいてもらいたいのか伝えれば、さばいてくれますよ。

今回のチキン、フレッシュハーブを使っているので、グルテンフリー。