やっぱり車

サンフランシスコ

市電とバスがかなり通っているので、車がなくっても行きていける街です。というか、街自体が小さいので、自転車だけでも十分生活できます。

どのくらい小さいか?と言うと、東から西に車で走って30分位

でもこの小さな中に色々な街の顔があり、また海に囲まれとても綺麗な土地なので、住んでいて飽きないのですけど、その小ささがあわない人はやっぱり引っ越していってしまいますね〜 

私なんかは江戸っ子で、東京が一番!と言っていましたが、今ではもう東京のような大都会に戻りたいとは思いません。と、言うか、戻ってももう順応できない、、、、昔はNYCにちょっと住んでも良いね〜等と夫と話していた事もあるのですが、今はこの北カリフォルニアの生活から場所替えしたくない、というのが色々な意味で本音です。

渡米後、始めの数年は車無しで生きていました。日本でとった国際免許も当然切れてしまったし、ゴールドだった日本の免許も、日本をでてから4年帰国しなかった(帰国できなかった)ので切らしてしまいました。

3年ほど前(だったと思う)に車の免許をサンフランシスコで取ったのですが、やっぱり車があると、この小さな街でも便利&楽!!!

そして何よりも自分一人での行動範囲が広がったのが一番嬉しいです。

2年ちょっと前にまだ一人で遠出運転は怖い〜と思っていた時期に、San Rafael(サンフランシスコから車で北に30分ほどの街)に、初めて一人で遠出の運転をしてお客さんに会いにい行きました。新しいお客さんに会うよりも等での運転する事の方がナーバスだったという、、、(爆 でもその時に「ナビがあれば何処でもいける〜」と自信が付き、今ではお仕事でもサンフランシスコ外のクライアントさんも沢山増えました♪

日本みたいに電車やバスが信頼でき何処にでも通っていれば別かもしれませんが、やはりアメリカでは車に乗れると「生活の中の自由」を確保できます。

また、今住んでいるところで免許をとっておけば、サンフランシスコのように公共の乗り物が発達していない地域や、車無しでは生活不可能な他州に引っ越す際も、リスクが少なくなり、行動範囲が制限される事も無くなるのでオプションが増えると思います。

あ、ちなみにカリフォルニアで免許を取るのは恐ろしいほど簡単なので、もし運転景観をした事が無い人は、しっかり経験のある人に練習に付合ってもらうか、Driving Class等をとる事をお勧めします〜 私も運転しなくなってからかなり経っていたので、サンフランシスコで運転を教えている日本人のプロの方のクラスを3回ほどとりました。テストのこつなども教えてくれるのでお薦めです。

一晩で3ミリオン集めるFundraiser

SFは夕方少し風がでてきましたが、暖かくて半袖で楽しめる天気の週末。

友人達はサウサリートのビーチでピクニックしているようですが、私はギャラリーのWebsiteのdeadlineが迫っている為、3時位まで家にこもって仕事。夫はドイツで家族と過ごしているので、仕事を一段落させた夕方、私はのんびりノースビーチのカフェにいってきました。

さて、2週間ほど前に出席したNon profit organizationのFundraiser。

私のブログにも毎年紹介させて頂いていますが、College TrackというCollegeやUniversityに行きたくても行く事のできないHIgh Schoolの子供達をサポートするグループです。

College trackでサポートを受けた子供達の90%が現在4年制のCollegeに通っているか卒業しています。

College trackでサポートを受ける子供達には低所得世帯からの出身も多く、85%のCollege trackの生徒達は彼らの家族の中で初めてcollege に行くという子供達です。そんな彼らに学校外での勉強のサポートだけでなく、彼らが学校に行き何を学んでいきたいか?を見つける機会を作り、地域活動をはじめ、子供達に様々なネットワーキングやメンターを出会える機会も作っています。

勿論、学習していくうちに学校を決め、経済的なサポートを必要とする子供達にCollege Track自体から得られる奨学金や学校から得られるものまで、様々なサポートが細やかに配慮されています。アメリカの大学を卒業するとfinancial aid等からお金を借りて卒業する学生も沢山いるアメリカ。私の語学学校の先生も、卒表15年以上経った後もまだ借金を返していると言ったのを覚えていますが、今年のCollege trackのスピーチをした何人かにはCollege trackのサポートと奨学金で、借金無しで4年制を卒業できるそう。

今年スピーチをした生徒の中には、ソーシャル・セキュリティーを持っていない為成績はあるもののCollegeに受け入れられなかったという子もいて、そんな彼女のケースもCollege trackはサポートし、彼女の学校への道を開いています。

故Steve Jobs氏の奥様、LaureneさんがCo-funderの方と始めたこの団体は1995年より地道な活動を続けています。East Palo Altoから始まった小さな活動は、今ではOakland、San Francisco、New Orleans、Aurora、そして Los Angelesに支部を持つ団体に成長しています。

夫がSteve Jobs氏と長年仕事をさせて頂いたご縁で、私達も長年この団体をサポートしているのですが、ここ2〜3年の成長は数年前に比べて目を見張るものがあるように感じます。そして毎年Fundraiserでスピーチをする10代の子供達の話には、もっとこうした団体が地域社会をサポートしていかないと、まだまだ教育を受けたくても受けられない、そうした選択が無い子供達が沢山いるのだという現実を理解する機会にもなります。

College trackは1年に一回、寄付を集めるFundraiserが6月にあります。私も夫とであってからずっと参加していますが、実はサポートする側としても楽しみにならざる得ない特典が盛りだくさん。

まずは、College TrackをサポートしているPixarの提供で、毎年公開前のPixarのアニメーションを観る事ができます。今年はもうすぐ公開となるMonster UniversityをFundraiserが行われたPixarの敷地内にある私設シアターにて観る事に。

Suffolk-voice

私がPixar Studioで開かれたFundraiseに出席したのは二回目ですが、勿論Studio内のツアーもあるので、Pixarの数々のアニメーションの原画やストーリーボード、粘土で作られた模型等々、大人が見てもワクワクします。勿論、そんな訳で、こうした子供でも楽しめる会場の場合は子供を連れてくるサポーターも沢山。

何年か前にはLucas FilmでFundraiserがあり、ヨーダの実物大のスカルプチュアをはじめ、もうファンでなくても飛び上がりたくなるようなStudioツアーでした。Lucas filmの中はコネでもないとツアーはできないので、またやって欲しい、と密かに思っている私。今度あったら家族か友達を是非招待したい!

こうした恵まれた会場を使う事ができるのは、Jobs氏のPixarやLucas Film等とのリレーションシップの恩恵と想像するしかできませんが、、、そのサポート今でも変わらず続いているのは、やはりCollege Trackの活動が地道にその成果を上げる為に続けられている事への共感から来るものだと思います。

さて、今回はディナーやオークションが始まる前に大人も子供も楽しめるクラスが用意されていました。クラス兼ちょっとしたスナックやドリンクを楽しめるという趣向。

* DJブースでプロのDJがスピンの仕方を教えてくれるクラス

* TVなどでも有名なチャイニーズのシェフがラーメンの麺の作り方を実演=ゲストも実際に麺を引き延ばす練習ができるクラス。そしてその横ではミニラーメンが食べれます。

* プロのダンサーが踊りをヒップホップを教えてくれるクラスでは、子供からハイヒールの女性、おばあちゃままで楽しんでいました

* カクテルブースでは実際にカクテルを作れるクラス

* ピザの生地を空中に投げて広げていくクラスなど

photo 4

photo 3

photo 2

photo 1

大人も子供も正に楽しめるもの。こうした遊び心が盛りだくさんのイベントが毎年織り込まれている事も、私達を含め、サポーターたち自身がCollege TrackのFundraiserを楽しみにできる理由だと思います。

そして、この後はディナーとオークションがある訳ですが、会場のデザインはカジュアルで、今までの中で一番私好み。白のソファー+カラフルな色使い。

photo2 2

こうしたカジュアルなセットアップって、同席する人とも気軽に話しやすい感じです。丸テーブルの典型的なFundraiserのセッティングだと、今いち乗りがあわない人が隣になっても終わりまでなんとか話さないといけないし、、(苦笑

今回は友人カップルとその他Pixarのシナリオライターのおばさまや他州から来られた70+のおばあちゃま達などと同じ席になり、気軽で楽しいテーブル。食べ物もピザをはじめファミリースタイルで美味しかった〜

ちょっと長くなってしまったので、オークションのお話などは次回に♪

Baby Showerの色々

Baby Shower
何よりも色を考えたり、デコレートするのが楽しいです!個人的に花のアレンジが大好きなので、他にやりたいという人がいなければ、Flower decorationを担当させてもらう事多し。

s_L1124635

s_L1124617

s_L1124613

今回は、mom-to-beの仲良しにどんな花の色が好き??と聞いて、更に赤ちゃんが男の子という事もあり、あまりGirlyにならないように白とグリーンを貴重にアレンジメントを仕上げました♪ ちなみにお花は贔屓にしているお花屋さんに1週間ほど前にどんな花が欲しいかオーダーを入れ、前日にピックアップしてバスルームなどの冷暗所に置いておきます。そして当日に思うままにアレンジ。とっても喜んでくれたので嬉しかったです。

旦那様はオーストリア出身
彼女はドイツのミュンシェン出身

彼女とはお互いず〜っと子供が欲しいね〜と、妊娠したいタイミングが一緒だった事もあり、かなり仲が良い友達。彼女が妊娠を確認した時にはTextで妊娠検査のスティックの陽性反応の写真を送ってくれました。彼女から連絡貰った時には私もうれし涙がぽろり。と、いうのも彼女は、IUI(人工授精)三回目にて妊娠。実は彼女も自分で注射もできない、旦那さんも彼女に注射してあげる事なんかできない!というカップルだったので、体外受精に踏み込む事になったらどうするのだろう???と、とても心配していたのでです。(体外受精となると2、3週間下腹に注射を毎日しなくてはいけないので、、、)

いまからジュニアに会えるのが楽しみ♪

さて、私も周りの友人に子供ができるまで、BABY SHOWERって何???? という感じだったのですが、多分これはアメリカ独特のイベントと思います。最近は日本でもちょっと流行り始めたみたいですが、ヨーロッパ出身の友人達にとってもまだ「なにそれ?」的なイベント。

起源は、多分、House warmingと同じで、これから子供を迎えるお母さんカップルを友人達でサポートするという感じで始まったと思います。基本的には、出産4〜8週間位前にパーティーをして、子供の洋服などギフトを持って参加します。このパーティーで色々Baby Goodsのギフトをもらえる事が予想されるので、それを見込んでBaby用のお買い物をするのをBaby Shower終わるまで待つ人も結構いるはず。

これは勿論、するかしないかはお母さんになる人の選択だけど、パーティーの前に、parent-to-beはGift registryのアカウントを作って、こんなギフトが欲しいはというリストを作る事ができるんですね。なので、Baby Shower参加者で、ギフトアイデアに困った際には、シンプルにそのリストの中からオンラインで注文をすれば、ギフトが直接届くという便利もの。wedding registryと似たようにシステムです。結婚式のギフトよりも、特に子供のギフトはお母さんやお父さんのスタイル好み(オーガニックのものが良いとか?)や、何が必要か(オムツが良いか、哺乳瓶が良いか?)等もこのリストで分かる事を考えると、これがあげたい〜というものが無い限り、gift registryからセレクトしてあげるのも悪くないと思います。

ちなみに我が家であげるBaby Showerのギフトはいつもこちらのお店から。日本から輸入している子供服で、オーガニックコットンを使っていてデザインも可愛いので、選んでいる私の方が子供になって着たいぐらい(爆 裁断する前に2回ほど洗っているので型くずれもしにくいとの事。

一般的にBaby ShowerはGirls Only :)でされる事が多くて、更に週末などの午後を使ってAfternoon teaというか、カップケーキや軽食を用意して、女の子同士でわいわい♪ ちょっと笑えるゲームなどをする事なども多いです。時間も2〜3時間ぐらいで、誰かの家でやる事が多いのではないかな? でも、会費制にして、レストランなどでやるのもありありです。

うちの周りでは何故か、、、多分生粋のアメリカンファミリーがほとんどいない事もあり、いつもBoysたちも含めての大きなパーティーになる事がここの所ほとんど。楽しい事は楽しいのですが、幹事になると場所探しで大変です。今回も40人+のパーティーだったので結構ギリギリまで決まらず、私が見つけたSweetiesというバーのBack Roomで。裏にはパティオもあり、ニッチュのパーティーで子供も多かったのでPerfectな場所でした!

基本的にお父さんお母さんになるカップルには一切負担をかけないのが普通。だから会費制にしない場合は、幹事が費用を持つのでその辺もよく計算しないと、、、なんですよね(苦笑 

今回は私も含めて3人で幹事したので、場所代とワイン、シャンペン、メインのお料理などは私達で出して、あとはゲストの女の子達にポットラックで色々お料理を持ってきてもらったのでなんとか予算内で終わりました。こういう感じなので、幹事が複数いて、予算などで意見が合わないとかなり骨を折る事に、、、

男性の参加が無い時にはアルコールのでも少ないので、バージンカクテルやジュースバー、Teaセクションを作るのも喜ばれます。

男性の参加が無い時にはアルコールの出も少ないので、バージンカクテルやジュースバー、Teaセクションを作るのも喜ばれます。

カップケーキは女子パーティーでは定番中の定番。今回は感じの一人の手作り。

カップケーキは女子パーティーでは定番中の定番。今回は感じの一人の手作り。


.

デコレーションとしてはお花、バルーンなどは定番でしょうか? ゲストの人が持ってくるギフトを置けるGift Tableを用意するのも大切ですよ〜。

今の所周りの仲良しで妊娠している人はいないので、しばらくBaby Showerは無さそう。

Baby shower

年明けから、またブログを書くスピードが落ちていますが、
いつも遊びに来て下さる皆様ありがとうございます

先週末は友達のBaby showerでした
正確に言うと私はホストではないのですが、90%位organizeしたので、
showerが終わってかなりほっとしています

ちょっとビックリしたのが、
ホストの子が「好きな人を呼んでね」と、mama-to-beにいったら、
なんと70人+のゲスト・リストが送られてきました

それにはホストだった彼女の親友もビックリ
というのも、baby showerは本人は何にもしないのがふつうなので、
70人分のパーティーをorganizeするのはホストに責任がある訳
勿論、ポットラックにすれば食べ物など友人に振り分けるのも可能ですが、
場所&飲み物等、やっぱりホストには負担はかかります

そしてちょっと減らしてね〜
といったら40人位のリスト
で、彼女の場合は友達のパートナーも是非呼びたいという事になって、、、
男性も含めてのbaby showerとなりました
最終的に40+のかなり大きなイベントに、、、、

彼女の好みを聞いてお花はカサブランカのみを会場中にディスプレイ

baby shower 普通は午後にリラックスできるスタイルが一番多いです
Champagneは欠かせないです でも妊婦さんへのバージン・カクテルも忘れないように

Cup cakeはアメリカのカジュアルパーティーでは欠かせないデザート・オプション
メインのデザート、夫に協力してもらって彼の絶品ティラミスを作ってもらいました

ところで、baby shower
通常は出産前のお母さんを囲んで女友達が開くパーティー
お母さんになる人の親友とか、お母さんになる人の姉妹とかがホストになって
出産前の1〜2ヶ月前位に開かれます

週末とかのAfternoonで女性の集まりだけに、
サラダ、スイート等等、軽食と、カクテルや飲み物
そして、友人達はギフトを持ち寄ったり、
お母さんになる人が予めbaby registryなるものに欲しいものリストを選んでおいて
お好みのものを送ってあげるという感じです

なので、出産前のカップル、baby showerが終わるまで
babyの物を買うのは待っている、という人も多いと思います

こちらpopularなbaby registryのサイト

http://www.giggle.com/
http://www.modernmom.com/

アメリカン・カルチャーは輸出が得意ですが
baby showerも最近は日本でも流行り始めているのでしょうか?
勿論、私が日本を出た10年+前はそんなものはありませんでしたけど、、、
ハロウィーンが定着し始めているのを見ると、
baby showerが日本で当たり前になるのもほど遠くないかもしれませんね

ちなみに毎週末に夫のお母さんとiChatするので、その時にこのパーティーの事を話すと
「そんな習慣はドイツには無いわ」とちょっと不思議そうに話を聞いていました

Growing Family – 1

先週末は友人の娘さんの2歳の誕生日のパーティーに行ってきました


私からのプレゼントはFlower Crown♪

「She has everything」と言うと大げさだけど、
私達の年代でできた子供って、親が比較的に経済面で安定しているのもあって、
洋服でも何でも足りる以上に足りている感があります
お金で買えないもの、と言うと何だか大げさだけど、特別なものを贈りたかったので、パーティー当日の朝に内職、、、けっこう上手くできました。本人も喜んでポーズしてくれたから、気に入ってくれたみたい


他の友達は子供用のロッキング・チェアーをプレゼント

以前のブログから読んで下さっている方は知っているかもしれませんが、2009年と2010年は空前の(笑)ベビー・ブームだった我が家の友達ネットワーク。仲の良い友達の間で15人位ポンポン!っと子供が生まれ、ベイビー・シャワーなどで忙しかった訳ですが、年月も経ち、去年からは我々の誕生日プラス子供の誕生日パーティーのお呼ばれでかなり忙しい感じ、、、もう、ただでさえしょっちゅう会っている友達だけど、ますます会う事が多いです

そして、何処に行っても、子供ばっかり
でもこの子達が、また天使のように可愛いんだよね(今だけなのだろうか?)

そしてこの日にきていた友達2人が「2人目ができたの〜」と、またもや”おめでた”の報告が!女友達と話すと、皆2人目が欲しいと言っているので、きっとこれからまたおめでたニュースが続くに違いない、です