SFMOMA Contemporary Vision Award

皆様、お元気でしょうか?
ふと気がつけば前回記事を書いたのは9月のハワイでの休暇について、、、、あっという間に駆け去って行った10月でした><

ここ3週間ほど、娘の奥歯が生え始め、夜中の2時前後に泣いて起きることが3日に一回ぐらい。その度に私は2時間近く授乳を強制され(苦笑、ほとんどの時はそのまま寝付いてくれるのですが、5回に一回はそのまま目が冴えてしまう娘は、朝の5時ぐらいから元気に走り回っているという感じ、、、

夫も私も、正にトホホの毎日で、日常生活をまともにこなすのが精一杯だった訳です。

早く終わって欲しいTeethingです。。。

そんな感じでヘトヘトな私たちですが、11月から年末まではいろいろイベントがあり忙しくなります。

明晩はBay area treasure award

昨年は、Appleのジョニーが、その前年はGeorge Lucas氏。過去にはRichard Serra氏など、毎年、欠かさず出席しているこのイベントでは、各アートの分野で素晴らしい功績を残してきた人たちの話を直接聞く事のできるものです。

そこに、どこでもここぞとばかりと人に話しかけていく夫と行くので、毎回これらの素晴らしいArtistsと直接Personalにお話をする事もでき、とても素晴らしい思い出に。。。。

今年は写真家のAnnie Leibovitzさん

2015 SFMOMA Contemporary Vision Award Honoring Annie Leibovitz

2015 SFMOMA Contemporary Vision Award Honoring Annie Leibovitz


.
実は数年前にも彼女のレクシャー+パーティーのイベントで直接お話しする機会がありました。(過去記事の「世界を広げる英語」もよかったらどうぞ♪)

その当時は渡米してからまだ数年で、アメリカに来てから、英語の勉強を30代の前半で始めた私としては、まだまだ英語が心地よく使える時ではありませんでした。それでも、あの時の英語で彼女の話を聞く事ができた事、そして彼女との会話を持てた事は未だに大きく心に大切なステップとして残っています。

夫は、今晩レッドアイでフィラデルフィアに飛び、明日のイベントに間に合うように帰ってきて、会場で待ち合わせの予定です。万が一夫が帰ってこれなかったら、一人で出席。。。? それはちょっと寂しいので、ここはフライトなどに問題がないように祈るのみ!

マウイ島 – ★五つのレストラン

マウイ島での休暇も残るところ2日。2週間長かったようで、こうして終わりが近づいてくるとあっという間に感じます。

今日は知り合いなどからも教えてもらい、ガイドでも5Starsのmama’s seafood restaurantに行ってきました。こちらのレストラン、食べる事に関しては経験値の高い夫と私ですが、色々な意味で本当に★★★★★なことに納得。

ポリネジアンスタイルなのですが、お店のインテリアが隅々までとってもクオリティーが高く、長年100%のcareでお手入れされてきている事が目に見えてわかります。小さなレストランではないのですが(かなり大きなレストランなのですが)、隙がないというか、SFや大きな都市のミシェランスター並みの店構え、サービス、お味だったと思います。

そして、今回行ってみて知ったのですが、隣接したInnも経営されているようで、ウェブサイトを見るとこちらも素敵。次回マウイに来た時にはぜひぜひ泊まってみたい場所です。

今回私たちはランチに行ったのですが、11時開店時に入って既に10組ほどの人がレセプションに。1時間半ほどして私たちが帰る時には、オオバコのお店は90%は席が埋まっていました。

もし行かれる事があったら必ず予約をして、、、窓際の席が取れたら最高だと思います。ちなみに我が家はOpentableで予約を入れましたが、開店の11時の予約だったせいか(あと時間通りにお店に着いたので)、窓際の素敵なテーブル。そしてグルテン・フリーにもきちんと対処してくれて安心してカクテルから全てのお料理もいただけました。

ちなみにこちらでいただけるマイ・タイは1944年のオリジナルのレシピのものだそうです。

mama'sの近くにあるビーチで1時間ほど遊んでからランチに

mama’sの近くにあるビーチで1時間ほど遊んでからランチに


.
昨晩の夕焼けは今回滞在中の中で一番ドラマティックでした

昨晩の夕焼けは今回滞在中の中で一番ドラマティックでした

Maui 家族休暇

家族3人、Mauiで水入らずのバケーショ中です♪

20ヶ月の娘と一緒なので、無理はせず、ただひたすらリラックスのみ!本当は素晴らしいハワイの大自然も体験したいところですが、キャリアーでハイクに行くのはちょっと汗っかきの夫と娘には辛すぎるし、かといって、全然自分で歩きたがらないお年頃の彼女と足元の危ない海岸線に抱っこしながら行くのも危ないし、体力的にきつそう><、、、なので、今回はひたすらビーチとプールでのんびりすることに決定。

今朝、ざっとスコールは降った後、部屋の目の前には2じゅうの虹が、、、

今朝、ざっとスコールは降った後、部屋の目の前には2じゅうの虹が、、、

.
娘はSFからハワイに来る飛行機の中で、先週受けた予防接種の副作用で高熱が出るという、、、、なんともありえないタイミングで、最初の1日半は私にとってかなりしんどいバケーションスタートとなりましたが、その後は時差ぼけも大してなく、娘は24時間私と夫と3人でいれることを満喫しているようです。

普段これだけ一緒にいることがないせいか、ここ1週間でドイツ語、日本語の言葉の数がかなり増えました。今日は初めて日本語で「お母さん」と呼んでもらい、私は感無量〜!

Mauiの前半はAndaz Mauiに。こちらはプールもたくさんあり、目の前のビーチも最高で、まずは私たちが美味しくのんびりできるようにと滞在してところです。そして後半はやはり同じぐらいの年齢の子供を持つ友人からオススメしていただいたNapili Beachというところに滞在しています。

こちらがとってもファミリーフレンドリー。そして目の前のビーチはAndazのビーチよりも断然オススメです。ちょっと深い湾になっているからでしょうか?透明度も高いし、スノーケリングをするのも楽しいし、終日ビーチを楽しむならこちらがオススメ。(プールとカクテルだけ楽しみたいならAndazがオススメですが、、)

Napili Beachは小さくても白い砂浜&透明度100%の満足度100%のビーチ

Napili Beachは小さくても白い砂浜&透明度100%の満足度100%のビーチ

バケーションも後1週間。週初めには亀が遊びに来るというビーチに早朝出発して行ってみる予定です。

Flat shoes

昔は95%のシチュエーションで高いヒールのある靴だけを履いていたのですが、最近はToddlerの後を追いかける、抱っこして歩くの連続で「安定感重視」(苦笑

なのでFlatの靴が多いです

まあ元々、この坂ばかりの街で(特に我が家のあたり)は、ヒール履いているだけで、変な人でも見つけたような目で見られたこともあるし、サンフランシスコはナチュラル志向+”疲れない”ライフスタイル人の方が多いので、NYCやLAに見られる芸的なヒールを履いている人はほとんどいません

そんな街にいてもハイヒールはやっぱり好き

娘が成長してちょっと安心してヒールを日常で履ける生活に戻れる日が来るのが待ち遠しいです

こちらはルブタンのもの、重宝している一足です

こちらはルブタンのもの、重宝している一足です

模様替えの楽しみ

今年の3月に発注したシェルフがようやく今日届きました。
発注してから約6ヶ月です(笑

届いた山のようなパッケージを夫がunpackするのに約5時間。週末に友人に手伝いに来てもらい組み立てる予定です。

新しい収納にものを入れていく楽しみ。
これって女性のというか、日本人特有の楽しみなのでしょうか?

とにかく、バケーションの前に届いてよかった!

バケーションから帰ってきたら年末までに主寝室のクローゼットのもっと使いやすくするプロジェクトを始める予定です。

マウイ島でのバケーションまで後2週間。夫も私もかなりハードなスケジュール+仕事が続いたこの半年。もう明日にでもバケーションに行きたい気分ですが、後ちょっとの辛抱。

NYC – 29時間の旅

週末NY旅行から帰ってきました。

まずは夫に感謝。娘と2人きりの週末、とても楽しかったようです。が、最後の最後でトラブル。お昼寝させようとした今日の午後寝付けなかった娘が、Cribのなかから「papa、papa」と呼んでいるので見に行ってみると、オムツを取ってしまってベッドの中はう◯ちととおしっこで大惨事(><)だったそうで、、、、きれいにした後、娘をストローラーに入れて1時間20分お昼寝させるために散歩に出たそうで、、、ご苦労様でした。

NYCでお昼を一緒にするはずだった、夫のビジネスパートナーの奥さん。娘さんがNYCの大学に行くのでその準備で行っていたのですが、結局いろいろやる事があり過ぎて私とはデートできず。

そのお陰で、MOMAWhitney museum、2つの美術館をのんびり一人で見る事ができたので大満足。ランチはwhitney museumの中に入っているUntitledで。こちら見た感じが良さそうだったので入ってみたのですが、偶然にも私たちが大好きなレストランの一つ Gramercy Tavernのシェフのお店だと発見。

一人だったので、カウンターで待つ事もなく気軽にランチができました。

Whitney museumの後はWest Villageで幾つか好きなお店を回り、歩いてSOHOのホテルまで。

今回泊まったのは夫のアシスタントが見つけてくれたThe James Hotel New York‎。何よりもちょうどSOHOの端っこにあるので、買い物をするなら足回りはとても良いホテルだと思います。サービスもよかったし、部屋も角部屋だったので窓からの景色も開放感があってよかったです。個人的に細かいところで気になったところはありましたが、Rooftopにプールがあったりと、若い人が短期で滞在するにはちょうど良い綺麗でお手頃なホテルではないかな?

夜は高校の同級生に会いに、WilliamsburgにあるWythe hotelのレストランに。食事の後にはRoof top barに場所を移し5時間ほどぶっ通しでおしゃべりを。こちらが今とても流行りのところで、Barに入るには一階で30mぐらいの列ができていました(笑 SFにはこういったHipなところはないので楽しかった♪

今回は一人だったので車を使わず、歩きとメトロでほとんど移動。最近忙しくって、一人でゆっくり街中を歩く事などなかったので、それも嬉しかった。時間は後いう間に過ぎて、、、しまいましたが、本当に充実した一人旅でした。

展示が終わる前に見に来る事ができて本当によかったです♪ オノヨーコさん、82歳。改めて感化さて帰ってきました。

展示が終わる前に見に来る事ができて本当によかったです♪ オノヨーコさん、82歳。改めて感化さて帰ってきました。


.
ホテルの部屋よりの眺め

ホテルの部屋よりの眺め


.
Whitney museumの外回りのデザインは開放感、Visitorsがその空間を楽しめる素敵なものででした

Whitney museumの外回りのデザインは開放感、Visitorsがその空間を楽しめる素敵なものででした


.
Whitney museumよりstandard hotelとHighlineを望む

Whitney museumよりstandard hotelとHighlineを望む


.
SOHOを早朝一人で歩いている時に発見。とても美味しそうなお寿司屋さん?次回ぜひ行ってみたい。

SOHOを早朝一人で歩いている時に発見。とても美味しそうなお寿司屋さん?次回ぜひ行ってみたい。

出産後初めて、、、

来週末に一泊でNYCに行くことにしました♪

金曜の夜にRed Eyeで飛び、土曜一泊して日曜の夕方に帰ってくる予定です。

9月の初めまでやっているYoko OnoさんのExhibitionをMOMAに観に行くのが目的です。

展示が始まってからずっと家族でNYC行きを計画しようと思っていたのですが、Nannyさん探し、私の仕事などもあり、なかなか予定が組めませんでした。当初は夫が仕事があるときに便乗していくことにしようとしていたのですが、そうなると夫が仕事の日は私が終日娘と一緒になることに。勿論、それは全然楽しいのですが、そうなると私は行っている間ほぼ仕事ができない状態。プラス、前後の日は行く準備、娘の時差ぼけで、4日間行くのでも私が仕事できなくなるのは1週間ぐらい。どう考えてもナニーさん探しと並行している今は無理だな〜と。

そこでふと浮かんだのが、私一人で行けば??と。

夫には約1日半私な無しで頑張ってもらいます♪ 

一人旅はいつ以来だろう???

NYCでは、美術館巡りと、高校の同級生とのディナー。夫のビジネスパートナーの奥さんがたまたまNYCに行っている週末みたいなので、24時間ばっちり楽しめそうです。