やっと出会えた!

ご無沙汰しています。

なんと、前回の久しぶりの記事より、3週間以上が過ぎてしまいました。

この一ヶ月もまたバタバタしていて、書くことは本になるほどたくさんありますが、、、とりあえず掻い摘んで。

その内、順を追って書いていきたいと思いますが、大学病院で乳がんの再発を診断され、先生の勧めに従って、抗がん剤、手術、放射線治療、そしてホルモン療法のフルコースがど〜〜んと目の前にメニューとして提示されたのが3月、4月でした。

腰まであったストレートの髪も、抗がん剤に備えてばっさりショートに。そして、切った髪はWigForKidsというNPOに寄付しました。

が、4月半ば、2人の友人がほぼ同じ時間帯にメッサージを送ってきました。「このドキュメンタリー見たほうがいいと思うよ」と。彼らは私が癌と診断されたことを知っていたからです。そしてそのドキュメンラリーが私の癌治療に対する考え方すべてを変えてしまい、自然療法で自分の癌を治そうと、180度私の治療方針を変えてしまったわけです。

正式な診断よりほぼ4ヶ月になります。
ダイエットを変え、生活習慣を変え、サプリメントなどを学び、自分自身のスピルチュアルな面と感情の面のメンテナンスを始めた以外は、一切西洋医学の治療はしていません。

サンフランシスコの友人は、幸いな事にそんな私を応援してくれる人が多いものの、やはり、「その治療法が効かなかったらどうなるの?」と、心配を隠せない友人もかなりいます。そしてドイツや日本の家族も、私の方針をサポートしてくれるものの、やはり心配は隠せない様子。でも、私の中で、抗がん剤、ホルモン療法、手術などの治療法に今YESという気持ちは0%です。仕方ないですね。私の中で、「これは自分の体と心の問題で、ある程度の自然療法のプロの力を借りれれば、治る」と確信してしまっているからです。

それでも、インドのヨギみたいに心も体も達観しているわけではなく、逆に言えば、今までの生き方が癌を生み出してしまった未熟者なので、一人で孤独にミラクルを起こして治せるとは思っていません。

だから、私の自然治療(代替療法?とも言うのでしょうか?)をサポートしてくれるドクターをずっと探していました。

探すプロセスもすごい時間がかかり、また会ってがっかりしたドクターもいたし、逆に私にFearを持たせるドクターもいたりで、まさに山あり谷ありで大変でしたが、今日やっと「この先生だ」と、夫も私も100%信頼できる先生に会えました。とてもワクワクしています🎶 4ヶ月目にして、初めて溜めていた息がすっと吐けた感じ。

また、詳細は流れを追って書いていきたいと思います。

今日の運動は、家のご近所の急な丘のある辺りを45分ほど散策

ロシアンヒル側よりアルカトラズを一望

ロシアンヒル側よりアルカトラズを一望

忍耐

私のオフィスを借りた時にプレゼントしてくれた蘭の花。その後、ずっと花がつかなかったのですが、今年ちょっと水のやり方を変えたのが良かったのか、見事な花を咲かせてくれました。

2年半、葉っぱを育って続けているんだな〜と思っていたので、茎は出てきた時は本当にうれしかったです。

L1000492

私は観葉植物というか、庭を持ったことがないので、室内で育てられるもののみですが、緑や花が部屋にあるのが大好きです。ちょっとづつ、毎日見ていてわからないような成長というか変化を発見するのが好き。

数年、10年、何にもなくても忍の字で、育て続ける方です。

他の一面から言えば諦めが悪いという言い方もありますが、この一面からすると忍耐強いというか、気長に待つことのできる性格。

花の命

我が家のちょっとした贅沢は常にお花を絶やさない事です。私が調達する時も有れば夫が調達する時も。お互い少し好きな花の好み等が違ったり、夫の花の生け方のスタイルもちょっと違うので、お互いのミックスでマンネリしない感じないです。

turip

L1020303

皆様はお花はどの時点で「さよなら」しますか?私たちが大好きな農家のおじさんもいっていましたが、「花は開ききったからって終わりな訳じゃないよ」というコメントに私も同感。

写真のフレンチ・チューリップ。綺麗な薄めのコーラルピンクの色でしたが、こうして開ききって、色褪せていく過程の色の変化、テクスチャーの変化も私は好きです。まあ、花の種類にもよりますね。開いたあとの命が短い花も有り、潔く散ってしまう花も有るし。。。

ところで、夫が出張で家を空ける時はやはり花を買いにいってくれるし、記念日、誕生日等にはお花を必ず買ってきてくれます。ドイツに帰ると、今では亡くなってしまったおばあちゃまを訪ねる時には必ずお花を持っていっていたし、いまでも彼はお母さんにお花を飛行場と家の間で買っていくのを忘れません。

男性の皆様、女性はたとえタンポポ一輪でもお花を送ってくれる男性の気持ちが好きなのです♪

これは私の結婚経験+周りのカップル等を見て感じた事なのですが、マザコンという訳ではなく、母親やおばあちゃまに優しく礼節を持って接する男性って自分のパートナーにもそうなのではないかと思います。

もし「男性には(私に対して)こんな風に有ってほしい」という願望が有ったら、彼の母親やおばあちゃまとの関係を観察してみるのも役に立つかも。

ダリアの季節

命の短いダリアですが、このVividな色が好きで、マーケットで見つけると買ってしまう。

このダリアがマーケットから消えると、美味しかったheirloom tomatoも、かぶりつきたくなるStone Fruitsもマーケットから消え、柿やカボチャ種など秋の味覚が主流となります。そしてあと2、3週もすると、いくつかのレギュラー農家の人も来年の春までマーケットを休憩するところもちらほら。私達が大好きなジョセフも来週を最後に来年の3月か4月までお休みだそう。

ダリア
.
ダリア

昨日の夕焼け

ここの所かなり暖かい天気の続いているサンフランシスコ

昨日は夕方霧が入ってきたものの、とっても綺麗な夕焼けになりました

これで湾上に霧が入ってなくゴールデンゲートもみれたら完璧な景色だったんだけど♪

sunset1
.

sunset2
.
写真はクリックすると大きく見れます