エクササイズ

毎日、必ず取り入れなくてはいけないのがなんらかのエクササイズです。時にはスキップしてしまう事もあるのですが、これから2ヶ月は気を引き締めてちょっとでもいいから毎日やっていこうと思うので、特に記事を書く事ができなくっても、日記代わりに書き留めていこうと思っています。

ちなみにエクササイズは、体に酸素をいっぱい取り入れられるもの、リンパの流れを良く出来るもの(私の場合特に肩のあたり)、自分がやっていて楽しいもの、を中心にその日に出来るものを選択中🎶

7月8日
Russian HillからAquatique parkを回り、45分ほど散策。この辺りは急な丘が多いので、結構いい運動になります。

7月9日
Bay Clubにて40分走ってくる

やっと出会えた!

ご無沙汰しています。

なんと、前回の久しぶりの記事より、3週間以上が過ぎてしまいました。

この一ヶ月もまたバタバタしていて、書くことは本になるほどたくさんありますが、、、とりあえず掻い摘んで。

その内、順を追って書いていきたいと思いますが、大学病院で乳がんの再発を診断され、先生の勧めに従って、抗がん剤、手術、放射線治療、そしてホルモン療法のフルコースがど〜〜んと目の前にメニューとして提示されたのが3月、4月でした。

腰まであったストレートの髪も、抗がん剤に備えてばっさりショートに。そして、切った髪はWigForKidsというNPOに寄付しました。

が、4月半ば、2人の友人がほぼ同じ時間帯にメッサージを送ってきました。「このドキュメンタリー見たほうがいいと思うよ」と。彼らは私が癌と診断されたことを知っていたからです。そしてそのドキュメンラリーが私の癌治療に対する考え方すべてを変えてしまい、自然療法で自分の癌を治そうと、180度私の治療方針を変えてしまったわけです。

正式な診断よりほぼ4ヶ月になります。
ダイエットを変え、生活習慣を変え、サプリメントなどを学び、自分自身のスピルチュアルな面と感情の面のメンテナンスを始めた以外は、一切西洋医学の治療はしていません。

サンフランシスコの友人は、幸いな事にそんな私を応援してくれる人が多いものの、やはり、「その治療法が効かなかったらどうなるの?」と、心配を隠せない友人もかなりいます。そしてドイツや日本の家族も、私の方針をサポートしてくれるものの、やはり心配は隠せない様子。でも、私の中で、抗がん剤、ホルモン療法、手術などの治療法に今YESという気持ちは0%です。仕方ないですね。私の中で、「これは自分の体と心の問題で、ある程度の自然療法のプロの力を借りれれば、治る」と確信してしまっているからです。

それでも、インドのヨギみたいに心も体も達観しているわけではなく、逆に言えば、今までの生き方が癌を生み出してしまった未熟者なので、一人で孤独にミラクルを起こして治せるとは思っていません。

だから、私の自然治療(代替療法?とも言うのでしょうか?)をサポートしてくれるドクターをずっと探していました。

探すプロセスもすごい時間がかかり、また会ってがっかりしたドクターもいたし、逆に私にFearを持たせるドクターもいたりで、まさに山あり谷ありで大変でしたが、今日やっと「この先生だ」と、夫も私も100%信頼できる先生に会えました。とてもワクワクしています🎶 4ヶ月目にして、初めて溜めていた息がすっと吐けた感じ。

また、詳細は流れを追って書いていきたいと思います。

今日の運動は、家のご近所の急な丘のある辺りを45分ほど散策

ロシアンヒル側よりアルカトラズを一望

ロシアンヒル側よりアルカトラズを一望

ここ半年のこと – 乳がんの再発

昨年11月以来ブログの更新ができなかった約半年。

今回、ブログに戻ってきたのは、ようやく自分の時間にちょっとだけ余裕ができたということもありますが、もう一つの理由は、本当に多くの人とシェアしたいというテーマが本当にたくさんあるからです。これはもう一つのミッションだと思い、少しでも時間を見つけたら、ちょっとづつでも更新していこうと思っています。

昨年11月に「角膜ヘルペス」が再発し、改めて自分の自己免疫の力がとことん底辺まで落ちていることは実感していました。でも、それには授乳もしていたし、とか色々思うところもあったのです。

そして、今年に入り、1月に一番初めにやらねばと思ったことが「乳がんの検査に行かなくては!」でした。

私は2012年にDCISという非浸潤性乳管がんの摘出手術を左胸にしました。DCISですからもちろん転移型ではなかったので、ほかに転移もしていなくって、術後は再発を防ぐためにホルモン材を取ることを勧められていました。

が、当時まだ子供のいなかった私たち。ホルモン剤を始めてしまうと妊娠は5年ほど諦めなくてはいけなくなってしまうので、ドクターとも相談した上で、まずは子供を授かってから薬を始めても良いということで、ドクターとも合意。

本当は6ヶ月ごとにマモグラムを受けるのを進められていましたが、その後、8ヶ月後に妊娠、出産後1年10ヶ月は授乳をしたいたのを言い訳に、約3年半乳がんのチェックアップには戻らなかった私です。

実は、2014年の冬ぐらい(今から1年半前)から、左胸にシコリががあり、さらになんとなく不快な痛みというか疼くような感じが続いていました。「病院に行かなくちゃ」という思いと同時に、「行ったら授乳はきっとストップすることになる」と思い、行きたくなかった私です。

そして、ようやく重い腰を上げ、UCSFに検査の予約と、ドクターとのアポを取ろうと思ったところ、アポが取れたのは約2ヶ月後の3月中旬。この辺の細かいことは後々機会があったときに書きたいと思いますが、ここが大学病院のシステムでどうしようもないところではないでしょうか?

とにかく、、、あれやこれやと色々トライして、予約を2週間ほど早く繰り上げることができましたが、そこからは、本当にあっという間でした。

3月9日
約3年半ぶりに担当のドクターとアポ
当日Fine Needle Biopsyをして、リンパに転移していることを確認。

3月11日
PET/CTスキャン

3月16日
担当のドクターとアポ
診断内容を聞く
幸いなことに左脇のリンパ以外に癌は見つからず
が、ドクター曰く、癌はほぼ左胸の全体に広がっているとのこと
サイズ的には8cmx9cm 

胸は大きい方ではないので、約80%の胸にシコリがある感じでしょうか?

これは、また後で別途記事にしたいうと思いますが、Clinical trialをするかどうかを決めるためにテストをした結果では、リスクは低いタイプの癌だそうです。私のドクター曰く、ステージというものはここ、と言えないそうなのですが、一般的なものさしで計ると(?)、ステージ2か3だそうです。大きさ的にはステージ3ですね。。。

と、まあ、こんな感じで、検査や諸々、3月から4月半ばまでの1ヶ月は、本当にCrazyな感じであっという間に時間が過ぎてしまいました。

ブログを再開したのは、私の乳癌の経験をシェアしていきたいということもあります。ご自身が乳癌その他の癌と戦っている方や、ご家族で癌を患っている方がいる方、私の経験をシェアすることが、少しでも何かが役に立てればいいと思います

他にも私の住んでいるサンフランシスコのことなども、また折々書いていこうと思うので、これからもよろしくお願いしますね!

何分、今一番足りなく欲しいのが「時間」です。
なので、コメントへのお返事は遅くなるかもしれませんが、ご了承ください。

ようやく卒業

来週はもうThanksgiving!!
信じられません。。。

娘の奥歯もようやく生えきったようで、ここ3日ほど以前のように朝まで眠ってくれるようになりました。

私はといえば、やっぱり1日2、3回とはいえ授乳がきつかったのか、、、10年ぶりぐらいで「角膜ヘルペス」再発。

1ヶ月前ぐらいからなんだか目がゴロゴロするな〜と思っていたのですが、2週間前には痛さで寝る事もできないほどに、、さすがに何かまずいと思い眼科の先生に予約を入れました。

ちょっと話が長くなるので、掻い摘んでお話しすると、3人も先生を渡り歩きましたが、誰も角膜ヘルペスだと診断できず、、、寝る事もできないぐらい痛いと言って、さらに眼圧が27まで上がっているのに、この3人の先生は薬さえも出してくれませんでした。

ようやく1週間前に緑内障でかかりつけになっていた先生に会いに行ったところ、「あなた大変よ!角膜が腫れてるわよ!」と言って、即座に診断してくれ、薬を出してくれて救われたわけです。。。

最後の方では、視界が濁ってきてしまい、見えなくなってきてしまったので、実は内心、とっても心配で不安だった私。ちゃんと診断してくれる先生にがいて良かった!

まだ、視界と視力は戻っていないので、運転できないのが不便>< どこに行くのもuberの毎日です。

そして、とっても残念な事に、当然、薬を飲まなくてはいけなく、強制的に授乳を止めなくてはなりませんでした(涙 

できるなら、娘が「もういらない」と自然に止めてくれるまで続けたかったので、それだけが残念です。

今まで、本当に泣かれた事はほぼ無きに等しかったのですが、授乳をやめた最初の朝は、狂ったように泣いていた娘。本当に申し訳なかった。。。

とは言うものの、最初の2〜3日はかなり大変な事が続きましたが、1週間経った今は、時々「おっぱい?」と聞いてきますが、ダメだと伝えると、泣く事もなくだだもこねません。もしかしたら、すでに卒業の時は来ていたのかもしれません。

継続中

年初めに、「今年は生活をちょっと見直そう」と思いいくつかリストアップした私ですが、「寝る前の1時間、最低でも30分前はコンピューターや携帯の画面を見ない」が結構難しいのです。

現在、週2〜3日ナニーの人に来てもらっていますが、そろそろ私の仕事も忙しくなり始め、さらに、ただ横になっていた頃の娘と違い、日中の2時間ほどのお昼寝タイムを除き、彼女が起きている間は彼女とずっと一緒なので、コンピューターを開ける暇はなく、メールの処理等する余裕が無し。なので、どうしても、ディナーの後にコンピューターに向かわないと、追いつかないのです。

以前は心底疲れて、コンピューターとジ〜ッと何時間も向き合った後で、そのまま崩れるようにベッドに入っていたのですが、今はどんなに遅くなっても、どんなに疲れていても、最低30分は就寝前にお風呂に入るようにしています。

実はアメリカに来て、ずっとシャワーの生活になってしまっていたのですが、やっぱり半身浴を就寝前にすると寝付きが全然違うと実感

特に私はすごく冷え性で、お風呂に入らないと自分の体が氷のように冷たいとベッドの中で実感できるんですよね。。。だから、ちょっと暖かくなるまで寝れない。その間に頭がさえざえしてきてしまう事もあるし、寝付きが悪かったのもすべて悪循環を自分で作っていたのですよね。

我が家のバスルームは、リモデルをする時に夫がお風呂好きの日本人の私の為にかなり深いタブをデザインしてくれたのですが、殆ど使う事がなかった、ここ2〜3年。だから、ここ最近私が毎日のように使っているのを見て嬉しそうです。

そして、深いタブを作っておいて、娘とのお風呂タイムも楽しい!

現在13ヶ月。かなり背は高い方だと思う。。。

現在13ヶ月。かなり背は高い方だと思います。。。


.

この他で重要な目標の一つが体系を戻すなのですが、やはり今エクササイズをする時間が非常に少ないので、やっぱりかなりスローな状態です(汗

とりあえずは年初めに「禁酒を2週間」

体重の減りは1.5kg位だったのですが、お酒を飲まないと体の感覚が軽い感じでした。

禁酒をしたのなんて何年ぶり?と考えてみたのですが、多分10年以上前もしくは覚えていないほど昔です。意外に「お酒を飲みたい!」とその期間思わなかった自分に驚きで、これはちょっと行けるかも?と、その後も、ちょっと飲む量を減らしています。(ちなみに我が家は白ワインが95%なので、毎日のように飲むとやはりカロリーが高いので体重が減らないのは当たり前ですね)

そして、この1年、「体系が戻るまでは洋服は買わないぞ!」と思っていたのですが、それがいつになるか分からないので、まずは馬に人参ではありませんが、楽しくショッピングをしてモチベーションをあげる事にしました(苦笑 2ヶ月以内にはぴったりすっきりときるのが目標です。

今月には良いピラテスの先生を探して絶対始める予定です。

と、こんなに一生懸命なのですが、明日はスイス人カップルの友人宅に呼ばれてフォンデュを食べる事になっています。フォンデュと白ワイン。また3歩進んで2歩戻る、と言った感じの週末です>< 頑張ります

生命力の強い食材たち

フェリービルディングのマーケットで我が家が必ず立ち寄るのがジョセフのお店。こちらのお花も彼のお店から。その前の週は芍薬を売っていてとっても香りが良かったのでまた買おうと思ったけど、先週はもう無かったです。

先週買ったお花はまだまだパリッとしています。

先週買ったお花はまだまだパリッとしています。


.
彼のお店ではニラやシソ等の香草系もたくさんうっているので嬉しいです。

いつも彼は帽子にも花が飾っておしゃれしています。彼のお店で出ている花はまた一際は香りがよく、そして命も長いです。

「僕の土地の水は水道の水なんかより全然綺麗だからね。僕の野菜を水道で洗ったらよけい汚すようなものだから、できたら水道水で洗わないですね♪」と当たり前のように言います。

実際、彼のところで買う野菜や香草の命はとっても長くって、冷蔵庫に入れておいて痛みが目立ち始めるのに2、3週間はかかります。生命力が強いんだな〜と毎回思います

冷蔵庫に入れて2、3日で痛み始めて解け始めるスーパー等で買った野菜と、3週間経ってもぱりっと香りも良い野菜。健康な野菜を牧草を食べて育った牛の肉と、肥料で育った牛でも違いが有るように、健康な生命力の強い野菜たちが、長い目で考えれば、食べるものが作っている私たちの体に当然大きな影響を与えると思っています。

White Crane Springs Ranch

今年は彼のRanchに遊びに行けたらな〜と考え中
.

A big step for gluten free labeling in USA

シリアック病である私。
グルテンを食べなくなってかれこれ2年半以上が経過しています。

ちなみにシリアック病とは、グルテンを体内に取り込むとグルテンを体に悪いものと勘違いして小腸の中でグルテンを攻撃してしまう「自己免疫疾患の病気」。つまりグルテンを食べる事で、自分の体を攻撃してしまうのです。今のところ、治療法は無いのですが、グルテン摂取を止める事で健康体を維持できます。

始めの半年はまずダイエットにチャレンジする事で大変な事もありましたが、今では「グルテン・フリー ダイエット」としてはかなりプロ? 日常のダイエットにすっかり慣れほとんど不自由さは感じません。

もともと、ケーキなどの甘いものも食べないし、パンも嫌いじゃなかったけど、ドイツ人のようにパンが無かったら悲しいというほどでもなかったのが幸いしたのかもしれません。それを考えると、この病気が夫に起こらなくて良かった!と心の底から思います。

が、Gluten Freeのダイエットで一番悲しいのは、外食の場合。特に日本食を始めアジア系の料理の外食が一番ハードルが高いことです。そして日本&アジアの食品系を買う場合もグルテンを避けようとすると買えるものがすごく少ないという現実です。

昨年日本に2年ぶりに帰国した時も、本当に痛感しました。

まずアレルギーに対する飲食店での対応がほとんどないので、オーダーできるのはサラダにドレッシング無し、とかお刺身に持参のグルテンフリーのお醤油を使って食べるとか、、、そう選んでいるうちは良いのですが、泊まっていたホテルで「Gluten Freeのパンもご用意しています」と言われて食べたら30分後にはものすごく具合が悪くなってしまったり、、、あんなに具合が悪くなったのはこの2年であれ以外に無かった。ちなみに、InternationalでもTop classのホテルだっただけに残念でなりません。そしてまだまだ店頭で買う食品(缶その他も含め)、日本のFood labelingの中では小麦しか表示義務が課せられていないので、アメリカの様にグルテンを表示をする会社が少ない日本では、グルテン全体が摂取できない私には危険が多過ぎて買う事ができない、、、小麦(wheat)フリーはグルテンフリーとは限られていないので、初心者の方は気をつけて下さいね

今思い出してもあの10日間は本当にぼろぼろの体調だったので、実は日本に帰る事が私にとってfancyでは無くなってしまった訳です。勿論実家に帰って自分で何でも料理すれば問題ないと思いますが、やはり日本に帰ったら美味しいもの食べにいきたい!と思うじゃないですか?(笑

話は、アメリカでのGluten Free環境について。

私が住んでいるサンフランシスコ、ベイエリアではほぼGluten Freeのダイエットをする事に何も不便さを感じません。fast foodや小さなcafe レストランでは無理かもしれませんが、一応サーバーさんのいるレストランであれば、アレルギーに関しては大概のレストランで対応してくれます。

そして、Real Foodsなどのお店では、商品の棚にNon GMOと並び、Gluten Freeも表示されているので、Gluten Freeの商品を探すのも楽。

それに加え、2年前に比べて、商品に「Gluten Free」のプリントが入っている確率が多くなり、購入する際に確認するのがすごく楽になりました。Gluten Freeの表示がまだ今ほどポピュラーでなかった2年前は、その会社のウェブサイトにいって、FAQを読んだり、サポートにメールして確認してから買っていました。

この事を考えても、シリアック病の人だけでなく、健康ダイエットの為にGluten Freeをしている人口がこの1、2年でものすごく増えているのだと思います。つまり、それだけGluten Freeを表示する事で売り上げに直結する訳。テレビの食品の広告でもGluten Freeを耳にする事も珍しくない今日この頃です。

そして、更に、特に私のようにシリアック病で少しの量のグルテンも食べれない人間とっては大きなニュースがありました。

詳しくはsan francisco chronicleの記事(「FDA standard for gluten-free label spells relief for some」by Kristen V. Brown )で読んで頂きたいのですが、「Gluten Free」の表示のガイドラインがが2014年よりFDAによって義務づけられる事に。

Gluten freeと表示するには、その商品に『20 parts per million of gluten』以下のものだけとなります。

2004年からFDAによって、調査とガイドラインの設定が始まってから10年目の事です。でも、私達にとっては大きな一歩。

が、嬉しい反面、個人的には少し不安も。グルテンフリーの商品を作っている会社の中には100% Commitmentしていて、グルテンが製造過程にも、成分にも一切入っていないものを作る事に徹底している会社も多いのです。でも、新しいFDAの規定にのると、20 parts per million of gluten以下であれば、例えグルテンが入っていてもグルテンフリーと表示できてしまう訳です。この辺り、工場の中でのcross contaminationの事など考えると、とってもセンシティブに反応が出る私としては不安でもあります。

まあ、とにかく、今の所グルテン・フリーの定義自体が曖昧で、グルテンは成分に入っていなくても、工場内でのcross contaminationや、品質管理の為に使われているグルテンが入っていたりしてに、グルテンフリーとして売られている商品も信用できない私としては、この一歩が次の大きな一歩に繋がる為に必要なんだと思いたいです。

日本で、私は俗にいうアトピーせいの皮膚疾患でした。原因ははっきりしないけど、ぐじゅぐじゅとタダレ、皮が鱗のようにぽろぽろむける事を繰り返し、時にはとっても痛い水泡が沢山できたり、、、色々な皮膚科にかかっても診断は似たり寄ったりで、高い水を薬の代わりに買い飲んでいた事もあるし、漢方にも頼ったし、神頼みにも近い思いでお医者様を渡り歩いていた事もあります。でも結局は最後にステロイドの強い薬を塗る事しか状況を乗り切る事はできなくって、、、10代、20代、女性として綺麗でいたい時には絶望的な思いで過ごした事も沢山ありました。

でも、私の「アトピーだと思っていた皮膚疾患」も実はシリアック病の症状でした。グルテンを食べる事を止めて瞬く間に肌はすっかり綺麗になってしまいました。

シリアック病はアジア圏では発祥が少ない、という文献を多く見ますが、それは医療機関がシリアック病の症状自体をこうしたアレルギー反応の可能性として検査をしていないからだと思います。現に、あれだけ酷かった私の皮膚疾患に「シリアック病」を可能性としてとり上げた先生は一人といませんでした。

シリアック病の症状は皮膚疾患だけではなく様々。早く日本の医療機関哉お医者様の間でも、これらの症状の可能性としてシリアック病を考え、積極的に検査をできるところが増えたら良いな、と思います。

そして、もう一つ大切な事。それは日本でも早くこうしたグルテンを始めとする食品アレルギーの表示義務とガイドラインを設置してもらいたい事です。特に、薬局で買える薬やサプリメントなどは食品より更に早く対応して欲しいです。なぜなら健康を改善する為の薬やサプリメントが日々体にダメージを与える可能性もあるからです。

こうしたシリアスな食品アレルギーに対して、日本でも早く、個人レベル、そして社会レベルで意識が根付くと良いなと心から願っています。