子育て&時間のやりくり

ニューヨークに新しいクライアントさんが一つできたので、夫ここのところ東海岸にビジネストリップが多いです。

今週、そして再来週と、2泊づつなのですが、娘がかなり歩くのが早くなってきたので、2ヶ月前に私一人4〜5日留守番するのが楽だったのとはちょっと訳が違います。体力使います!

まず2ヶ月前は、朝起きて授乳した後、Cribに入れてシャワーとか浴びる余裕があったのですが、今は朝からパワー全開だし(今日は朝5時半に起きだったし)、歩くのがかなり早くって1、2分でも目が離せません。今日も彼女が最初のお昼寝に行くまでシャワー浴びれませんでした。

あと、自己主張もかなりでてきて、やりたい事ができないと怒ってるし(笑

それにしても、前よりももっと自分の時間がないので、以前にも増して、30分、1時間の時間の貴重さを身にしみています。

我が家なんて、夫も料理ができるし(してくれるし)、食料の買い出しもGoodeggs.comと夫が仕事帰りにしてくれる事、彼も私もビジネスオーナーなので、仕事の時間にかなり融通を利かせる事などが有り、かなりなんとかなっていますが、旦那さんがお料理できないご家庭や、9時5時でお休みなんかもとりづらいお仕事をしている人なんて本当に大変だろうな〜と思います。

例えば、今も夫は朝9時半まではできるだけいるようにしてくれるます。朝6時に起きる娘に私が授乳した後は、朝ご飯を食べさせて出かけるまでの間面倒を見てくれるので、私は朝授乳後の体力回復する時間もあるし、30分から1時間位仕事をしようと思えばできるし、夜は私が授乳して寝かしつける間に、残りの夕飯の準備をしてくれたりと、お互い時間を巧く使ってチームワーク。

なので、大変大変と言ってもかなり楽をしている方だと思います。

人と比べても仕方ないのですが、私の友人で、5歳と2歳の子供がいるシングルマザーがいるのですが、彼女は2人目が生まれた時に旦那さんが浮気していると発覚。そして離婚する流れになりいまは、子育ては彼女一人で。そして一人目の子供は3歳の時に1型糖尿病だと診断されました。

お母さんである彼女は、診断されてからずっと3時間ごとに子供の血糖値をチェックしています。つまり、3時間以上眠った事が無いし、これからもずっと子供自身が自分で血糖値が取れるようになるまで、そうした生活がずっと続きます。

そして彼女自身も私と同じようにシリアックを持っている事、子供も卵アレルギー等があるので、食事はほぼすべて手作り。

彼女のパワフルかつ、ポジティブなエナジーにいつも脱帽し心の底より尊敬する私です。彼女の毎日のコミットメントに比べたら、私の「疲れた」なんて微々たるものだと本当に思う。

こうして自分で経験してみて、乳児を日中一人で見てお買い物、掃除、お料理、火事、全部やっているお母さんは本当に大変だと分かりました。お父さんや周りの人がそのこのところ分かってくれないときつい!

だから、そんなお母さんがあっぷあっぷしていたら、30分でもいいから、お母さんが一人になれる時間を作ってあげるのを手伝ってあげてほしいです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中