時差ぼけ

ドイツから帰ってきて4日目になります

私も夫も、体調がよほど悪かったりしない限り「時差ぼけ」というものをほとんどしません。

何年か前は夫が仕事で旅行をする事がとても多かったので、1、2泊の旅行を除いてはよく一緒に10日から3週間ほどのビジネストリップに同行していました。その時は3週間で飛行機に数回乗る事も、4カ国5カ国回るという事もしばしば。さすがの私もその時は、旅行の後半で眠くなったりしないのですが、座っているだけで体が回っているような感覚になりました(苦笑 

今回のドイツ旅行は生後4ヶ月の娘が一緒。ドイツについてから最初の2日ぐらいは夜中の変な時間に元気に目を覚ましたりしていましたが中頃からドイツ時間になれてくれました。カリフォルニアに帰ってきてからは、4日目でようやく時差ぼけがなおったようです。帰ってきた日は夜中の3時から3時間、超お目覚め状態になってしまったので、夫も私もそのせいでげっそり。やはり週末前に帰国を計画して正解でした。月曜日に帰ってきたりしたら、1週間ずっと寝る時間がめちゃくちゃになって仕事をしなくてはならず、かなりきつかったかも><

ちなみに夫は、仕事上、国内外頻繁に旅行をします。時差ぼけもトレーニング次第だと本人言いますが、彼が特技は飛行機に乗ったら離陸前でも寝れる事。あとは彼のテクニックは飛行機に乗ったらすぐ、向かう場所の現地時間に自分をあわせる事、だそうです。例えば、日中のお昼にカリフォルニアから出発するとして、飛行機に乗った時点で向かう先の現地時間が朝の4時だったら、「今は寝ているべきの時間」として飛行機に乗るとすぐ腕時計を現地時間にあわせて寝にはいります。

その他私がいつもするのは、夜着いたらきちんと遅すぎずにベッドにはいり、現地で一番最初の朝ご飯をきちんと時間通りに食べる。午前中もしくはお昼前後に到着したら、どんなに眠かったり疲れていても夕飯を時間通りにいただき、10時半もしくは11までは起きていてベッドにはいるようにしています。

海外旅行、どうやってより快適に時差を乗り切るかはきっと人それぞれですね。もし皆さんも何か良いテクニックがあったらぜひ教えてください。

ドイツからカリフォルニアの機中にて

ドイツからカリフォルニアの機中にて

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中