朝ラテのお供に

甘党ではない私ですが、たまにやはり甘いものが食べたくなる事も。

グルテンが食べれなくなる以前は、朝、カフェに行ってカプチーノ/ラテのお供に甘系のデニッシュなどを食べる事も多かったです。クロワッサンにチョコが入っているものとか、家の角のカフェで売っているブルーベリーのVegan ドーナッツとか、結構お気に入りでした。

フェリービルディングの中など、サンフランシスコではグルテンフリーのスイーツを置いている所も少なくはありませんが、グルテンフリーのものって過剰に甘いものも少なくないのと、カフェなどではグルテンフリーの商品が普通のクロワッサンなどのすぐ横に並んでいたりすると、cross contaminationも心配で買えない事も多いので、つい買わなくなっってしまいます。。。

私はお菓子焼きとか興味が無いというか、苦手というか、あまり手を出したい分野ではないのですが、そんなグルテンフリー・デザート事情から、1年に2、3回自分でスイーツ作りをするようになりました。

と、偉そうに書いていますが、レシピを見て簡単そうなものだけトライしています(笑

今回はこちらのミニ・ドーナッツ

朝のラテと一緒にちょっと甘いものが食べたい衝動に駆られ、、、私がいつもお勧めしているGluten FreeのFlour、Cup4Cupのウェブサイトで見つけたレシピです。

ミニ ドーナッツ

ミニ ドーナッツ


.
ちなみに、Cup4Cupはナパにある三ツ星レストラン、 French Laundryのオーナーシェフ、Thomas Kellerと、彼のシェフであるLena Kwakによって開発されたもの。

今まで使ったグルテンフリーの小麦粉代用品としては一番使いやすいです。ホワイトーソースを始め、お菓子作りや、トンカツその他の衣としても使えるし、、、我が家のキッチンではいつも常備しています。

最近ではCup4Cupのピザ生地専用のものと、パンケーキとワッフル専用のVersionも発売されています。パンケーキ用のは、ちょっと甘すぎる感があって我が家では却下したのですが、パンケーキのフンワリ感を再現したければ、このCup4Cupのパンケーキミックスに勝るものはありません。パンケーキ、味も大切だけど、やっぱりテクスチャーがあってこそなので、、、それを考えるとお薦めかな、、やはり。

ちなみに、Cup4Cupはオンラインもしくは、Williams sonomaで購入できます〜

実はチョコレートを始め甘い物が決して嫌いではない夫。甘党ではない私と付合いだしてから、甘いものを食べなくなり、実は肌の調子も良くなり、虫歯も少なくなり(笑)、体重管理も楽になり、、、で、得していると思うのですが、今回のドーナッツも「うん、味悪くないよ!」と、テーブルの上においてあるドーナッツを嬉しそうにちょこちょこと食べています。

Cup4Cupのウェブサイトは、ドーナツ以外にも、Cup4Cupを使った様々なレシピがあるので、グルテンフリーのダイエットで証作り、その他のレシピを探している人にはお勧めです。

広告

朝ラテのお供に」への2件のフィードバック

  1. グルテンで悩まされているようですが、遺伝子組み換えの弊害ではないですか。
    そんな気がします。

    • ak様、
      私の場合はシリアック病という自己免疫疾患なのですが、アメリカでのリサーチでグルテン不耐性の人に原種に近い(遺伝子組み換えをするずっと前の)種で作った小麦粉で作ったものを食べてもらった場合、reactionが改善されたというものもあります。
      アメリカの小麦産業は、生産第一で、小麦などは最も遺伝子組み換えの行われた食物の一つ。その過程において、遺伝子組み換えをされた食品を毎日のように食べ続けた事によって様々な健康障害が出てきているのは最もなのかもしれませんね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中