険悪ムード

先週末は、我が家にしては珍しく、一悶着
と言っても、ある事で私が切れてしまった、のですが、
ある意味切れて良かった、と思いたい、笑

ちなみに夫に「切れる」という文字・行動は存在しないと思う
というか、そう育っているのか、
彼自身がそうトレーニングしてそうなったのか、
感情をあらわにしてじたばたしたり、切れたりという事はない人です

あ、、一回だけ切れる寸前、みたいなのを見たのは、
3、4年前にバスルームの改装をした時
その時のコントラクターが彼が居ない時にとってもアホな決断を下し、
もう少して、後2週間で工事が終わる〜と言う時になって
全てがご破算になる位のミスをした時でした
完璧主義の彼のプロジェクトにあれだけのアホな間違いをされたら、
彼が帰ってくる事を考えると私の方が脂汗と言う感じでしたけど、、、

、、、彼の家族を見てもそう、同じように感情に流されてという事が無い人たちなので、
きっとそういうメンタリティーの中で育ったのだと思う
ある意味、究極の紳士というか(紳士とは違うかな?)、
個をあらわにして相手にぶつけるという事は彼の本には載っていないのだと思います

見習いたいと思うけど、
私は今でこそ感情のコントロールができるようになったけど、
20代の後半までメチャクチャだったので、
彼のようになるには、後20年は最低必要

それはさておき、
険悪ムードになったら、、、皆さんどうしますか?
険悪を通り越して、喧嘩になってしまう時だってありますよね

喧嘩するのも仲の良い証拠、ではありませんが、
お互いが喧嘩後の処置方法を知っていれば、
雨降って地固まるではあることもあり
喧嘩が元になって相手の新しい所が見えてきたり、
絆が強くなる事だって多々あり

私の中での最低のルールは自分で思い出したくもないような、
後悔する言葉は絶対に何があっても口にしない、です
(20代までははこれができなかったので、後悔ばっかりの自己嫌悪人間でした)

まあ、うちの場合は喧嘩になること自体が無いので、
何か上手くいかない事があると、
私が勝手にぎくしゃくして、彼はじっと耐えている感じです

でも、その険悪ムードは自分で崩した方が、後々気分が戻りやすい
というのも、ここ10年で発見した事、というか学んだ事?
自分で大人になったな〜と(笑)

自分で壊してしまったムード
昔はご機嫌取ってもらって、相手から折れて欲しかったり、
自分からは決まりが悪くって、普通に戻れなかった事もあるけど、
最近はとっとと自分で険悪ムードを終わりにするきっかけつくります

まあ、男の人で、こういう時の対処が上手い人も中にはいますが、
結局は女って、自分の気持ちや不満などをある程度出してしまうと
その時点ですっきりしている、と言う事もありません?

そこで、険悪ムードをまた続けていくと言うのも正直言って疲れるこの頃(笑
機嫌の悪いふりするのも、
相手の出方をみるのも疲れると言うか、、、

なので、相手が、どうして私が切れてしまったのか?という
もともとの所さえ理解してくれれば
一分後でも仲直りと言うか、けろりとする事にしています

男の人って、基本的に、
自分を失ったり、怒っていたり、泣いている女性
それも自分が好きな女性だったら尚更
どうしていいか分からなくて内心おろおろしていると思う

おろおろしている内はいいけど、
そうした事がず〜っと何回も繰り返されると、
やっぱり他で息抜きしたくなると言うのも仕方ないと思うんですよね

だから、男性を振り回しすぎてはいけないのだ、
ここ10年位で漸く分かってきました

根底にはお互いの相性あってのものですが、
喧嘩にしろ、険悪ムードにしろ、
カップルの一方が上手く中和する術さえ持っていれば、
時には必要なのかもしれません

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中