遠慮と謙遜 ~ 2

今回、母が遊びに来てくれて、色々考えました

考えてみれば、10年間のアメリカ生活で色々変わったのだと思います

アメリカかぶれしたし、
私なりの生き方もここで見つけたし、
正直言って大好きな日本から疎遠になっていると言っても仕方ないです

海外暮らしをしている人にも色々スタイルがあると思う

海外に何十年住んで居ても日本の日常の習慣や食生活が変わらない方も居るし、
住んでいる土地に色々な意味でアダプトする方も居るし、
何年に一回しか帰国しない方もいたり、
毎年最低一回は必ず帰らないと!という方も居る

アメリカに来てから、というよりサンフランシスコに来てから
こうあるべきとか、そういう観念が一番無くなったかもしれません

サンフランシスコには沢山の人種が混在しているので
「こうあるべき」というマジョリティーといえる物が無いからかもしれない
ある意味サンフランシスコが好きという人は、
そのミックス感とdiversityが好きなのじゃないかと思う

それぞれの人種という特徴があり、
そしてそのそれぞれの人種の人がサンフランシスコにアダプトする為に変わり、
皆が皆とは言えないけれど、
この街に居る人は、日本人だけどサンフランシスカンみたいな感じがある
人種やお国柄からちょっとステップ・アウトしたニュートラル感という感じです

私の夫はドイツ人ですが、彼はドイツにフィットできなかったタイプだと思う
(彼自分でもそういうし、、、)
だから、将来ドイツに帰りたい?と聞いても、
ヨーロッパには戻りたいかも、とはいいますが、ドイツに戻る願望は無いとはっきり言います

このサンフランシスコは、
そういった意味で、個人、個々という物がすごく自然に確立されている街じゃないかな?
夫や私のように、ちょっと日本人であったり、ドイツ人である事よりも
「自分」という所にフォーカスしやすい事ががこの街に根付かせた理由かも

遠慮と謙遜

この感覚側が私の中で大きく変わったのは、
やっぱりアメリカ&サンフランシスコで生活が長くなった事、
夫を始めとする多くのヨーロッパ人に囲まれて、
またアメリカとはちょっと違う文化に触れたからかもしれません

そして、英語の生活になって、
、、、これは前にも書いたけど言語を学ぶという事はその文化を学ぶ事だと思うのですが、
英語の生活になって、習慣や物の考え方、物事へ対処の仕方も変わりました
だから、英語でのconversationやrelationshipのあり方の中から、
色々な事が変わったのも確かです

今でも良く覚えているのですが、
アメリカに来た初めの年、
語学学校で仲良くなった友人(彼女は今では親友)の家に遊びに行った時の事
彼女の旦那様はアメリカ人で、皆で色々会話をしているときの事

私のつたない英語で、
更に語彙もかなり限られていて、
その当時は日本語脳だったので、
何を言うのも頭の中で日本語の言い回しで考えてから一生懸命英語にしていたんです

例えば、、
まずは自分の事を謙遜しながら相手を褒める、、、みたいな感じかな、、、
そして、例えば、、
すごく遠慮しなくちゃと言う気持ちは伝えたいんだけど、
断ったら悪いな、、、
という、ちょっと混沌とした感じ、です(分かってもらえます?)

アメリカ人の旦那さんに、
いや〜君が何を言いたいのか分からないよ〜、、、と不思議そうな感じに

勿論、欧米社会の中にも遠慮とか謙遜というのは絶対存在します

でも私の感じた所だと、その表現の仕方がかなり違うかもしれません

例えば、、、
日本だと「たいした物ではありませんが、、、」とお土産とかを渡しますが、、
英語でこんな感じで言う人はいないと思う。。。

「I thought this is boring to you, but I just wanted to give you…」

粗茶ですが、、、というのと同じかな?
こうした言い回しって日本の文化の中では、
お互いがその文化、謙遜、遠慮という気持ちのあり方を知っているから成り立つけど、
英語の文化でそれをそのままやったら、やっぱりちょっとおかしくなってしまいます

英語の文化と日本語の文化のメンタリティーの違いと捉えると分かりやすいかも

だから、日本の遠慮や謙遜が悪いと言っている訳ではなくって、
他の言語の文化に入ったら、ちょっとその辺を考えてみると、
アダプトしやすくなるし、誤解等のケースも減ると思います

旅行で海外を訪れる時にはこうした所をそこまで考える必要は無いかもしれないけど、
やっぱり長期移住となったらこうした所を学ぶも必要になってくるのではないかな?

母が遊びに来た時、説明しなきゃいけなかったのはこういう所で、
それは母に変えて、って言った訳じゃなくって、
私がそういうメンタリティーに変わってしまったのを知っていたので、
その私の行動反応対して母に違和感を与えたくなかったんです

例えば、少なくとも私の周りでは、
頼み事を家族や友人にしたら、シンプルにyes/noの返事で、
駄目な時は駄目って言ってくれるから、
「相手が無理しているんじゃないか?相手に迷惑かけているんじゃないか?」
というような、ちょっと遠慮がちな考え方ができなくなっちゃって、、
そして、遠慮の気持ちを表現する事もすごく減ったと思う

だから、私がしてあげる事にも同じで、、、
母は私にすごく気を使ってくれて
「忙しいんじゃないの?無理して私に付合わないでいいのよ」と言ってくれたのですが、
でも、そうして遠慮をずっとされるとなんだか水臭いな、寂しいなと思っちゃって

これはもうアメリカのというか、
こちらの生活に慣れて、合理的な考え方に私がアダプトしてしまった為に、
私の中にそうした遠慮を「お気遣いありがとうございます」と反応できなくなってしまった
という事かもしれません、、、、(><)
(あ、、、ちょっと書いていて寂しいです)

だから、母には、そんな私の変化をちょっと説明しました
説明する必要は無かったのかもしれないけど、
私の中では大切な変化、、、知ってもらいたかった事なのかもしれない

日本に帰って色々なネットワークに参加すると、
遠慮と謙遜の受け止め方ですごく戸惑ってしまったり、
どうやって言葉を返していいのか分からなくなってしまったり、、、

せめて家族の中では、こういう所と惑わずにすんだら良いな、と思って

ちなみに色々英語の単語で、遠慮や謙遜について考えてみたけど、
特に日本の「遠慮」という感覚にピシッとハマる単語って思い当たらなかったです
(日常使う単語の中で、、、)
もしどなたか、こんな表現の仕方があるよ〜と言うのがあったら是非シェアして下さい

ちなみに、私が思う謙遜や遠慮に近い言葉だと、、、
humble
reserved
hesitate

なんだかまとまりの無い感じになってしまいました
後でちょっと書き直すかも

広告

遠慮と謙遜 ~ 2」への4件のフィードバック

  1. うちの両親は特別、遠慮も謙遜もしない人たちだよ。Yes、Noとはっきり断ることはしないかもしれないけどね。それと、家族には遠慮も謙遜もしなくていいよ。いいたいことをいえばいい。このブログ、なんとなく遠慮してるようなきがするんだけど・・・・気のせいかな(笑)。

    • MKさんへ
      距離感ってきっと家族の間でも違うのではないかな?と思います。MKさんと両親、私と両親と、決して同じとは言えないリレーションシップがあると思いますよ。そして感じ方もそれぞれだと思う。私にとっては遠慮だな、と思う事、MKさんに取っては遠慮に感じないかもしれません。そして私のブログが遠慮しているとおもうのもMKさんの感じ方だと思うな。(笑)れてしまったので、ちょっと寂しいです。でもそれを寂しいなと感じるもの私の感じ方なので、、

  2. これ、すごくわかりますよー。 結構アメリカに暮らしていると、というかわたしの周りだけかもしれないんですけど、個人個人、勝手にやりたいことやって、言いたいこと言うから、特にこっちも気にせずにいられる感じですかね。。。うまくいえないんですけど、カラオケとか飲み会を例にすると、如実ですかね。(爆)「勝手にやってます」的なところが非常にらくちんっていうか。。。アメリカの場合、すっごい、、、なんていうんだろう、、、「俺はこうしたい」「俺はこうだ」って我侭を言い合いつつも、そのうちだんだん妥協点を見出してゆくわけで、うまく言えないんだけど、私は日本にいた頃は、飲み会に参加したいのか参加したくないのかさっぱりわかんない女子には別に「はい参加しないのね」ってさらっと流していたら別の友人から「その辺、ちゃんと言葉にしなくても気をつかってあげて、もう一回声かけあげればいいのに」的なことをしょっちゅう言われていたんですよ。(←うるさいな。今考えるとなんてうるさいんだろう。) そういう目に見えない部分まで察してあげないといけない文化に辟易としていたので、こうしたかったら、こうする、、、口にしない場合は、別にしたくないということだっていうアメリカ生活はらくちんだったりします。 かといって、アメリカ人たちにも言葉にせずとも気を使ってあげるすごくさりげない優しい一面もあったりして、この辺のことって中々言葉にするのが難しいですよね。。。でもおっしゃること、すごくわかりますよー!!

    • しまりす姉貴様
      カラオケの状況、分かるな〜。なんか皆に足並み併せて、、と言う事がないですよね、、で仰る通り、妥協点というか、そうする事で不快になる人がいないと言うか、、、うん、難しいのは、日本でそうしたちょっとした遠慮とか謙遜とかしないと何処かで不快になる人がいたりしませんか?その辺すごく気になっちゃって日本に帰ると落ち着かないんです、私。
      そしてね、私上手く書けなかったんですけど、しまりすさんがしっかり書いてくれました「アメリカ人たちにも言葉にせずとも気を使ってあげるすごくさりげない優しい一面」遠慮したり、謙遜’する事がなくってもきちんと相手をたてていると言うか、気を使っているバランスみたいなのがありますよね〜
      表にでない所の気の使い方、にこうしなくっちゃという社会的な形式がないと言うか、、人それぞれの思いやりで成り立っている所があるから、それが上手くできなくっても伝わればいい、みたいな感じ?ああ、また何が言いたいのか分からなくなってきました(笑

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中