満点をとった赤ワインとは?

先週末にご招待頂いたナパのお家
とっても気さくなDさんに2人そろってディナーにもご招待して頂きました

ad hocというレストラン
食べる事が好きな方は知っている人が多いと思いますが、
トーマス・ケラー氏が彼の有名店bouchonを改装し閉める間、
臨時レストランとして期間限定として開けたもの

メニューは1日1セット
行ったらそのメニューのみがサーブされます

そのコンセプトがすごく好評で、臨時の期間を過ぎても営業中
本店のFRENCH LAUNDRYではちょっと敷居が高すぎるとか、、
姉妹店のBOUCHONよりもっとカジュアルで気軽だ、という所が理由かもしれません
(お味はトーマス・ケラー氏のお店だから保証済み)

先週末のメニューは、

  • 前菜の盛り合わせ
  • troutもしくはvealのメイン
  • チーズの一皿
  • そしてデザート

ちなみに私のグルテンフリーのリクエストにも、
‘we take it serious’と言って気軽に対応してくれました
こうしたレストランでは本当に安心して頂けるの私もリラックス

Dさんもおっしゃっていましたが、そのシンプルさが良いです
テーブルについたらお肉料理か魚か?を聞かれるだけ (あとアレルギーについても)
次にワインを決めて、テーブルについてから忙しくない、、、
私も夫も、時にレストランに行くのがめんどくさいと思うのは、
このオーダーしたり、サーバーとのやり取りだったりする事があるので
Dさんがこのsimplicityが好き、というのがすごく分かります

ちなみにDさんはここから歩いて2分位のFrench Landry(トーマス・ケラー氏の本店レストラン)から、「貴方の為に置いてあるワインがあるのに、、、そっち(ad hoc)ばかりに行ってこっちにはいつ来るの?」と、ちょっと皮肉ったメッセージをサーバーから伝えられていました(笑

この晩、Dさんは自宅のワインを持ち込んで私達にご馳走して下さいました
そう、Dさんのワイナリーで作っていてParkerのレーティングで100点満点を取ったというワイン
その評論家との話では
「同じく満点を取ったscreeming eagleよりも上を行くかもしれない」というもの、、、

まさにwowのワイン、bond 「st eden」

私達が頂いたのは2004年物ですが、素晴らしかったの一言
柔らかい口当たりに、口の辺りに残る余韻に癖が無く、
そしてその余韻が恐ろしいほど長い

ちなみにワイン造りを担当しているのは、
ワイン好きなら知っているビル・ハーレン氏です
このワイナリーを僕に任せてくれ、、、と言って何年もかけてDさんに交渉したとか、、

これが満点を取った年のものだとどんなに違うのか?
私には猫に小判かもしれないけど、是非飲んでみたい、、、、です

夫はドイツで育ち、ワインで育った上に、更にワイン大好きなので、
きっとその味の違いも私の何倍も楽しんでいたに違いません

が、ちょっとお年のDさんは僕はゆっくり飲むから、、、と
そして夫は帰り運転しなくてはいけなかったので、やっぱり少量
なので、この晩、st edenの半分以上を飲んでのは私でした、、、、ラッキーです

ワインのインフォメーションはこちらで

BOND ESTATES
http://www.bondestates.com/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中