10年経ってやっと、、、

前ブログから読んで下さっている方はご存知かもしれませんが、
アメリカに来て半年で、いきなりバイト先でクビになってしまった私

外国の地で、自分の生きていく糧を他人の一言にゆだねるのが嫌で、
最初の自己投資約$500で始めたEmail Marketing Siteから始まった自営業、約10年が過ぎました

その頃は、当然英語も1年生だったので、
サイトのお客様から英語について、「そんな英語でビジネスをするなんてあり得ない」とメールをもらったり、
ビジネスを始めてから、英語はまさに学校で、というよりも、
自分で立ち上げたこのビジネスを通して学んだと言っても過言ではありません

夫と出会ってからは、幸いな事に、私が頼めば、どんなに忙しくても、彼は英語の添削をしてくれます
世界中の大手企業のCEOと対等にやり取りする彼ですが、
その彼も18年前にアメリカに来て、今の会社で働き始め、パートナーとなり、
ビジネス英語は仕事を通して、そして彼のビジネスパートナー(アメリカ人)を通して学んだと言っています
ミーティングでも企画書を書くのでも、練習ではなくって本番で経験して磨いていくのが一番だと言っています

話は最近の私の現状になりますが、友人達が私の仕事を宣伝してくれているお陰で、
新規のお客様の問い合わせが多く、企画書を書く事、ミーティングに行ったりと忙しくしています
勿論、人生でビジネスを本格的に学校で習った事はありません
学校は美大の付属を出て大学は美大を中退
アメリカでは語学学校とカレッジに1セメスター行っただけです
つまり学歴と言えば、何も書いて自慢できるものはありません
いわゆる日本で言う所の高卒です
だから、企画書も自分流、ミーティングに行っても、私の幼稚な英語で勝負する事しかありません

決して、MBAを取得しているような方達のようには行きませんが、
Honest Business
そして、自分のベストを尽くして、自分がプロとして誇っているものを最大限に生かして相手に提供すれば、
きちんと結果に繋がると信じています
(勿論、100戦100勝とはいきませんが、、、間違いや失敗からも学べますしね)

話はちょっと飛んでしまうのですが、私はサンフランシスコに引っ越してきて数年、車の免許を持っていませんでした
この街はバスなどでや自転車でかなり足りてしまう小さな街なので、免許がなかった時も不便、という記憶はありません

2年ほど前に、ようやく免許を取り、、最初の1年はやっぱりできれば運転したくありませんでした、、
免許と取った21の時は運転するのが大好きだったのに、
東京で運転するよりも、なんだか不安なのは、、やっぱりもう年なのかな?(苦笑 と感じたりもしていましたが、
2年目に入って、チョコチョコ乗れるようになって、逆に車に慣れてしまうと行動範囲も広がりました

そんな矢先、2週間ほど前に友達が紹介してくれた新規のお客様から、
『是非、話を死したいのでミーティングできますか?私のオフィスで』と連絡を頂きました

場所はサン・ラファエル
サンフランシスコから車で30分位北上した所にある街です
一人でサンフランシスコ郊外の全く未知の場所に行った事がなかったので、かなり不安だったのですが、
ビジネスの事となると、なんとかやらねばと思えてしまうから不思議

今回初めて一人で知らない場所に運転してみて発見した事
「カーナビってすごい!!」
もう、本当に音声ガイドのタイミングもいいし、画面もすごく分かりやすいし、
フリーウェイから降りる所間違ってしまったのですが、その修正の仕方もすごく的確
正直言って、「ナビさえあれば何処でもいける」と確信してしまいました(←単純

そのサン・ラファエルのお客様との初ミーティングの朝
夫が、「Good luck to your meeting」と言ってくれたのですが、
「私はミーティングはそんなに不安じゃないけど、車で知らない所にいく方が不安だわ」と言ったら笑っていました

昨日、そのお客様と2回目のミーティングに行ってきました
始めのミーティングでは、私の専門はweb development と designです〜と話していたのですが、
私の見解というか、話すポイントを気に入って頂けたみたいで、
「コンサルティングもしてみない?その気があったらProposalを送ってね」と言われたので、先週送った所、
かなり気に入って頂けたみたいで、雇って頂ける事に、、、
彼女の会社のサイトの再構築とそのマーケティング&ビジネスアイデアについてコンサルティングする事になりました

勿論コンサルティングという肩書きを考えた事も持った事もありません
でも、ウェブ構築に関しては自分なりにかなり自信をもってプッシュする事ができると思っています

そういう所を、飾らずに素直に企画書を作ったりミーティングに望んだから、
決して自信を持てると言えない英語力でも勝負できたのかもしれません

そして、何よりも思うのは、このお客様が、私の英語力の高い低いではなく、
私が持っているelementsに対して興味を持ってコミュニケーションに望んでくれた事が大きかったと思います

コミュニケーションの上で、
一方が心を閉ざして、一方的に結果を導こうとしていたら、良い結果というものは出てこないと思っています
ビジネスに限りませんが、open mindで、表面的なテクニックではなく本質的な所で会話できる能力というのは
可能性を何倍にも広げるのではないかと思っています

まあ、色々書いてしまったのですが、
2001年に渡米した時には、今日日のように、
英語で手探り状態ながらも企画書を書き、
自分で運転して、
英語でプレゼンテーションをして、
ミーティングに望む事ができるとは思ってもいませんでした

読む方によっては、たかが車の運転、たかが友達の紹介のミーティングと、
そんな事で、大げさに書いているようにと思える事かもしれないけど、
私は自分の築き上げてきた歴史と、その成果と結果、
今、私がが作り上げているものが何処に行くのかと思いを馳せる事
その全てにワクワクできる事に幸せだな、と思います

大きさや、かっこよさではなくって、自分自身の中で育っていくもの、がある事へのささやか且つ不動の幸せ
人からどう見えるか考えていたら、きっと続かなかったと思います
その位、のめり込む何か、行動が自然に自分の中から押し出されてくれるような何か

そんな私の情熱というか、頑固さをひたすらに尊敬を持ってサポートしてくれている夫に感謝です
ありがとう

広告

10年経ってやっと、、、」への2件のフィードバック

  1. 正に私の為に書いてくださったかのような内容でした。
    もう辞めてしまいましたが、入った日本の会社で強く言われていたのが
    「お客様のニーズに答えた魅せる接客」などのマニュアルでした。
    今日本でもビジネスのhow to本が流行り、社員にもそういった勉強をさせているようです。
    私は、仕事をする際にクライアントさんの為に働くのではなくて、共に働きたいと思っています。
    素敵なお話有難う御座います。 私もFeel Much Betterさんといつか働けるようになりたい!と思いました。

    • 奈津美様
      暫く飽いてしまいましたが、その後如何お過ごしですか?
      私の個人論ですが、How Toの本が流行るという事は、個人個人のサバイバル能力が低下して来ている事がと思います。。。。
      自分の直感、そして正しいと思う事を信じて最善を尽くせるようなサービスをお互い目指しましょう!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中