高い医療費、でも良いもシステムもあります

先程書いた、先日受けた病院での検査費について、、、

我が家の保険が効いたあとでの負担額が約$1500
日本円に換算すると14〜16万円?
これだけでも高いですが、

保険に入ってい無い人が元の$7000近い検査費を聞いてどうしたでしょうか?
やっぱり払えないか、払えたところで高過ぎて検査を躊躇する人も居るでしょう

もし私が保険に入っていなくって、その金額を払う能力が無かったら、
検査もできずに、未だにシリアック病の症状と闘いながら、
日々、自分の人生が壊されて行く事と戦わなくては行けない訳です

勿論、こちらでは、民間のサポートシステムもあって、
探せば、治療費が格安、もしくは免除されて診察などを受けられるところを
探せば無い事もありません

ちなみに、私がアメリカで学生をしていた数年前時、
勿論、保険にも入っていなかったのですが、
病気もほとんどした事がなかったのでさほど困った事がありませんでした、、
が、ある時、不正出血をして、さらにpap smearの検査でも引っかかり、
途方に暮れそうになったのです

そこはさすがアメリカ、
避妊関連のサポート、乳ガンの検査など様々な検査治療を無料で行ってくれるところがありました、

難しい書類などは一切必要なく、来院した際に書く紙に、
保険がありません、と書くだけで、
検査から、子宮頸の悪かった部分を取り除く手術もただでした

Bay Areaの方へ参考までに、、

Golden Gate Community Health
www.ppgg.org

ちなみに、こうした施設は大概寄付を受け付けているので、
自分で経済的に余裕ができた時に寄付という形で返す事ができます
治療費が全額払えなくっても、ちょっと寄付をするだけでサポートする事はできます
私も治療が完了した時に、僅かではありますが寄付をしました

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中