エネルギー(energy)

妹が、

「たぶん、姉がアメリカに行く前も、相当な力をもてあましていたんだと思う」

とコメントしてくれた

力を持て余していたと言うのはちょっと微妙に違う

日本にいた時は有り余るエネルギーとかスタミナをものすごく不必要な事に使っていたのだと思う

毎日がとても疲れた

例えば、人に気を使うとか、

社会の中でのシガラミとか

個人の事よりもまずシステムの中でどうやってエネルギーを使わなくてはいけないとか

自分のエネルギーを自分自身に使う前にいっぱい浪費していた感がある

例えば、10代の後半から20代の終わりまで、

私は日本の社会との折り合いが悪く、

私の何がいけないのか?
どうして私は人と上手くやって行けないのか?
この先どうやって生きて行けば良いのか?

という様な事を考え、解決しようとする事に全てのエネルギーを使っていた様な感じがする

勿論、解決策は見つからず、日々自分の中にストレスは溜まるばかり

心身共に、と言うか神経的にかなり病んでいた

アメリカに来てからは、全てのエネルギーを私が必要とする事やりたい事に使えるので、

徒労感というものが無い

だから「持て余す事が無くなった」というよりも、

「エネルギーを納得いく形で消費できる環境を得た」という方が分かりやすいかな?

これは、アメリカに来てから自分勝手に生きている、という意味ではない

ここでの生活は、何かをやる時には自分の責任で、

その行動がどう社会とか周りの人に関わるか?という事は、結果としてついてくる

究極のことを言えば、周りの環境と繋がりを作る事無く一人で黙々と何かをやる事もできる

社会との関係性は個人の選択と責任であって、

最初から、何となく繋がりは持つべきと設定されているものではない

失敗したり、上手くいかない事が、社会的な挫折へとは繋がらない

ある意味、その中で幸せだったら、周りも「それでいいんじゃない?」という様な感じで受け入れてくれる

単位が個人だから、エネルギーの使い道も個人的というか、、

あ、でもアメリカはアメリカなりのグループ活動とか、

グループになって初めてパワーを発揮するシステムもある

う〜ん、妹が書いていた話とはちょっと話がずれてしまったけど、

何となく思った事を書いてみました

さらっと読み流して下さい

.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中