スキンシップ

ちょっと前に、日本のネット上のニュースで
「公衆の前でのキスは66%の人が不快に思う」と言うのを読んだ

気恥ずかしいとか、
恥じらいとか、
秘めた恋とか、

日本文化の中には美しく情緒的なリレーションシップのあり方がある
そんな文化が好き

でも私個人はというと、好きな人とはいつもbody languageというか、
キスとか、
抱きしめてくれるとか、
手をつなぐとか、
そうした愛情表現がないと不安になってしまう

人前では恥ずかしいからとか、みっともないからできないと言われると、そこから不安が始まってしまう

私にとってスキンシップというのは不可欠なものだという事を発見したのはアメリカに来てから
渡米前には制限されていたというか、ベタベタのスキンシップを持った事がなかったから、
経験して初めて、「私にはこれが必要だったんだ」と自覚した

まあ、私の個人的な好みの問題ですが
愛情表現って言うのは個人の受け取り方に最終的に左右されるべきであって
社会的に制限されない方が良いんじゃないかと思う

私が欧米社会で居心地よく感じるのは
もしくは私が夫と信頼関係と愛情のバランスを保っていられるのは
そうしたリレーションシップ上のスキンシップが心地よく満たされているからかもしれない

勿論、日本の中にもそうした男性はいるのだろうけど
10代終わりから日本を出るまでの20代最後までの10年、
いなかったな〜、そういうベタベタしてくれる人

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中