ナパにて日本の情熱体験

ナパ、ナパといいますが、
ナパと言えば、日本の方にはまずワインが思い浮かぶのでは?

俗にいうナパ・ワイン・カントリーは
サンフランシスコから北東へ車で1時間から1時間半ほど行ったあたり
ナパの街自体はそんなに大きくありません

きっとサンフランシスコへ観光で来られた方は
ツアーバスや、ツアーバン等でワイナリー巡りをする方も多いはず

ナパを世界に知られる場所に仕立てあげた功績者、Robert Mondaviや
かの有名なOpus One(オーパスワン)などは皆さんが必ず立ち寄りたいワイナリーかも知れません

Sonomaの辺りから、北はCalistogaまで、東西に数えきれない程の葡萄畑が広がっています
ここ20年で、ナパのワイナリーが達成した功績というものは素晴らしく、
勿論その製造の工程は違いますが、ヨーロッパのワインにも引けを取らないワインが沢山あります
(ヨーロッパでは夏期に水をあげる事は禁止されていますが、ここナパではじゃんじゃん水をあげてしまいます)

他にも数え嫌い無いほどの素晴らしいワイナリーがあるので、
行く機会のある方は、しっかり下調べして
有名ワイナリーだけでなく、他にも4〜5軒のワイナリーを廻ってテイスティングをし
ほろ酔いで(もしくはかなり酔っぱらいで)、サンフランシスコに帰るというのはどうでしょう?

そして、そんな素晴らしいワインが一所に集まるナパをちょっと北に行くと
以前書いた事のあるBOUCHONというレストランを始めとする
スターシェフのレストランが建ち並ぶのはYountville(ヤーントヴィル)という街があります
素晴らしいワインと素晴らしい食体験が同時に味わえる街

BOUCHONと同じグループである、トーマス・ケラー氏によるThe French Laundryがあるのもこの町

The French Laundry
http://www.frenchlaundry.com/

もし日本から観光でいらっしゃる予定があったら
是非、この辺りに1泊、2泊して、ワイナリーを廻り、
夜はそんなレストラン体験をしてはどうでしょう?

メニューは通常の海山の幸のもり合わされたコースかベジタリアンのメニューの2種類のみ

メニューに載っていない小さなお皿とデザート、最後に出てくるチョコレートなどを入れると
15〜17のコースになるので
しっかりお腹は準備して行くにこした事はありません

私は個人的には一階の奥まった辺りのテーブルが好きです
カップルでロマンティック・ディナーの時は静かな角の席をリクエストしてはどうでしょう?
家族や友達などで少し大きなテーブルになる場合は2階席もおすすめ

因にフレンチ・ランドリーに予約を入れるには
予約を入れたい日のきっちり2ヶ月前に予約専用の番号に電話するか、
確か、Opentable.comでも予約は受け付けているはず

何だか前置きが長くなってしまいましたが、
次回は、何故か日本味の濃かった先週末のナパ体験を書きます

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中